1. サイトTOP>
  2. ブログ>
  3. 個人開発ゲームを斬る>
  4. 【個人開発ゲームを斬る】『ポケットクロニクル』大作RPG疲れのあなたを癒すサクッとRPG

【個人開発ゲームを斬る】『ポケットクロニクル』大作RPG疲れのあなたを癒すサクッとRPG

2014-01-27 08:30 投稿

サクッと冒険RPG

最近『ドラクエ』シリーズが立て続けにリリースされておりまして、王道RPG好きにはたまらない季節を過ごさせていただいております。いずれもおもしろいんですが、ボリューム満点すぎてRPGはちょっとお腹イッパイぎみです。

もうちょっとデザートを食べるような感覚で、気軽にRPGを食したい。
そんなお腹イッパイでも食べられる“別腹RPG”をご紹介!

▲ロゴがかわいい
▲クロニクルは国の名前

“伝説の冒険者の歴史から忘却された記録の一片である”

かわいいロゴとは裏腹に、ちょっと重ためのソースが乗っているデザートのようです。

▲全体マップ
▲4つのエリア

パッと見、ソーシャルRPGのような雰囲気。
行きたい場所を選ぶとエリアが表示されて、全てクリアすると新たな場所へ進める、といった流れ。

※4つのエリアに別れていますが、最後のエリアは“ヤリコミ難易度”になっておりますので、それ以外の3つをクリアするとつぎの場所が解放されます。

旅立つ前に

▲持ち物チェック!
▲いざ冒険へ!

旅立つ前に持ち物チェック! アイテムは4つまで持って行くことができます。
アイテムは道中で拾うことができますが、すぐに使うことはできません。
一旦持ち帰るシステムですね。

ですので、ここで何を持っていくのかがとても大事になってきます。
アイテムチェックとガスの元栓を締めたのを確認したら、いざ冒険の旅へ。

▲ピクニック気分
▲中身はからっぽ!

“先に進む”ボタンをポチポチすると、一歩ずつ先に進みます。
その際の勇者のコメントがなんともほのぼのします。

“鼻歌を歌いたくなるような開放的な気分”
“空に浮かぶ雲はどこに向かってるんだろうか”

開発者さんは詩人なのかもしれませんね。

“探索”ボタンをタップすると、進まずに周りをキョロキョロします。
まれに“宝箱”を見つけ、ステキなアイテムをゲットすることがありますが、ステージを最後まで進めてクリアーしないと消えてなくなります。

進んだり探索すると

▲バトル!
▲アイテムがない!

進んだり探索すると、モンスターと遭遇!

バトルは王道のターン制。
殴ったり殴られたり。

▲モンスターはすべて
▲開発者さんの手作り

ほかのターンバトルと大きくことなるのが、“ターンの始めに必ずアイテムを使用するチャンスがある”ってところです。

毎ターン回復チャンスがあるので、バトルの難易度は低めなのではないでしょうか。
もちろんアイテムを持っていないといけませんけどね。

▲レベルアップ!
▲アビリティ!

モンスターを倒しまくってレベルアップ!
“ステータス振り分け型”ですので、あなたの好みで育ててあげてください。

レベルアップ時に“アビリティ”を習得することがあります。
わかりやすく言いますと“特殊能力がある装飾品”って感じですかね。

冒険前にアビリティを最大4つセットすることができまして、素早さがちょっと上がったり、道具使用時の効果をちょっと上げることができます。

ひと休み

▲行こか戻ろか
▲無理しすぎた結果

サクサク進んで行くと、休憩ポイントが現れます。

ここで“ちょっと体力回復して先に進む”か“諦めて帰る”か選ぶことができます。
無理して死んでしまうとこれまでにゲットしたアイテムなどはなくなりますし、所持金が減ってしまうこともあります。

ときには勇気ある撤退も必要です。

▲モンスターの遺影
▲武具をパワーアップ

ステージ最後のエリアボスを倒すと、無事冒険終了。
倒したボスが左上の方に遺影っぽく表示されます。

南無阿弥陀仏。

クリアーした後は、手に入れた財宝を使って装備品を強化したり、新たに開発することが可能。サクサク遊べてお手軽だけど、ヤリコミ要素もちゃんと用意されています。

そんなRPGを開発された“taketomoApp”さんにイロイロ聞いてみました。

Q1.『ポケットクロニクル』を開発しようと思ったキッカケは?

A1.以前出した『サクッとクエスト』というアプリがそれなりに好評をいただいたんですが、自分の中でやり残したことや、レビューでご指摘や次回作の要望などがあったので、それらすべてを実現したいと思い開発しました。

 

Q2.実質“続編”ですね! ではサクッと作れたのでは? 開発期間どれぐらいですか?

A2.7~8ヵ月ぐらいです。

Q3.思ったより長かった! 苦労した点を教えてください!

A3.リリース前の2ヵ月は難易度調整とデバッグをしていたんですが、それがきつかったです。

Q4.なるほど。RPGはバランスが命ですからね! ここは見てほしいというポイントは?

A4.ゲームが進むにつれて攻略するための選択肢が増えていくので、いろいろ試行錯誤して楽しんでもらえればと思います。
調整に時間をかけたぶん、それに応えられるバランスになっています。

Q5.リリース後の反響は?

A5.リリースして1ヵ月と少しが経ったんですが、レビューでは低い点数がまだ付いていないので、触っていただいた方には楽しんでいただけているのかな? と錯覚しています。
ですが、とにかくDLされていないのでヤバいです。いろいろと。

Q6.8ヵ月掛けて作ってダウンロードされないとキツイですね。。しんみりしてきたので話題を変えて、アイコンがとてもかわいいんですが、これも自作ですか?

A6.『CUBIC ROOM』という脱出ゲームを開発されている“アプリス”さんにお願いして描いてもらいました。
アプリスさんには以前にとあるクラウドワークスを通じて『サクッとクエスト』のアイコンを描いてもらって、それっきりのお付き合いになる恐怖を感じていたんですが、とあるイベントでお会いする機会があり、そのときに猛烈な“ヨイショ”で今回のアイコン作成を無理言ってお願いしました。

 

Q7.人の繋がりって大事ですよね! 次回作やバージョンアップのご予定は?

A7.バージョンアップですが、いただいた御意見を参考に修正していくのと、より難易度の高いモードの追加、余力があれば新しいエリアの追加をしていこうと考えています。
次回作は脱出ゲームを考えています。2月上旬のリリースを目指して比較的一生懸命に開発中です。

Q8.脱出ゲーム! これも楽しみ! 最後に何かひと言!

A8.売れたい!

空いた時間にちょこっとサクッと楽しめる『サクッと冒険RPG ポケットクロニクル』。

RPGガッツリ派も、最近ご無沙汰な人もぜひ遊んでみてください!

■あぷまがどっとねっと
(あぷまが)

「すべてのアプリにチャンスを!」との思いから、藤田武男氏が個人開発者が開発したアプリを中心に紹介している情報サイト。ほかでは見つからない“お宝アプリ”が“あぷまが”なら見つかるかも! ちなみにイラストは、あぷまがのマスコットキャラ、アイロニー。


※あぷまがへのアクセスはこちらから

サクッと冒険RPG ポケットクロニクル

メーカー
taketomoApp
配信日
配信中
価格
無料
対応機種
iPhone、iPod touch、iPad、iOS 6.0 以上

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧