1. サイトTOP>
  2. 『ザクセスヘブン』発表会で判明した内容を掘り下げてチェック

『ザクセスヘブン』発表会で判明した内容を掘り下げてチェック

2015-03-17 16:41 投稿

5つの学園、総勢150名以上のキャラクターがすべて主役級

01

【関連記事】
※【速報】『ザクセスヘブン』って何? その正体はスマホゲーム初のアニメーションRPG
※超期待作『ザクセスヘブン』を開発者の発言からひも解く

上記関連記事で速報としてアップした『NEO TOKYO SCHOOL SUCCESS BATTLE ザクセスヘブン』。アニメやゲーム、グッズなどさまざまなメディアミックスを展開していくタイトルとしてバンダイナムコオンライン、セガネットワークスの2社が豪華クリエイターを交えて製作中のタイトルとなっており、以下が本作のポイントとなっている。

『ザクセスヘブン』のポイント

その1:バンダイナムコオンラインとセガネットワークスの共同開発
その2:企画・原作は古里尚丈氏
その3:豪華なキャラクターデザイン陣が描く150人以上のキャラクターとそれを演じる豪華声優陣
その4:5つの学園が舞台
その5:20本以上のプレミアムアニメーションをさまざまな媒体を通じて配信

本記事では、このポイントについて、発表会で判明したことを掘り下げて紹介していこう。

その1:バンダイナムコオンラインとセガネットワークスの共同開発

『ザクセスヘブン』は初のアニメ×ゲームをテーマに掲げたタイトルとなっている。しかし、バンダイナムコオンラインはスマートフォン向けゲームの実績がないため、自分たちの得意なアニメの部分に集中することを決意。そして、ゲーム部分を任せられる頼もしい仲間を探していたところ、スマートフォン向けタイトルを多数展開し、実績も数多く残しているセガネットワークスとパートナーシップを結ぶことに成功。これにより、アニメ×ゲームの最高の作品を生み出せるのではと期待しいてる。

02
▲画像左:株式会社バンダイナムコオンライン 取締役事業本部長 関口昌隆氏。画像右:株式会社セガネットワークス上席執行役員事業本部長 岩城農氏

その2:企画・原作は古里尚丈氏(以下、古里氏)

03
▲左:企画・原作プロデューサー 古里尚丈氏、中央:株式会社バンダイナムコオンライン プロデューサー 近藤貴浩氏、右:株式会社セガネットワークス プロデューサー萱沼由晴氏。

さまざまなアニメタイトルを担当してきた古里氏。今回はバンダイナムコオンラインで本作のプロデューサーを担当する近藤貴浩氏から依頼を受けたときには非常に驚いたとのこと。「150人以上のキャラクターを出して、それぞれにストーリーを確立させていきたい」。この要望に応えるべく、古里氏は古巣のサンライズで仕事をともにした仲間たちに声をかけたとのこと。その声に答えてくれた以下のクリエイターたちによって、各キャラクターたちの個性が色濃く出せているとのことだ。

キャラクターデザイン
久行宏和『舞-HiME(キャラクターデザイン)』
佐々木洋平『ファイ・ブレイン 〜神のパズル(キャラクターデザイン)』
松井章『コードギアス 反撃のルルーシュ(作画監督)』
秋山由樹子『BLACK CAT(キャラクターデザイン)』
平井久司『機動戦士ガンダムSEED(キャラクターデザイン)』

この個性的なキャラクターを生かすために、5つの学園という大きな5つのストーリーを形成。それぞれの学園には役割が分けられており、以下のようなストーリーが展開していく。

・緑の学園
剣を中心とした英雄たちの物語。『ザクセスヘブン』の主軸として物語が展開する予定。

・紅の学園
地下100階にまで落とされた紅の学園の主軸のキャラクターを中心に地上に這い上がるまでの物語をコミカルに展開予定。

・蒼の学園
秩序を乱す風紀委員と、それに対抗する自警団的立ち位置の応援団。ふたつの力がぶつかる学園で、蒼の学園の主軸のキャラクターの復讐劇が展開予定。

・白の学園
本作唯一の女子校設定。彼女たちが癒し+ときめきの物語を展開していく?

・黒の学園
世界の闇が集合したラスボス的立ち位置の学園。しかし、そこで過ごす生徒にはそれぞれの葛藤や苦難なども。敵を内面的に描いているとのこと。

04

上記5つのストーリーをひとつのタイトルで楽しめるようになっているとのことなので、今回判明した内容以外の続報も今後気になるところだ。

■豪華なキャラクターデザイン陣が描く150人以上のキャラクターとそれを演じる豪華声優陣

05

先に紹介した5つの学園で過ごすインファント(ザクソンの力を有した者たちの呼称)の生徒たちは総勢150名以上。彼ら全員が主役級として、物語を繰り広げていくとのことなので、どのキャラクターからも目が離せない作りとなっている。また、今回は各学園の主要人物を演じる豪華声優陣も発表された。それがこちら。

06
07

発表会では、この中から、前野さん、志田さん、阿部さん、古島さん、i☆Ris、國立さんがトークセッションに登場。キャラクターを演じる上で感じたこと、本作のキャラクターそれぞれのバックボーンの奥深さ。今後の展開がほかの学園との絡みなどなど、演じているうえでも期待大であることが伺えた。このあたりについては、発表会リポート記事を公開予定なので、そちらでチェックしてもらえたらと思う。

■20本以上のプレミアムアニメーションをさまざまな媒体を通じて配信

08

本作は、ゲーム内で物語を紐解いていきつつ、オリジナルのアニメーションとしても展開が予定されている。ゲームという限定された視野以外のほかの視点や、話されなかった事実などが明らかになっていく可能性も秘めている。もちろんこちらも豪華声優陣たちがキャラクターを熱演してくれること間違いなし。さまざまな媒体を通じて展開されていくということなので、ゲームとアニメ。双方から『ザクセスヘブン』を紐解いていこう。

2015年3月17日の発表会の情報からわかる範囲で情報を記載していったがいかがだっただろうか? ものすごく気になる、今後の展開が楽しみと言わざるを得ない作品として仕上がることは間違いないだろう。

ちなみに、2015年3月17日午後3時以降からは、本作の公式ティザーサイトがポータルサイトとなり、一部の情報の解禁、公式トレーラーの公開がなされている。こちらのチェックもお忘れなく。登壇者のコメントや、より細かい内容について後ほど公開予定。

■公式PV

※『ザクセスヘブン』公式ポータルサイトはこちら

【関連記事】
※【速報】『ザクセスヘブン』って何? その正体はスマホゲーム初のアニメーションRPG
※超期待作『ザクセスヘブン』を開発者の発言からひも解く

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧