1. サイトTOP>
  2. 『三国志乱舞』近日追加される新要素をおさらいしましょう♪

『三国志乱舞』近日追加される新要素をおさらいしましょう♪

2013-11-22 20:25 投稿

一部武将レベルキャップ解除 その名も”覚醒システム”!

実装目前のレイドボスが話題をさらっておりますが、ここにきてもうひとつ大きめのニュースが! 一部武将のレベルキャップが解除され、今よりも最大レベルがアップすることになりました。一度はレギュラー落ちしてしまった武将も、この機会に編成に復活させられるかもしれません! コレは朗報ですね。

▲レベルキャップ解除のことを“覚醒”と呼ぶようです。覚醒させるためにはこの、”覚醒ぶたろうさん(画像はイメージです)”が必要とのこと。進化ぶたろうと同じように、合成させるようですね。

今回レベルキャップ解除の対象となるのは、SRとLEです。それぞれのレアリティの覚醒ぶたろうが登場するものと思われます。おそらく、ぶたろうの数は限られているでしょうから、どの武将を優先的に覚醒させるか……明るい編成計画を、いまから練っておいてくださいね。

レイドボス実装も間もなく!

既に告知が出ておりますレイドボスも、実装まであとわずかとなりました。準備はできていますか? 私たちの前に立ちふさがる南蛮にある族王“兀突骨”。体は硬質化したウロコと藤甲鎧に包まれているため、ひとりの力ではとても手に負える相手ではありません。

そんな強敵に立ち向かうにあたって、今の時点からやっておくべきことがあります。それは、主力武将のレベルを最大にしておくこと必殺技レベルも上げられるだけ上げておくことそしてギルド掲示板で交流を行い、結束力を確認することです。レイドボスは、仲間と一緒に強大な敵に立ち向かいます。一人で戦うわけではありません。人数が少ないギルドは、いまのうちに募集をかけておくことをおすすめします。

さらにレイドボスは、どのランクのプレイヤーも参戦できるタイプと、天下ランク専用のものがあるらしいです。天下ランクのレイドボスの姿を見るためにも、ギルドの増員はしておくべきですね。共に戦う仲間を求めている、アクティブな在野プレイヤーは、必ずいるはずです!

 
▲現在公開されている、レイドボスの画像。大きいことはわかりますが、兵科や攻撃方法が不明ですね。ちなみに、このボスはヌルヌルと動く、という情報を掴んでおります。どんなアクションを見せてくれるのでしょうか。

レイドボスについては新しい情報が入り次第、どんどん紹介していく予定です。皆さん期待して待っていてくださいね!

息抜きコーナー 今日の武将

前回から細々と開始した、岩崎が個人的に好きな武将を勝手に語る自己満足コーナー。編集部から、まだヤメロと言われないので、引き続き今回も書かせていただきます。今回も、スクウェア・エニックスのアートディレクター高橋さんからコメントをいただいています! イベントで集めた玉璽の数ほど感謝!

さて今回のゲストは、キリッとした美女として描かれております、魏延さんです。

魏延(女)
▲魏延さんってば、露出多めで大胆! 男性の皆様は、このムチムチ感がたまらないのでしょ?
まず最初に、魏延の人間関係ですが、劉備が主人、そして諸葛亮さんがとっても苦手です。カードに書かれております魏延の台詞「あの方のために戦えれ ば……」のあの方とは、おそらく劉備のことですね。魏延は劉備に仕え、たくさんの武勲をあげて大活躍します。劉備も、魏延を将軍に昇進させて、その働きに 応えていました。

ただ、血気盛んで好戦的だったこともあり、仲間内では孤立していました。特に、諸葛亮さんのやり方が気にくわなくて、幾度も対立しちゃいます。『三国志演 義』においては、諸葛亮は魏延が味方だったにもかかわらず「あいつヤバそうだし」ということで、罠にはめて消そうとしたことも……。孔明さま、こわっ。

うっかり諸葛亮さんの祈祷現場に踏み込んで祭壇こわしちゃったりと、悪気はないけど行動が裏目に出ちゃうタイプでもあります。確かにちょっと考えが足りな かったところがありますが、基本は一生懸命戦ってたのに周囲から理解されず、本人としてはカードに書かれた台詞そのままに「なぜ、どうして?」だったので しょうね。

強いけど報われなかった魏延さん。ぜひ本作の中で大活躍させてあげてください!

高橋アーディレのイラスト制作秘話

 

魏延のシーンイメージは謀反を起こし 楊儀の前で「私を殺せる者はいるか」と叫ぶシーンです。強気な顔つきとセクシーな衣装が絶妙で自分でもかなりのお気に入りです。

三国志乱舞

メーカー
スクウェア・エニックス
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iPhone 4以降、iPod touch 第5世代以降、iPad互換 (第三世代以降)

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧