1. サイトTOP>
  2. ブログ>
  3. 個人開発ゲームを斬る>
  4. 【個人開発ゲームを斬る】『吉田VS古田3D』キャッチャー古田をぶっ飛ばせ!

【個人開発ゲームを斬る】『吉田VS古田3D』キャッチャー古田をぶっ飛ばせ!

2014-05-19 18:00 投稿

『吉田VS古田』新たに登場!

ピッチャー吉田が、キャッチャー古田のミットめがけてボールを投げる。
それだけなのに、なぜか面白すぎる『吉田VS古田』が3Dになって帰ってきました!

▲タイトル画面
▲ステージは現在12

タイトル画面だけ見ると、テクスチャ少なめのよくある3D野球ゲームっぽい雰囲気。
全12ステージから好きなモノを選びましょう。

まずは”ステージ1″

▲ピッチャーふりかぶって
▲投げた!

ピッチャー吉田の視点でゲームは進みます。
画面を押し続けると”赤い十字”が現れまして、それをキャッチャー古田のミットに合わせ、
指を離すとボールを投げます。

▲NicePitch!

“ナイスピッチ!”
感嘆符がついているのですが、キャッチャー古田は驚くほど無表情です。
とにもかくにも、覚えるルールはこれだけ。

“ステージ2″へ

▲ちょこっと古田
▲NicePitch!

キャッチャー古田の前に障害物が。
キャッチャー古田の頭が少しだけ”こんにちは”しているので、針の穴を通すコントロールでそれを狙うもよし。
障害物にボールをぶつけて破壊し、露出したキャッチャー古田に投げ込むもよし。
どんな方法でも、キャッチャー古田はいつでも無表情で応えてくれます。

ガラスを
パリーン

木でくみ上げられた土台に座るキャッチャー古田。
その前に、網。
更にその前に、バッター。
更に更にその前に、ガラス。
たくさんの障害が、ピッチャー吉田とキャッチャー古田の間に立ちふさがります。
“そんなの関係ねえ!”と、流行言葉を叫びながら魂のストレートを投げ込み、まずはガラスを破壊。

打率10割
チュドーーン

キャッチャー古田の前の”網”はどうしようもないので、木でくみ上げられた土台を壊す事に。
台めがけて白球を投げ込むのですが、謎の10割バッターに打ち返されてうまくいきません。
頭にきたので、10割バッターをビビらせてやろうと”ブラッシュボール”を投げ込むと、バッターが打ち損じて、打球が画面外へ。
画面外には”爆発物”が置いてあったらしく、それに球がたまたまぶつかり、ダイバクハツ!
キャッチャー古田の土台がドカーーン!

転がり古田
NicePitch!

爆発のケムリが晴れると、キャッチャー古田が転がっていました。
情け容赦なく、白球を投げ込みクリア!

土台とともに崩れ行く
古田
古田がいない!?
逆さま古田

このシリーズの人気仕掛けの1つ”ドラム缶による大爆発”
古田のぶっ飛ぶ様が、このゲームの代名詞ともなっております。
今作は3D、つまり360度ぐるんと見渡せるようになってますので、
ぶっ飛んだキャッチャー古田がとんでもないところに転がっているかもしれません。
もっともっと面白い仕掛け、ステージがあるのですが、なにせ現在12ステージしかありませんので、ネタバレはこれぐらいにして、開発者の”ShinjiMan”さんにイロイロ聞いてみました。

Q1.普段何されてる方ですか?専業ですか?副業ですか?

A1.ゲーム作りは副業です。本業はパソコンほぼ使いませんね。
本当は専業にしたい所ですが趣味でやってる方が気楽ですしアイデアも出やすそうなので。
大雑把で計画建てが苦手な性格なので適当なスタンスで続けたいですね。

Q2.パソコン使わない職業のShinjiManさんが、初代『吉田VS古田』を作ろうと思ったキッカケを教えて下さい。

A2.某『アングリーバード』にハマっている時期に朝野球をやっていたら、”ピッチャーとキャッチャーでアングリーバードみたいなやつを作ったら面白いんじゃね?”
って感じで思い浮かんだ感じですね。
そして帰宅後にアングリーバードみたいなサンプルを探してたら良い感じのやつを見つけて、画像を差し替えてフルイラストにしようとしてたけど、だんだんめんどくさくなって、キャッチャーとボール以外全て白黒にして一ヶ月くらいちょこちょこいじってたら完成した感じですね。
こうして振り返るとプログラミング素人の状態だったので、”次の面に行く方法”がどうしてもわからなくて挫折したり低レベルな事で悩んで調べてたのが懐かしいです。

▲「初代『吉田VS古田』」NicePitch!

Q3.”キャッチャー古田”はわかりますが、なぜピッチャーは”吉田”なんですか?

A3.ただ単純に漢字が似てるからですね(汗)
ちなみにリリース時に”日本だけ名前変えてみようかな”と思って急遽変更しました。※海外名『PITCHER VS CATCHER』
元々どうでも良いと思ってリリースした事もあり、適当に考えて思いついた名前がたまたま『吉田VS古田』だったというだけですね(汗)
それが結果的に良かったですし、そのおかげで自分自身もそれぞれのキャラクターに愛着が湧きました(笑)
ちなみに学生時代に他校で吉田さんという凄いピッチャーが居て一度もヒットを打てませんでしたが、このアプリには特に関係ありません。

Q4.他校の吉田さん見てますか!今作はどうして”3D”なんですか?

A4.”Unity3D”というゲーム作成ツールを試してみた所、サンプルも豊富で意外と使いやすいし、3Dゲームって色々と難しいと思ってたけど実際作ってみると簡単だったし面白いかもと思ったので、勢いで作っちゃいました。
名前的にも単純に『吉田VS古田2』の後だし”3D”って名前も良いなって思ったし、『2』で制作意欲やアイデアがマンネリ気味だったので心機一転ガラッとイメチェンして、『吉田VS古田3D』って良いなと思って仕上げちゃいました。
そして話がそれますが過去作が中途半端な状態で放置してしまっている事は結構気になってますね…
時々『2』のエディットステージ機能で作ってくれたステージが届いて確認するのが楽しみだし嬉しく思うのですが、それを組み込んだアップデートが放置されてしまっているので非常に申し訳ない気持ちでいっぱいです…
過去作ももう少し落ち着いたらアップデートしますのでお待ちの皆様、申し訳ありませんが3Dの方が落ち着くまで待ってて下さいm(_ _)m
と、この機会を利用して関係の無い答えを長々してしまってすいません…

Q5.確かに長々ですね!リリース後の反響などあれば教えてください。

A5.反響は、こうしてインタビューをお願いされたり他のレビューサイトで記事が書かれたりする事でしょうかね。
見つける度に凄く嬉しくなるので家にいても仕事中でも、ついついツイッターで新しい反響は無いかと探してしまっています…
ちなみに今作も海外ではほぼ無反応です(笑)
やはり名前と笑いのツボの違いが関係ありそうですね(^_^;)

Q6.キャッチャーのぶっ飛び具合とか受けそうなんですけどね!ShinjiManさんの”イチオシステージ”を教えて下さい!

A6.これからアップデートで追加される”ステージ17″が馬鹿馬鹿しくて気に入ってます。
まだリリースされていないのでイメージが湧きにくいですが、キャッチャーが更にとんでもない事になります。
“バンジージャンプって(笑)”という感じで一人でうけて誰かに見せると意外とあんまりウケませんが(笑)
大体いつも新しく作ったステージが一番に気に入りますね。

Q7.ところで『吉田VS古田2』はandroid版があるのですが、『3D』は出ないのですか?

A7.今後リリース予定です。早くリリースしたいのですがアンドロイド特有の問題や、まだ不安定な部分が色々あるので修正完了次第リリースという感じですね。

Q8.この記事が公開される頃には出てるといいですね! 最後に何か一言、よろしくお願いします!

A8.こんなくだらない馬鹿馬鹿しいアプリですが皆様の応援がある限り今後も作り続けようと思います。
今後アンドロイドもリリースして良い感じの反応だったら壮大なスケールのゲームに発展させて、WindowsやMacやxBoxのストア等でもドンドン出して行きたいと思いますので、どうぞこれからもよろしくお願いします。
あ、過去作もアップデート頑張ります(^_^;)

作品のダウンロード数が伸びると開発者さんのモチベーションも上がり、アップデートで変なステージがたくさん追加されると思いますので、”キャッチャー古田の生き様”を未体験な人は、シリーズ全部ダウンロードしてみてください!

■あぷまがどっとねっと
(あぷまが)

「すべてのアプリにチャンスを!」との思いから、藤田武男氏が個人開発者が開発したアプリを中心に紹介している情報サイト。ほかでは見つからない“お宝アプリ”が“あぷまが”なら見つかるかも! ちなみにイラストは、あぷまがのマスコットキャラ、アイロニー。


※あぷまがへのアクセスはこちらから

吉田VS古田3D

メーカー
ShinjiMan
価格
無料
対応機種
iPhone、iPod touch、iPad、iOS4.0以上

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧