1. サイトTOP>
  2. 【独占スクープ】『ドラゴンポーカー』待望のサウンドトラックが発売決定!

【独占スクープ】『ドラゴンポーカー』待望のサウンドトラックが発売決定!

2014-03-20 16:00 投稿

『ドラポ』最強のSS素材3点セットも付いてるよ!
『ファミ通App NO.014 iPhone』
★Amazonでの購入はこちら!

3.26(水)詳細解禁

アソビズムがiPhone、Android向けに提供する『ドラゴンポーカー』。本作に関する、じつに興味深い情報が飛び込んできた。

関係者曰く、

現在、オリジナルサウンドトラックの制作を進めている

というのである。

ゲームをプレイしたことがあるユーザーであれば、本作のサウンドが放つ魅力、クオリティーの高さは実感しているところ。現に、配信直後からゲームBGMに対する問い合わせ、CD化の要望が多数あったようで、【ドラポ部】でもその事実を約10ヵ月も前に記事として取り上げている。

[関連記事]
※【ドラポ部】問い合わせ続出『ドラゴンポーカー』のBGMが急遽公開

そして、待望のサウンドトラック発売

詳細は、本日(2014年3月20日)オープンした特設サイトにて3月26日(水)に明かされるという。

☞ 特設サイトはこちら
http://www.asobism.co.jp/social/dragonpoker_OST/

しかし、そこはドラポ部部長、退かぬ待たぬの前のめり。さっそく本件に関する取材を敢行。これまで公表されていなかったサウンドクリエイターの素性も明らかになった。

▲本作のサウンドを手掛ける松岡耕平氏。詳しい経歴は記事末にて紹介。

5つのアレンジ曲も収録

ユーザーからの多くの要望により、今回のサウンドトラック発売が実現したとのことですが、いまの率直な感想は?

松岡 身に余る光栄です! 自分自身、予想もしていなかった反響で大変驚いています(汗)。
それだけ『ドラゴンポーカー』というゲームが皆さまに愛されているのだと思うと、本当に嬉しいですね♪

 

作曲するうえで気を付けているのはどんなところですか?

松岡 ゲーム音楽なので、ユーザーの皆さまの気持ち、感情というのをつねに考えて作っています。

 

制作当初の構想などはあったのでしょうか?

松岡 『ドラポ』は、デザインが個性的で大人向けなので、ブラスセクションを生かした大人向けのゲーム音楽にしようという構想がありましたね。ただ、あまりJAZZに寄り過ぎるとわりにくくなるので、ROCK、FUSION寄りに作っています。

 

なるほど。日本語でお願いします。発注を受けた際は、どの程度の指示、素材があるものなのです?

松岡 『ドラポ』に関して言うと、ほとんど指示はありません(笑)。
「つぎのイベントってどんなー?」と聞きに行って、背景絵やボスキャラのラフなどを入手して勝手に作ります。

もちろん方向性を決める重要なポイントでは何種類かのラフを作って議論を重ねますが、一度方向性が決まったらけっこう放置プレイなんです(笑)。

 

1曲仕上がるまで、作業期間はどのくらい掛かるものなのでしょうか。

松岡 通常、音楽の構想を練るのに1日、作成に2日で、合計3日くらいです。『ドラポ』は皆さまのご期待に応えようと、とても熱が入ってしまい、いろいろ詰め込んで4~5日掛かることもあります(笑)。
とくにボスバトルなど長い戦闘曲は、非戦闘曲の2倍以上の手間が掛かりますので。

 

いちばん気に入っている曲はありますか?

松岡 つねにいま作成中の曲が好きです! というのは半分冗談ですが……(笑)。

イメージ通り作れたという意味では、“太陽と月の巫女”のテーマですね。

 

オォォー! あれはよかったですね! どんなイメージで作られたのです?

松岡 MAP部分がコンサート開始直前のバンドと主役のふたりの登場をイメージし、ボス戦部分でふたりのコンサートが始まる脳内イメージです。

今回のサウンドトラックでこの曲をボーカルアレンジしましたが、先述の通り最初から歌にするつもりでしたので、実現できて嬉しいです。

☞ “太陽と月の巫女”試聴BGM

 

個人的には、“天魔殿の三忍”の「テーデレデーデッテ……、ハッ!!」が頭から離れません。逆にいちばん苦労した曲というのは?

松岡 つねにいま作成中の曲で苦労(ry
えー……じつはけっこう毎回苦労して作成してます(笑)。

強いて言うなら、“超進化の野獣”のテーマですかね。ボスの種類がたくさんあってイメージが絞り切れない分、野獣の狂気に焦点を当てて作成しました。
EL&Pのタルカスっぽくしたかったのですが……少し『ドラポ』っぽさから離れてしまったかも?

 

あー、あれですね。マダガスカルですね。今後はどんな作品を作っていきたいですか?

松岡 最終的には音楽は人の手で演奏、歌唱してこそだと思っているので、誰かに演奏してみたい、歌ってみたいと思ってもらえる音楽が作れたらいいなと思っています。

もちろんゲーム音楽である以上、ゲームを盛り上げるということがいちばん大事ですので、今後もジャンルに囚われずにイメージやシーンにマッチしたサウンド作りを続けていきます!

 

ありがとうございます。では最後に、今回のサウンドトラックの聴きどころをお聞かせください!

松岡 今回のために作成した5つのアレンジ曲です! 演奏家、歌手の方々のパフォーマンスより生まれ変わった“ドラポミュージック”を楽しんでもらえたら嬉しいです♪ ゲームの原曲もCD向けに全曲リミックス、リマスターしていますのでこちらもぜひ!


まさに待望と言うにふさわしい今回のサウンドトラックの発売。詳細については、引き続き【ドラポ部】でもお届けしてくのでご期待ください。(ドラポ部部長)

☞ ドラゴンポーカーBGMは公式サイトで試聴できます
http://www.asobism.co.jp/social/dragonpoker/sound.html

 

◆松岡 耕平(K.Matsuoka)プロフィール
ピュアサウンド在籍時に『バイオハザード CODE:Veronica』や、『サモンナイト』シリーズなどでSE制作/『ボンバーマンジェッターズ』や『サモンナイトクラフトソード物語』シリーズなどでBGM制作を担当。
約3年のブランクを経て、アソビズム入社。携帯アプリや『いきものづくり クリエイトーイ』のサウンド全般を手掛け、『ドラゴンポーカー』で自身初となるサウンドトラックCDを発売することになったアラフォーサウンドクリエイター。
探究している音楽性は、切ないメロディやJAZZYなコード、テクニカルなリズムを融合したゲーム音楽。趣味は、小鳥の世話と空き時間のゲーム。

[過去の代表作]
バイオハザード CODE:Veronica(Dreamcast TM)
サモンナイト1~3(PlayStation TM/PlayStation 2 TM)
サモンナイトクラフトソード物語1~2、はじまりの石(ゲームボーイアドバンス TM)
ボンバーマンジェッターズ(PlayStation 2 TM/ニンテンドーゲームキューブ TM)
GJヒーローズ(iアプリ TM)
いきものづくり クリエイトーイ(ニンテンドー3DS TM)
大盛り! いきものづくり クリエイトーイ(ニンテンドー3DS TM)
ドラゴンリーグX、A(iPhone/iPadアプリ、Androidアプリ)
ドラゴンポーカー(iPhone/iPadアプリ、Androidアプリ)

(ニンテンドーゲームキューブ・ゲームボーイアドバンス・ニンテンドー3DSは任天堂の商標です)
(PlayStation・PlayStation 2はソニー・コンピュータエンタテインメントの商標です)
(Dreamcastはセガの商標です)
(iアプリはエヌ・ティ・ティ・ドコモの商標です)
(iPhone・iPadはアップルの商標です)
(Androidはグーグルの商標です)
『ドラポ』最強のSS素材3点セットも付いてるよ!
『ファミ通App NO.014 iPhone』
★Amazonでの購入はこちら!

ドラゴンポーカー

メーカー
アソビズム
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iPhone 4S 以降、Andoroid 2.3.3 以上(一部機種は未対応の可能性があります)

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧