1. サイトTOP>
  2. ゲーム攻略>
  3. ケリ姫スイーツ>
  4. ステージ攻略>
  5. イベントステージ>
  6. 【姫さま攻略・その63】“三巳一体じゃじゃじゃ”がパワーアップして再登場

【姫さま攻略・その63】“三巳一体じゃじゃじゃ”がパワーアップして再登場

2014-06-25 15:16 投稿

『ケリ姫スイーツ』のまとめサイトができました。

梅雨明けを知らせるゲームのイナヅマ『ケリ姫スイーツ』。交替で登場するスペシャルボスは手強いけれど、倒せば特殊アイテムをゲットできる。いままで3週間で9体が入れ替わったものが、6月30日からは1週間で入れ替わる。お気に入りのスペシャルボスと戦う回数や、特別アイテムをゲットするチャンスも増えそうだ。

とくに6月23日(月)午前11時から6月28日(土)午前10時59分までは、巨大金箱系ステージが続々と登場。24時間交替で“巨大金箱を探して”、“幻の珍獣を探して”、“幻の珍魚を探して”、“幻の珍樹を探して”、“幻の珍象を探して”が現れる。

そして6月28日(土)午前11時から6月29日(日)午後11時59分までは、すべてのスペシャルボスステージが遊べる。入場コインは50%引き、ステージ上の王冠はすべて大王冠という大盤振る舞いだ。

▲スペシャルボスカレンダー。

「キャハハハハ! また来るのねー。珍象、珍象、キャハハッっ!」
「姫さま、はしたないですぞ」
どうも“珍象”の話になるとスイッチが入ってしまう姫さまであった。
「もぅ……またケットバスタイムズにゴシップを書かれちゃいますよ……」

「ところで姫さま」
「キャハ……え、なに?」
「私たちがバッタバッタと倒してきたスペシャルボスたちのなかで、ついに、“じゃじゃじゃ”がパワーアップしてやってきました」
「ふふっ。どうってことないわ。倒して差し上げますわ」
「なんか半端に上品だな……」
「だまらっしゃい。そころで物知りスパイク、ちょっと」
「なんでしょうか」
「これ、なんて読むの?」

▲“三巳一体じゃじゃじゃ”の読み方と意味は?

「この漢字は、“さんみいったい”と読みますぞ」
「そうなの。で、どういう意味?」
「これはですな。元は三位一体と書くのです。ふたつ目の文字は“巳”ではなく“くらい”ですな」
「ふーん」
「キリスト教の教えで、“イエス・キリスト”と“その父としての神”、そして“精霊”の3つをまとめて神としよう、という意味です」
「へーぇ!」
「そこから転じて、3つ以上の異なる立場が結束しよう、という意味でも使われます」
「なるほど。そのほうがわかりやすいわ」
「しかし、スペシャルボスは“三位一体”ではなく“三巳一体”だよ」
「そーよそーよ、そこよ」
「“巳”はヘビを表します。そして“じゃ”はヘビを表す漢字“蛇”の音読みです。つまり“じゃじゃじゃ”は3匹のヘビ。その3匹がひとつになっている、という意味なんですなあ」
「すごーい、さすがスパイクね」
「勉強になっちゃった」
「うむ。ゲームをきっかけに言葉や知識を覚える。良いことですぞ」
「ケーキも、バターと小麦とタマゴが“三位一体”ね。あっ“三味一体”かしら」
「姫さま、お見事です!」

▲なるほど、だからコイツは“三位一体じゃじゃじゃ”なんだね。

スタメンに“闘士”は必須!?

スペシャルボスステージ“三巳一体じゃじゃじゃ”は、かなり難度の高いステージだ。ボスは遠距離攻撃が得意。ボスの手前の子分は頑丈で回復系。子分を先に倒さないと、いつまでたってもボスの体力が減らない。

そんな“三巳一体じゃじゃじゃ”に、難度の高いテクニカルバトルが追加された。テクニカルバトルはモンスターたちのレベルが高いだけではなく、倒れたメンバーが戦いに復帰できない。Battleが進むほど敵は強くなっていくから、メンバーをひとりでも喪失するとクリアーできないかも。

▲真のボスはちっちゃいほうかも?

そして、モンスターとメンバーに属性の要素が追加される。属性の相性が良ければ相手に大きなダメージを与えられる。属性の相性が悪いと攻撃してもダメージは小さいし、停滞反撃を食らってしまう。“じゃじゃじゃ”の属性はチョキ。ボスの体力を回復する“フエゼル”の属性は“パー”だ。他のモンスターは“グー”“チョキ”“パー”の3種類とも登場する。

このステージで鍵を握る敵は回復系の“フエゼル”だ。“フエゼル”は防御力が高く、通常は1回の攻撃で1ダメージしか与えられない。そこで攻撃回数の多い“執行者”や“NINジャー”などで叩きたい。でも、もっとも効果的なメンバーは“闘士”だ。闘士のタップスキル“ギガ・インパクト”が発動すれば、1撃で倒せる。相性の不利をものともしない強さなのだ。

▲闘士を連れていこう。

ノーマルバトルなら先に“じゃじゃじゃ”を倒してから“フエゼル”を倒せる場合もあったけど、テクニカルバトルは“じゃじゃじゃ”のレベルが高いから先に倒せない。“闘士”を持っていない場合は、フレンドから“闘士”を選ぼう。このステージに闘士が必須だ。そしてメンバーはグーで固めて“じゃじゃじゃ”に対抗するのだ。

▲Rank2、Battle1。

5つのBattleのうち、Battle1がもっとも難しい。はじめに闘士を蹴ってフエゼルを倒す。1回目で大ダメージ攻撃が発動しない場合は2回目に期待。そのとき、闘士がフエゼルの右側に落ちていた場合は、フエゼルを狙わずに“じゃじゃじゃ”を攻撃してしまう。だから、闘士はフエゼルの“真上やや左”に落ちるように狙いを定めよう。毒沼とフエゼルのあいだを目ざせ。

▲Rank2、Battle2。

小さなモンスターが散らばっている。ここは悪魔使いやメカニックなど、遠距離系複数攻撃タイプのメンバーでケリ数を節約したい。丸太の中に隠れている敵を忘れずに。画面をスワイプしてレベルを表示させれば、モンスターの位置がわかりやすい。

▲Rank2、Battle3。

ドーナツが浮かんでいる。“闘士”をはじめに蹴る場面だけど、“闘士”でドーナツを狙うコースは難度が高め。木の幹の真ん中の上の方を目ざして蹴ろう。オススメはフエゼルを直接攻撃するコースだ。障害物に注意して低めに蹴ろう。

▲Rank2、Battle4。

ここも小さなモンスターだらけ。メンバーを毒沼に落とさないために、ここも悪魔使いやメカニックで乗り切ろう。スナイパーで一体ずつ倒してもいい。剣士、槍使いなど、敵単体を直接攻撃するタイプは最後に相手を絞って使う。先に蹴っても2度目の攻撃相手に届かないし、毒沼に落ちてしまうかも。

▲Rank2、Battle5。

始めに“闘士”を蹴りフエゼルを倒し、残りのメンバーで“じゃじゃじゃ”を総攻撃。このステージでは定番の戦いかた。Battle5の注意点は中央の“枝の茂み”だ。雨が降っていて見分けにくいけれど、この茂みを避けるコースで蹴ろう。

フレンドを増やすコツは“人気職業で待機”

今回の“じゃじゃじゃ”のように、特定の職業が有利な場合は、主人公をその職業にしておこう。“闘士”がいないフレンドが使ってくれるから、フレンドチケットを増やせるし、フレンド申請も増える。フレンドが多いほど使える職業が増えて、今後のゲームプレイに有利になるぞ。

こちらからフレンド申請してもなかなか反映されないという場合は、職業に魅力がないからかもしれない。助っ人に選ばれずフレンドチケットがたまらない、という人は、人気のゲームを離脱するときに人気の職業にしておこう。金箱ドロップ率の高い人も助っ人に選ばれやすい。姫さまに金箱アップドレスを着せてあげよう。

ケリ姫4コマのバックナンバーはこちら

『ケリ姫スイーツ』のまとめサイトができました。

ケリ姫スイーツ

ジャンル
アクション、パズル
メーカー
ガンホー・オンライン・エンターテイメント
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iPhone 3GS、iPhone 4、iPhone 4S、iPhone 5、iPod touch(第3世代)、iPod touch (第4世代)、iPod touch (第5世代)、およびiPad に対応。 iOS 4.3 以降が必要 iPhone 5 用に最適化済み、Android 2.2 以上

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧