1. サイトTOP>
  2. 【新作情報】『騎士とドラゴン』がぐうの音も出ないほど完成度が高かった

【新作情報】『騎士とドラゴン』がぐうの音も出ないほど完成度が高かった

2013-11-29 12:41 投稿

騎士とドラゴン(騎士ドラ)攻略まとめwiki

騎士ドラ攻略始めました!

この“ドラゴン”にも注目して!

リプレーションからiPhone向けアプリ『騎士とドラゴン』が配信された。価格は無料(アプリ内課金あり)。先行して配信しているAndroid版と同内容となっている。

2014年は『騎士ドラ』の時代になる

いきなりこんな宣言してハードル上げすぎかもしれませんが、昨日(11月27日)の配信から約1日触ってみての感想がこれです。『ブレフロ』や『チェンクロ』もスマホに合わせた新しい形のRPGとして注目を集めましたが、本作も間違いなくその枠に入ってきておかしくない良作です。

・ルックスがヤバイ

全編ドット絵のこの見た目だけでやられる人が続出するのではないでしょうか。剣と盾を構えた“THE勇者”が絶妙な陰ドット絵で描かれており、タイトルロゴ、背景などすべてにセンスを感じます。アプリを起動してこの画面を見て“TOUCH to START”を押さないゲーマーがいるのか?(いやいない)と反語法で言っちゃいますよ僕は。ちなみに本作のデザインを手がけたのは『MOTHER 3』や『ファンタジーライフ』で辣腕をふるった今川伸浩氏とのこと。納得です。

▲最初に出身地を選択するのだが、日本の都道府県名をもじった地名がおもしろい。ここでクスッとさせられるのは、ゲームの導入としてかなりの+ポイント。このまま続けたいって思っちゃいますもん。これも今川さんのセンスなのかな?

・音楽もヤバイ

ゲームにおいて音楽が重要なものだということを改めて痛感しました。気付くとメイン画面で「胸高鳴るわ~」と思っている自分がいます。バトルの高揚感をアホみたいに高めてくれています。こちらもスタッフを見て納得『キングダムハーツ』シリーズ、『スーパーマリオRPG』など数々のゲーム音楽を手掛けた下村陽子氏が担当しております。

ゲームシステムはどうなの?

ゲームシステムはおなじみの流れです。まずワールド内にいくつかのステージがあり、そのステージ内に複数のダンジョンがあります。各ステージをプレイするごとに“げんき”(スタミナ)を消費し、すべてのダンジョンをクリアーすると初クリアー時にドラゴンハート(課金アイテム)を入手できます。また、敵とのバトルもターン制を採用しており、敵の攻撃までのターンをどう行動するかという点で戦略性のあるものになっています。

▲本作では装備する武器にスキルが付与されており、それをタップして敵を攻撃する。敵の攻撃ターンではタイミングよくシールドをタップしてガード。攻撃ごとにAPが減少するので、なくなったら肉を食べて(ターン消費する)回復。というのがバトルの基本ルーチン。スキルの順番によって必殺技も発動できます。

バトルに関しては、最初どうなのかなと思ったポイントです。「これ戦略性あるのかな?」と。ですが、ゲームが進むと属性(3すくみ+光闇)や、武器と敵の相性などが説明され、適当にやっていると確実に詰むことになります。そこであれこれ試行錯誤していると「武器を強化したい! というかいい武器がほしい!! あと、いい武器を持ったフレンドも欲しい……!!!」という欲求も出てきます。

▲おなじみの属性関係。
▲ガードはタイミングがよければ“すごいガード”ができるのだが、これがなかなかできない!
▲フレンドの武器がまぶしい! まぶしすぎて目がぁー。

武器のトリコになります

本作は、装備品への欲求が最大のモチベーションになってくると思います。入手方法はダンジョンをクリアーしたときの宝箱ドロップと、課金アイテムを使ったガチャと、珍しいところでは直接購入という方法もあります。武器は買ったら終わり、ではなくその後の強化も当然あるのですが、おそろしいことに武器ごとに付与されるスキルやスロットがランダムであるということ。つまり、同じ武器でも「いいスキルが付いてるけど、スロットが足りない……。違うの探そう!」といった事態が発生するわけです。

▲武器のところにある“0/5”とかの数字がスロット数です。スロット数は強化回数となりますので、多い方が強くなる可能性があるわけです。
▲筆者が気に入っているスキルがこの武器の“精神統一”。強力なスキルをAPゼロで使えるのはかなりいいですよ。まだ無強化ですが、スロット数も多いので成長させるのが楽しみ!
▲ガチャじゃなく直接購入できるところもヤバイ。買いたくなる……。なる……。

総評:いまのところ最高

ヤバイです、これマジでヤバイことになる予感がプンプンします。チュートリアルは最初の4ステージ(20ダンジョン)で行われるので若干長めですが、そこを超えるとガチャやらフレンドの要素やらが解放されます。そこまでにコツコツ強化してきた武器よりもはるかに強い武器を目の当たりにさせられ、正直目がくらみます。ドラゴンハート買っちまうかと葛藤します。

あと、いまさらですが、UIも素晴らしいです。画面遷移の際のロード時間もほとんどないし、ボタン配置もわかりやすい。あと、タッチパネルゲームでも押し心地ってありますよね。それもすごくいい。提灯記事かと思われるくらいベタ褒めしてますが、あえて悪いところを探すとすれば、チュートリアル段階で“げんき”が切れることくらいですかね……。つまり、もっとやらせろってことです。ガチで良作です。

騎士とドラゴン

ジャンル
RPG
メーカー
リプレーション
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iOS5.1以降の対応機種、Android2.3.3以降の推奨端末

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧