1. サイトTOP>
  2. KONAMIの新作音ゲー『ポップン リズミン』リリース決定! 声優アイドルグループ“Sweety”のミニライブも開催

KONAMIの新作音ゲー『ポップン リズミン』リリース決定! 声優アイドルグループ“Sweety”のミニライブも開催

2013-09-30 12:52 投稿

声優のミニライブでも盛り上がった新作発表イベント

2013年9月28日、App Store新宿にてKONAMIが新作アプリ『ポップン リズミン』、『GITADORA』のアプリ体験会、およびモバゲーコンテンツ『戦コレ絆クロス』のネイティブアプリ版の発表のほか、スマートフォンアプリ『jubeat plus』、『REFREC BEAT plus』の新バージョン、新楽曲発表会“KONAMI App Premium Event in AppBank Store 新宿”が行われた。また、同会には『戦国コレクション』のOP/EDテーマを歌う“Sweety”がゲストとして登場。ミニライブも行われ、会場はファンの熱気に包まれた。

▲“Sweety”は、声優の高木 友梨香(写真左)、長谷川 唯(写真中央)、竹之内 彩 (写真右)の3名で構成されたユニット。ミニライブでは、『戦コレ絆クロス』のプロモーションビデオでも使用されている、同ユニットの新曲『超夢幻シンフォニア』も披露された。
▲ライブ初披露の『超夢幻シンフォニア』に会場のボルテージはヒートアップ!

奇妙奇怪な絆を探せ!『戦コレ絆クロス』ネイティブアプリリリース決定!!

『戦コレ絆クロス』は、現在Mobageプラットフォーム上で配信されているソーシャルコンテンツ。織田信長や豊臣秀吉をはじめとする史実上の人物や、ヤマタノオロチ、九尾ノ狐をはじめとするの空想上の生き物などがひとつの舞台に登場する新次元ソーシャルコンテンツ。プレイヤーは、お気に入りのキャラクターを成長させながら、さまざまなバトルに挑んでいくという作品だ。また、本作品はキャラクター同士のつながり、絆がポイントとなっており、うまく絆をつないでいくことでスキル連携が発動する。絆は“忠犬ハチ”と“ケルベロス”など予測不能なものが多く、絆を探すのも楽しみのひとつとして演出されている。

『戦コレ絆クロス』は、現在モバゲープラットフォーム上でしかプレイできないが、近日中にネイティブアプリとしてリリースされる予定だ。

▲戦コレ絆クロスのイメージ画像。キュートなキャラクターたちには、それぞれの個性をアピールするようなボイスも収録されている。
美麗なカードも本作の魅力のひとつだ。輝くカードの中から、お気に入りの1枚を見つけよう。

『jubeat plus』、『REFREC BEAT plus』の新バージョン&新楽曲にクローズアップ

『jubeat plus』、『REFLEC BEAT plus』の新バージョンは、ただデザインが変わるだけでなく、それぞれに新機能が追加される。『jubeat plus』には、楽曲に対しオリジナルの譜面を作成できる“譜面EDIT機能”が、『REFLEC BEAT plus』には、未プレイ曲やレベル別で曲をソートする機能のほか、プレイヤーが自由に作成できるプレイリスト機能が追加された。両アプリの新バージョンは、9月28日より配信が開始されている。

▲“譜面EDIT”では、ただ曲に合わせて譜面を打ち込むだけでなく、作成した譜面の中からパターンを作り、任意の場所にコピー&ペーストができる機能など、作成がしやすくなるシステムが搭載されている。
▲『REFLEC BEAT plus』のイメージは、ユーザーからのリクエストが多かったアーケード第2版の「limelight」を採用。

なお、『jubeat plus』の“譜面EDIT”で作成されたオリジナル譜面は、専用サーバーにアップロードすることもでき、アップロードされた譜面はゲームセンターなどに設置されているアーケード筐体でもプレイできるようになるという。専用サーバーを使ったオリジナル譜面公開サービス“jubeat Lab.”は、10月1日によりサービスが開始される。さらに、今回のイベントで、“Sweety”の楽曲パックが配信されることも明らかになった。配信パック内容はまだすべてが明らかになっていないが、『UNLUCKY GIRL!!』、『back into my world』、『超夢幻シンフォニア』のパック封入は明らかにされた。同パックは、近日中にリリース予定とのこと。

新作音ゲーは『ポップン リズミン』と『GITADORA』の2タイトル

新アプリ『ポップン リズミン』は、人気音楽ゲーム『pop’n music』のキャラクターを起用した、新感覚音楽ゲーム。画面の四方八方から飛んでくる同色のノードが重なるところをリズムに合わせてタップしていく、カジュアルながらも遊び応えのあるタイトルになっている。iOS向けに近日配信予定。

『GITADORA』は、その名前から想像できる通り、KONAMIの人気アーケードゲーム『GuitarFrieks』と『DrumMania』をひとつにまとめたネイティブアプリ。本作のリリースにより、アーケードゲームがいつでもどこでも利用できるようになる。また、同アプリは毎日プレイ曲が1曲ずつ増えていく仕様となっているため、毎日新しい挑戦ができる。こちらは、iOS、Android向けに現在配信中。

▲ゲーム画面はこのような感じ。リズムに合わせてノードをタップするだけでなく、連打や押しっぱなしを指示するノードも出現する。
▲実際に少しプレイ。ライトゲーマーでも楽しめるという謳い文句の通り、難易度ノーマルまでは比較的手軽に楽しめるようになっていた。しかし、難しい難易度ともなれば、画面のアチコチからノードが現れるため、てんやわんやのハードな遊び応えが味わえるようになっていた。

GITADORA

ジャンル
音ゲー
メーカー
KONAMI
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
Android 4.0 以上、

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧