1. サイトTOP>
  2. 【新作】サクサクでプチプチ! 独特の快感がたまらない『ピコットキングダム』

【新作】サクサクでプチプチ! 独特の快感がたまらない『ピコットキングダム』

2014-07-15 17:51 投稿

『ピコットキングダム』の攻略まとめサイトはこちら

単純明快は、アクションゲームの基本だな!

突然ですが、大塚角満です。1本、どうしても皆様にお伝えしたいアプリがあるので、ちょっくら書かせていただきます。

わりと頻繁にガンホーに遊びに……じゃなかった、仕事で訪問することがあるのだが、その受付で毎回見かけて、ちょっと気になっていたポスターがあった。独特なデザインの黒くて小さなキャラクターがワラワラと群がっている感じで、なぜか不思議と目を引く。

「前から気になっていましたけど、これ、何のゲームですかね?」

いっしょにいた中目黒目黒も、ポスターを眺めながら俺と同じような感想を口にした。文字情報がほとんどなくて、絵を見ただけではどんなゲームなのかさっぱりわからなかったが、コチョコチョと好奇心をくすぐる妙な存在感がある。

「“PICOTTO KNIGHTS”……。ピコットナイト、ってゲームみたいですねえ」

ポスターに書かれていた唯一の文字情報を、目黒が読み上げた。いまから、2年ほど前の出来事である。

そして、いつの間にか時が経って2014年の初夏。おなじみガンホーのY大課長から、つぎのようなメッセージが届いた。

「このゲーム、どう?」

続けて、どこかのサイトのURLがペタリ。ナンダナンダと食いついてURLに飛んでみると、ベルトスクロールのアクションと思しきゲームの中で、なんとなく見覚えのあるキャラクターがにぎやかに動き回っているシーンが展開されたではないか。それを見てすぐに、俺は声を荒げた。

「これ……!! ガンホーの受付に貼ってあったポスターのゲームや!!!!」

俺の発言で、目黒もハッとしたようだった。「おお、あのときの!!」

俺たちふたりの反応に満足したのか、Y大課長から厳かなセリフが送られてきた。

「『ピコットキングダム』。ウチの新作っす。PS Vitaで出ていた『ピコットナイト』を、スマホ用にしたタイトルですな」

2年前に(おもしろそうだな)と思っていながら、ついぞ遊ぶことがなかったこのゲーム。それがいまスマホのアプリになって、手のひらの上までやってきた。

「配信されたら、ぜひともやってみますわ!」

俺はY大課長に、そう約束した。

そんなピコットキングダムは、Android版の先行配信を経て、つい最近iOS版も正式リリースされた。さっそくダウンロードし、仕事の合間にチュートリアルをプレイしてみる。すると瞬時に引き込まれ、ついついブツブツと独り言を……。

「ふむふむ……。ベルトスクロールアクション……ではあるものの、操作はタッチしか使わないのか……」

エフェクトが派手でいいな」

「敵がワラワラ出てきて、超にぎやかなんですけど……」

ついには、ワアワアと騒ぎ出してしまった。

宝箱がゴロゴロ落ちる……!!」

「俺、つえええ!! 気持ちいいぃぃいい!!!

「さあもういっちょおおお!!! どんどん行こう!!!!」

チュートリアルが終わるころには、すっかりこのゲームの虜になっていた。この手の単純明快なアクションゲームは、やっぱり理屈抜きで楽しいわー!

ピコットキングダムがどんなゲームなのかをひと言で表すとしたら、前述の“タッチ操作で遊ぶベルトスクロールアクション”がもっともしっくりくる。“ココロイド”という二頭身のキャラクターに武器と盾を装備させ、クエストに出発し、うじゃうじゃと襲い来る敵をバッサバッサと倒してゆく。操作は、何度も書くが画面のタッチのみ。移動したい場所をポンと触ればサササササッとココロイドは移動し、敵が湧いたら直接ポンポンとタッチしてロックオンすれば、あとは自動で攻撃してくれる。スキルを使いたかったら、スキルボタンをタッチすればオッケー。ホントに、タッチタッチタッチタッチ……と、タッチだけですべてのコトが済んでしまう超絶簡単操作が特徴のひとつとなっているのである。俺はこの操作系統に、敬意を込めて“スキンシップ操作”の銘を捧げたいと思ったね。

そしてもちろん、ついつい長く遊んでしまう原因となりうる“育成”の要素もたっぷりと入っている。ココロイド自身を育てられるのはもちろん、武器、盾ともに合成をくり返して見違えるような武具にすることができる。また、ココロイド、武器、盾にはレアリティーが設定されていて、クエストやガチャから思いがけない超強力なブツを手に入れられる…………可能性もある。ボロボロと敵が落とす宝箱の中身は、クエストが終わるまで何が入っているのかわからない。ゆえに、「もしかしたら、つぎのクエストでスゲェものが手に入るかも……!」という思いに駆られて、何度も何度も冒険に出発したくなる。この、ハック&スラッシュ的な遊びかたは、ベルトスクロールを基調にしているこのゲームにぴったりだと思ったね。

いやそれにしても、このピコットキングダムは癖になる

ステキな宝物を手に入れたい……という思い以前に、クエストの道中に出てくるザコ敵たちが絶妙なバランスで弱くて、出てきたはしからザックザクと倒せてしまうのがタマラナク快感なのである。

しばらくその快感に身をゆだねながら、(この感覚、何かに似てるな……)と考えていたのだが、つい最近、その正体に気づきました。

ピコットキングダムのサクサク感、これって、梱包用のプチプチを潰す感じにとても近しいのですよ!w

ザコが湧いたらプチプチプチ。障害物があってもプチンプチン。さすがにボスはプチプチとはいかないけど、どうにかなりそうな手応えが残る--。

うん、クセになるわけだわ。

あまり深く考えず、なんとなく強く育ちつつあるココロイドたちを率いて、今日もプチプチと敵を倒しまくるぞ!!

[関連記事]

※【新作】ガンホーの新作『ピコットキングダム』iPhone版も配信
※【新作レビュー】タッチ操作で大暴れ! ガンホーの最新アクションRPG『ピコットキングダム』

大塚角満Twitterアカウント→@otsuka_kadoman

大塚角満(おおつか・かどまん)……週刊ファミ通副編集長、ファミ通コンテンツ企画編集部編集長。編集業務のかたわら、執筆活動を精力的にこなしており、多数の連載記事を持つ。著書に、『モンスターハンター』シリーズのプレイ日記をまとめた『逆鱗日和』シリーズが9作、『ダークソウル』のプレイ日記をまとめた『折れてたまるか!』シリーズなど。ファミ通Appでは、“熱血パズドラ部!”を始めとするスマホゲームの執筆活動も行っている。

ピコットキングダム

ジャンル
かんたんタッチゲー
メーカー
ガンホー・オンライン・エンターテイメント
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iOS4.3以降 ※iPhone4s以上の端末推奨。Android OS 2.3.3以降

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧