1. サイトTOP>
  2. ゲーム攻略>
  3. 消滅都市>
  4. 【消滅都市日記】第2回 暑い? 否、熱い!

【消滅都市日記】第2回 暑い? 否、熱い!

2014-06-13 16:12 投稿

相性をバカにすることなかれ

暑い。6月に入るやいなや、早くも30度超え連発な毎日。身も心もグダグダだ(※1)。しかも、「さすがに耐えきれん」とエアコンのリモコンのスイッチを入れても、ウンともスンとも言わない。まさかの故障……まさに踏んだり蹴ったりである。というわけで本稿は、そんなクソ暑い6月の頭に、筆者の自宅近くにある冷房の効いたコ○ダ珈琲店で書いたものです(※2)

※1 先月は5月病だと言っていた。つまるところ、年中だらけているだけなのである。
※2 “たっぷりアイスオーレ”1杯で3時間粘った。

↓『消滅都市』まとめページができました!↓

▲※『消滅都市』攻略まとめページはこちら▲

プレイ開始から1週間、いよいよ第2章に突入である。第1章は、半分以上チュートリアルも兼ねてのステージであったのでサクサク進めることができていたが、第2章に入るとそうはいかなくなってきた。

▲物語も徐々に盛り上がってくる第2章。何やら壮大な悪巧みが進行しているようだ。

チュートリアルではとっくに説明を受けていたのだが、こちらのタマシイと敵の“属性の相性”による補正というのがバカにならないのである。“相性がいいとダメージが2倍、悪いと半分”、最初に説明されたときはついつい流してしまっていたが、じつはコレ、本作において何よりも重要な要素なのだ。

もともとのダメージが500くらいだったとして、2倍なら1000、半分なら250(※3)。この差は大きい。敵は一定時間ごとに攻撃してくるので、できる限り短時間で決着をつけることが求められる本作では、一撃のダメージが大きく物を言う。ちなみに、火は木に、木は水に、水は火に、光は闇に、闇は光に相性がいい。反対に、火は水に、水は木に、木は火に相性が悪いということになる。

※3 小学生レベルの計算と言うなかれ。加齢とともに、意外にすぐ出てこなくなるものなのだ。最近、額にかけたメガネを探すおじいちゃんを見ても本気で笑えなくなってきた。

▲第2章に入ると、属性についてユキが説明してくれるぞ。
▲同じくらいの攻撃力を持つ、違う属性のタマシイで攻撃したときのダメージを比較してみると、その差は一目瞭然。

1~2章のステージは、ほとんどが火、木、水いずれかの属性が設定されているため、それらに対応したタマシイを用意しておくと、進行がグッと楽になる。後々のことを考えて、★3以上のタマシイを用意しておきたいと思う人は多いかもしれないが、★1~2のタマシイでも、強化と相性のよさを活用すれば第2章でも問題なく活躍してくれるうえに、★1~2は強化にそれほどコストがかからないので、断然おトクなのだ。

▲最初にもらえる★2のタマシイでも、相性を利用すれば十分に戦える。

また、安定してダメージを稼げる光、闇属性のタマシイにも食指が動くが、やはりダメージ2倍という魅力には勝てない。活躍の場はもっと後のステージでやって来るので、1~2章のうちは火、木、水属性に絞って強化や進化を行うといいだろう。

謎、謎、謎……そして深まるヒロインへの疑惑

と、苦労しながら進めてきた第2章だが、物語のほうは大きな転換点を迎える。主人公のタクヤとがっちり協力体制を築いていたかに見えたヒロイン、ユキの真の目的や、第1章の後半にヒロイン、ユキの弟として登場する“謎の少年ソウマ”と彼の背後にある組織の正体などが明らかになっていくのだ。

▲謎の少年ソウマ。第2章の前半戦は、彼を軸に物語が進んでいく。
▲ヒロイン、第2章にして早くも衝撃発言! いったい主人公タクヤはどうなってしまうのか。

……こう書くと、いかにもユキが悪者のように見えてしまうのだが、“ドラマアクションRPG”を名乗る本作、そんな単純な話にはなっていない。ここは、自分の手で物語を進めて、その真相を確かめてほしい(※4)

※4 大人はすぐそうやって逃げようとする。

さらに、敵方にも新キャラクターがつぎつぎと登場する。“謎の男タイヨウ”“謎の女ツキ”……ソウマから続く、“謎”シリーズ3連発である。ヒロインのユキも謎だらけだし、いっそのこと“謎のヒロイン・ユキ”とでも名乗ったらどうなのかと思ったりもする。

▲謎の男タイヨウ。その姿を見て生きている者はいないというが……。ソウマ、危うし!?
▲謎の女ツキ。ネットで情報収集にいそしむギークを呼び、脅しつけるおっかないお姉さん。白ずくめのファッションが印象的だ。

周囲で同時進行するさまざまな思惑、いまだ謎に包まれている“ロスト”という事件の中身……。これでもかと張り巡らされた、これらの伏線はどうやって回収されていくのだろうか? 激アツな展開を見せる物語の進む先が気になりつつ、以下次回。(文:ギャルソン屋城)

▲主人公タクヤのことが心配で、ギークとともに暗躍するリサーチャー。筆者の中では“影ヒロイン”の座を確立しつつある。

※『消滅都市』公式サイトはこちら

『消滅都市』がGoogle PlayのテレビCMに!

配信中の『消滅都市』が、Google PlayのテレビCMに登場することが決定。テレビCMの放映を記念して、2014年6月13日より”Google Play CM 放映記念キャンペーン”が続々開催される。

[関連記事]
※Google Playの新テレビCMで使われているタイトルはこれだ!

“Google Play CM 放映記念キャンペーン”では、ガチャやコンティニューで使えるゲーム内アイテム”フクザワ”が毎日2枚プレゼントされたり、お得な価格で提供される。ほかにも、曜日クエストや特別クエストなどで消費する燃料が半分になるなど、『消滅都市』ファンは要注目!

また、2014年6月13日より、初クリア報酬で限定レアタマシイが必ずもらえる限定クエスト第二弾”月の涙と怪盗団”を開催。この機会にレアなタマシイをゲットしよう!

消滅都市

ジャンル
ドラマアクションRPG
メーカー
Wright Flyer Studios
配信日
配信中
価格
アイテム課金制
対応機種
iOS 6.0以上、Android 4.0以上(※一部端末を除く)

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧