1. サイトTOP>
  2. 『DQM スーパーライト』千葉Pにアプデのこととか聞いたら想像の斜め上すぎだった

『DQM スーパーライト』千葉Pにアプデのこととか聞いたら想像の斜め上すぎだった

2014-10-15 00:02 投稿

▲攻略まとめはこちら▲

プロデューサーレターでは明かされなかった新情報が続々!

スクウェア・エニックスより配信中のRPG『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』が、2014年10月中旬に大幅なアップデートを実施予定。

今回は、その詳しい内容について運営プロデューサーのSQEXの千葉直人氏と、SQEXのシナリオ&バトルディレクターの黒木秀和氏にいろいろとお話を伺った。10月9日に公開されたプロデューサーレターに記されていない情報もたくさん出てきたので、プレイヤーは必読!

※インタビューは2014年10月9日(木)に実施。
2014年10月15日(水)にアップデート実施。詳しい内容はこちらから。

 a

(写真左)
運営プロデューサー
千葉直人氏(※文中では千葉
本作の運営全般を担当。自身もコアにプレイしており、プレイヤーレベルは215とか。

(写真右)
シナリオ&バトルディレクター
黒木秀和氏(※文中では黒木
元『ドラゴンクエストⅩ』プランナーで、仲間モンスターシステム等を担当。本作では、各種クエスト、モンスターや特技などのバトルバランスを監修している。

サラッと書かれていた超ネタバレ!?

――いきなりですが、いつもと顔ぶれが違いますね。

千葉 今回は次期大型アップデートについてのお話をしますので、よりゲームの中身に詳しい黒木に語ってもらおうと思い召集しました。

黒木 ハードル上げますね(笑)。

千葉 『ドラゴンクエスト』愛なら右に出るものがいないですね。それで柴プロデューサーにいじられています(笑)。

黒木 私のことよりも、ゲームの内容にいきましょう!

――ではまずは、先日開催された幻魔降臨クエスト“クシャラミ”の復刻についてお聞かせください。今回の復刻の理由は何なのでしょうか?

千葉 前回開催時には「たくさん倒しても全然手に入らなかった」というような声も多かったので、今回は“討伐リスト”を加えた形でクシャラミを復刻しました。討伐リストの討伐数カウントは次回開催する際にも引き継がれるので、また続きからスタートできます。

――あ、もう次回開催が決まっているんですね?

千葉 今後も定期的に復刻していこうと思っています。

黒木 もちろん、一気に100体倒して目標を達成してもいいんですが、復刻のたびにコツコツやっていただいてもいい感じですね。

千葉 もともと降臨クエストは、高レベルな上級者向けに作っています。コンティニューもできませんし、じっくりとモンスターを育成してから挑んでほしいです。

――ムリする必要がないと聞いて安心しました。では、久しぶりに追加された通常クエストについてお聞かせください。

千葉 本当に長かったですね。前回追加したのが……。

黒木 3月ですから、約半年ぶりになります。

――遅くなったのは、何か理由があったのですか?

黒木 プロデューサーレターにも書いてあるのですが、新たな世界でのクエストの追加があったことが大きな要因ですね。15番目のエリア“いにしえの玉座”が最後のエリアというのはもともと決まっていました。

ですが、これを配信して間を空けてしまうと「物語が終わった感がする」と開発内で持ち上がり、「できれば新しい世界と同時にリリースしたいね」ということになり、お時間をいただいた感じになりますね。

――新たな世界ってそういう意味だったのですか! つまり、第1章のようなものが終わって、つぎの新章のようなものも同時に追加されるということなんですね?

黒木 はい、そうです。

千葉 ストーリーのネタバレになるので、プロデューサーレターでは詳しく書いてなかったんですけどね(笑)。新世界も今回同時に配信しますので、楽しみにしておいてほしいです。

――もしかして、エンディングみたいなものもあったりするんですか?

黒木 いったんのエンディングがあります。ただ、全部終わるのではなく、残った謎を解決するためにつぎの世界へ行くことになりますね。

c

――ちなみに、その新しい世界の難易度ってどんな感じなんでしょう?

黒木 いままでは、設定されている目標レベルに相応しいモンスターしか出現しませんでしたが、新しい世界では突然、手強いモンスターと遭遇する危険があります。格上のモンスターが徘徊しているイメージですね。

たとえばエリア16ではキングリザードがまれに出現するのですが、それが裏ボスのような強さになっています。

もちろん、歯が立たないと思えばスルーすればオーケーですし、倒せば経験値が多めに獲得できるなどのメリットも考えています。ですので、何も考えずに適当にエリアを進んでいると、いきなり強敵に遭遇して「えっ!?」となるかもしれません。

――それは恐ろしい(笑)。いままでみたいに、ひとつめピエロが忠告してくるわけじゃないと。

黒木 ひとつめピエロの“強敵”は、それとは別に新しい世界に出現します。“強敵”とは別の野蛮な魔物がいる、という感じですね。

――では、強敵のほうの強さはどうなるのですか?

黒木 ひとつめピエロのほうの強敵は、難度が劇的に上がる予定です。最初のころの強敵って「こんなの勝てるわけない!」みたいな印象があったと思いますが、いまではみんな相当強くなっていて、恐れるようなことってないじゃないですか。

ですので、多くのお客様に驚いていただけるような難度にする予定です。

――また絶望的な気分を味わうことになるのですね……。では、ステージの謎解きとか、ギミックで新しい要素はありますか?

黒木 かなり先の話になりますが、とくぎの属性やモンスターの耐性が重要になるエリアは作ろうと思っています。火山や氷の世界があって、それに合わせたパーティを組まないと、ちょっとしんどくなるようなものです。

逆に言えば、氷の世界なら「炎系とくぎパーティで超余裕」みたいな、メイン以外のモンスターも活躍するような遊びをやろうと考えています。

01
▲2回目の降臨でも★4は遠い夢で終わってしまった。しかし、次回以降も討伐リストが継続ということで安心!

ランキングバトルの報酬は……!?

――10月下旬以降に実装される闘技場リーグバトルのランキング機能は、どういった意図で導入されるんですか?

千葉 いまのリーグバトルは、勝ち続けていたとしても自分のパーティの強さがいまいちわかりにくかったと思います。ですので、リーグ7からはランキング要素を入れることで、直観的にわかりやすいようにした感じですね。

リーグバトル自体はいままで通り運用されていて、一定期間だけ区切ってランキング期間にする予定です。この期間はマッチングのロジックが通常と異なり、自分に近い勝利数のプレイヤーがリストアップされるようになります。

最終的に、その期間内でいちばん勝利数の多いプレイヤーがランキングでの1位となるわけです。

――なるほど。つねに同等レベル(勝利数的に)のプレイヤーどうしが戦うことになるので、ある意味トーナメント戦みたいな感じですよね。

千葉 そうですね。いまのところは2週間くらいをランキング期間に設定して、集計などのインターバルを1週間ほど挟み、再度ランキング期間にするような想定です。このあたりはお客様のプレイ状況を見つつ、随時いい形にしていければと思っています。

――何か報酬のようなものを期待してしまうのですが……。

千葉 リーグ7でのランキングは、パーティを強化した人が自分の力を誇示するような場所になりますので、報酬でランクSSのモンスターを用意したりということはありません。どちらかというと、報酬は名誉になるようなものを用意しようと考えています。

――称号とかそういったものでしょうか?

千葉 (黒木氏にアイコンタクトを取りながら)……まあ、そのようなものを考えております!

――わかりました(笑)。ともだち対戦で追加されるマッチング機能もなかなか便利だと思うのですが、こちらについてはいかがでしょう?

千葉 いままでは対戦用のコードを発行しても、それをゲーム内で伝える手段がなくて不便な部分があったのですが、マッチングはそれを解消するための機能になっています。ふだんからともだち対戦で遊んでくれていた人には、大きなアップデートになるのではないでしょうか。

もちろん、この部分が遊びづらくてやっていなかった人も、これを機に楽しんでもらえるとうれしいですね。やはり『ドラゴンクエストモンスターズ』という作品は、モンスターを手に入れて育てて、それを使って楽しむものなので。

これからも、モンスターを活用する場をキチンと整えていきたいと思っています。

黒木 自分で募集せずとも、募集している人の中から対戦もできるので、そちらから選んで対戦しても楽しめるかもしれませんね。

b

――対戦部屋をいろいろ吟味して挑めばいいわけですね。ちなみに“おまかせで探す”のほうは、どういう基準で相手を探してくれるのですか?

千葉 そちらは通常時のリーグバトルのロジックと同様で、いろいろな指標から判断してリストアップしています。つぎのバージョンアップでは、さらに調整を加える予定で、タマゴロンなどを入れて意図的にレベルを下げていても、適正なマッチングになるようにしようと思っています。

――(ギクッ)ごまかしは通用しなくなってしまうのですね。

千葉 そうなりますね。アップデート後にぜひ試してみてください(笑)。

IMG_1103
▲連勝するのが難しくなりそう!?

最後は要望をぶつけてみた!

――最近、ランクSのモンスターなども手に入りやすくなってきましたが、なかなか育成が追い付かなくて困るんですが?

黒木 以前の“らいなま”でもお伝えしたとおり、メタル系の種族がスライム系のため、現状はスライム系の育成のみがアドバンテージがある状況です。この状況を脱却できるように、今後はほかの系統のモンスターも育てやすくなる育成用モンスターを登場させる予定です!

千葉 それから、現状メタルスライムって微妙な立ち位置ですよね。経験値が1000程度で、気合伝授にお金がかかってしまう。ですので、メタルスライムどうしで転生させて、“メタルブラザーズ”になるという細かなアップデートを用意しようかなと。

――おお! それはやはり経験値がおいしくなるということですよね?

黒木 ちょっとおいしくなります。そこが最初のテコ入れになると思います。

――メタルダンジョンで急いでいるときなども、タルスライムから逃げないで倒したほうがよさそうですね!

黒木 逃げていたんですか(苦笑)。

――ほかに、完全に経験値稼ぎが目的のダンジョンみたいなものを追加したりとかは? あと、魔法のダンジョンのようなものを常時開催とか。

千葉 ご要望として受け止めておきます(笑)。確かに、モンスターが手に入るようになってきて、あれもこれも育てたいという声は多くなっていますので、なるべく早くそういった要素を入れたいと思います。

――それと、無料ふくびきは今後も継続して行ってくれますか?

千葉 このまま順調にダウンロード数が900万や1000万に届けば、というところです。もちろん、“らいなま”記念のふくびきも考えています。モンスター育成がゲームの楽しい部分でもありますし、定期的に無料ふくびきはやっていきたいですね。

ちなみに、800万ダウンロード記念で10月22日まで、1日1回無料ふくびきスーパーが引けますよ。

――それを聞いて安心しました! では、最後に今後予定していることを教えてください。

千葉 闘技場を使った公式の全国大会はやりたいと思っています。

あとは、前回のインタビューでも触れた“カジノ”も実現させたい。やはり『ドラクエ』のカジノは大きな要素なので、期待してくれている方が多いのも承知しています。

それから、モンスター用の“装備”ですかね。これは、うまく本作に入れられるような仕様を考えているところです。実現したとしても来年以降の話になってくると思いますが、楽しみにしていていただければ。

――となると、カジノの賞品でモンスター用の装備などをゲットしたいですね!

千葉 その可能性は十分にあります。『ドラゴンクエスト』のカジノは、“グリンガムのムチ”とか“メタルキングの剣”のイメージが強いですからね。

――それは楽しみです。本日はどうもありがとうございました。

03
▲メタルスライムが高レベルモンスターの育成に役立つ日が来るならば、それはうれしい!

※アップデートの詳しい内容はこちら

▲攻略まとめはこちら▲

ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト

ジャンル
RPG
メーカー
スクウェア・エニックス
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iOS6.0以降、Android OS4.0以降

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧