1. サイトTOP>
  2. レベルファイブらしからぬ衝撃作品『地球壊滅的B級カノジョ』を作った開発者にインタビュー 

レベルファイブらしからぬ衝撃作品『地球壊滅的B級カノジョ』を作った開発者にインタビュー 

2013-08-15 15:00 投稿

舞台は宇宙へ! 『地球壊滅的B級カノジョZ 宇宙大戦』開発秘話

宇宙人に侵略されて荒廃した世界で、美女たちを傭兵として集めてチームを編成し、スロットで勝負をする……ある意味レベルファイブらしからぬ強烈な世界観とゲーム性を持っている『地球壊滅的B級カノジョ』。

そんな本作のAndroid版『地球壊滅的B級カノジョZ 宇宙大戦』が、2013年8月12日から配信を開始。同時にiPhone版も大型アップデートが行われ、『地球壊滅的B級カノジョ』から『地球壊滅的B級カノジョZ 宇宙大戦』にパワーアップ! 新たに以下の新仕様が追加されることになった。

 

《追加された主な新仕様》
・新パラメーター“愛情度”が追加。傭兵(キャラクター)との愛情度を上げると、結婚することがが可能に
・地上から宇宙に舞台を移し、敵母星へ向けて宇宙を旅する壮大な宇宙ミッションが展開
・宇宙戦艦との戦いや、宇宙人を傭兵にするなど、やり込める要素が大幅に増えている

どのような経緯から、レベルファイブらしからぬ(!?)作品『地球壊滅的B級カノジョ』が生まれ、iPhone版配信開始から約1ヵ月ほどで大型アップデートに踏み切ったのか。そして、新仕様にはどんな狙いがあるのか……。ファミ通App編集部は、プロデューサーの小倉氏、ディレクターの大森氏の2名に詳しいお話を伺ってきた。

 

▲『地球壊滅的B級カノジョ』プロデューサー・小倉健氏(写真左)。『地球壊滅的B級カノジョ』プランナー・大森一磨氏(写真右)。

――アップデートやAndroid版のことを伺う前に、そもそも『地球壊滅的B級カノジョ』を作ることになった経緯からお聞かせいただけますか?

小倉 このゲームの企画を立ち上げたのは、「よい意味でレベルファイブらしくないゲームを作りたい」という思いからでした。スマートフォンという新しいプラットフォームでもあったので、僕としてはせっかくやるなら新しいゲームを作りたかった。だから、準備期間もかなり長めに取って、企画を煮詰めていきました。

大森 1年半くらいはやっていますね。

小倉 ウチのゲームって、『イナズマイレブン』のように子どもに支持されているものもあれば、『レイトン教授』のように幅広い層に響くものもある。ですが、今回は変化球を投げてみたかったんです。僕自身をターゲットにしたゲームというのが、『地球壊滅的B級カノジョ』の裏テーマです。

――小倉さん自身のツボが凝縮されているわけですね。

小倉 そうなりますね(笑)。僕はスマートフォンのゲームでよく遊ぶんですが、おもしろいと思ったらけっこうすぐに課金しちゃうタイプなんです。いろいろなタイトルを遊んできた中で、ほかにはなく、なおかつレベルファイブのブランドとして勝負ができるもの、というのが本作の着想の原点です。ただ、スマートフォンのゲームを制作するのは初めてで、手探りの部分も多くてたいへんでしたね。

――世界観やキャラクター、ゲームシステムなど、いろんなところが奇抜でぶっとんだゲームだと思うのですが、どのような発想から本作が生まれたのですか?

小倉 『地球壊滅的B級カノジョ』を企画した当時は、美麗なカードをウリにしたソーシャルゲームが隆盛を誇っていた時期でした。僕としてはその流れを踏まえつつも、ウチに許されるギリギリのラインを突いたものにしたかった。ウチの考えるキャラクター育成ゲームに、美少女を掛け算したスタイル。僕はそこをまず最初に考えました。

大森 当時はちょうどフィーチャーフォンからスマートフォンへの移行が進んでいた時期で、どちらで作るかを決めかねていました。だから、ゲーム性については後で決まった部分も多いんですよ。ただ、美女と美男子、ドラゴンはすでに一般化していて、その中でも美女はとくに人気が高い(笑)。そういう判断から、美女をメインに扱ったカードゲームということが決まりました。その美女が戦う敵も、「なんだこいつ!?」って思われるような奇抜なものにしたほうが、このゲームのオリジナリティーになるだろうという思いがありました。

――とくにスロットバトルは、爽快感ある演出も気持ちいいですが、お金を賭けているわけでもないのに「つぎ当たるかな?」と思ってついつい回してしまいます。このアイデアはどこから?

小倉
 いい意味でギャンブル性があって、中毒性の高いゲームシステムにしたくて。そのとき、ラスベガスのスロットマシンが思い浮かんだんです。易しすぎず難しすぎず、気軽に楽しめるバランスで、電車での移動中とかちょっとした空き時間に2~3回スロットを回す。そんな遊びかたを考えていました。スマートフォンは画面が小さいので、細かいタップを何回もやらせるのはストレスにしかならないと思って、本当にシンプルなゲーム性にしています。

――スロットでリーチ目のときには、目押し(※パチスロなどでリールの回転を見切り、ボタンをタイミングよく押して狙った絵柄で止めるテクニック)はできるんですか?

小倉
 回転は早いですが、一応はできるようになっていますよ。ただ、目押しを重視した設計にはしていません。あくまで、バトルのどの局面でスキルをどう使うかというところに戦略性を持たせていますので。

――iPhone版の配信から1ヵ月半ほど経ちましたが、現在の手ごたえはいかがですか?

大森 こちらで思っていたプレイヤーの遊びかたと、実際の遊びかたは少し違いましたね。その中のひとつとして要望が多かったのは、キャラクターへの思い入れが反映できるシステムが欲しい、という声でした。世にあるカードゲームは、キャラクターの性能で使うかどうかが決まるものが多い。そういった損得勘定を抜きに、使いたいキャラクターを使ってくれている方が多い印象です。今回のバージョンアップの根底にも、この特徴を伸ばして強みにしようという考えがあります

小倉 サービスインの時点ですでに変えたい部分がありましたし、ある程度はこの配信期間でのアップデートは考えていました。今回はAndroid版をリリースすることが決まって、せっかくなのでタイトル名から思いっきり変更しました。とにかく、パワーアップしたということをタイトルからもわかるようにしたかったんです

――ちなみに、前から気になってたんですが、タイトルの“B級”にはどんな意味が?(笑)

小倉
  シンボルとしては、バトル(battle)のBです。ただ、ほかにもいくつかの意味を込めています。たとえば、B級グルメってあるじゃないですか。以前はマ イナスイメージもあったかもしれないですが、今は安くて美味しいものと認識されていて、市民権を得ています。同じように、庶民的で親近感を覚えるような、ほどよい距離感のゲームにしたかったので、あえてB級という言葉を使っています。ほかにもビューティフル(beautiful)のBとか(笑)。“B級”という単語がユーザーの気に留まればいいな、という狙いもあります。

大規模アップデートで“B級”から“A級”にボリュームアップ!

――ではここからは、アップデートの内容について伺います。いちばん気になるのはやはり“愛情度”と“結婚”です。愛情度は何となく予想できるのですが、結婚とはどういうものですか?

大森
 愛情度はゲームにログインしたときと、キャラクターを合成で育てたときのふたつの場合で上げることができます。愛情度が最高値に達すると、晴れて“結婚”できようになるわけです。お互いに“結婚”という強い絆を結ぶことによって、結婚指輪がもらえるのです。

小倉 この世界では、5人と結婚してもいいことになっているんです。男の憧れである一夫多妻制ですよ?(笑) 

大森 と言っても、すでに強化しきっていてレベルが高いと結婚することもたいへんだと思います。ですので、愛情度が上がりやすい“結婚して宇宙へいこう!”キャンペーンを有効活用していただきたいですね。

 

――結婚指輪をたくさん集めると、何かメリットがあるんですか?

小倉
 結婚指輪を集めてその数が増えれば、新しい“宇宙ミッション”に挑めるようになるんです。

――ここでようやく戦いの舞台が“宇宙大戦”になるわけですね。宇宙ミッションというのは、ほかのミッションとは全然違うものなんですか。

小倉
 ひと言で言うと、壮大なスペースオペラが描かれているかと(笑)。宇宙ミッションを遊んでもらえれば、地球を侵略してきた異星人の情報やストーリーを読み解いていくこともできます。その後も、“○○編”といった形で物語の進行とゲームの展開を考えています。

 

――ユニークな世界観のストーリーも明らかになっていくんですね。3つ目の新仕様である宇宙人を傭兵にするというのは?

大森
 かんたんに言えば、いろんな星を渡り歩いて宇宙人を仲間にできるわけです。たとえば『銀河鉄道999』を連想してもらえればわかりやすいと思うんですが、機械の惑星ならロボット少女を奥さんにできるし、獣の惑星であったら、獣人みたいな女の子と結婚できるんです。「こんな子を嫁にできるの?」というユーザーの楽しみを出していきたいと思っています。地球を襲ってきた謎の宇宙船の正体を探る目的が大筋にあって、そこにサイドストーリーのように絡んでくる感じです。今後にご期待ください。

――そのほかに、“結婚して宇宙へいこう!”キャンペーン以外にも、イベントやキャンペーンは考えていますか?

小倉
 当面は全力で結婚を推進します(笑)

大森 まだ多くを語れませんが、傭兵の女の子と戦うようなイベントがあります。もともとはサービスを開始する前にあった構想で、テストで画面にだしてみたら、それが思いのほかよかった(笑)。直接女の子と対峙して戦って、「勝てたらオマエは俺のもの」みたいな感じにできないかなと思って、いま開発を進めています。もう少しだけお待ちください。

――『キューティーハニー』とのコラボレーション企画もありましたが、これはどのように決まったのでしょうか。

小倉
 じつはまだ言えない“コラボ”企画があるのですが、僕たちが考えるターゲットに向けたものを模索した結果、第1弾として変身美少女のシンボルでもあるキューティーハニーに決まりました。じつは版権元の会社の方が、すでに『地球壊滅的B級カノジョ』で遊んでくれていてすごくスムーズに話を進めることができました。

――キューティーハニーを手に入れれば、キューティーハニーと結婚できるってことですよね? そんなゲームはいままでに聞いたことも見たこともないですよ。

小倉
 そうですね(笑)。業界の定説を打ち破りつつ、イラストも描き下ろしで、ボイスも新たに録り直しで、さらに能力もキューティーハニーだけのオリジナルです。育てがいもあるし、ビジュアルインパクトもあるので、皆さんに喜んでいただけると思います。

――それでは最後に、ファミ通Appの読者の方に向けてメッセージをお願いします。

小倉
 よい意味でレベルファイブらしくない、新しいものを作れたと思っています。それと、ユーザーさんの声には全部目を通してるので、どんどん意見や感想をください。ゲームの中で『Lobi』チャットというユーザーさんたちがコミュニケーションを取れる場も提供し始めましたので、ぜひご活用ください。あ、あとみんなで“金塊”を山分けするキャンペーンもやっていますので、これも要チェックです!

大森 いろんなカノジョを出していますが、まだまだ「俺が満足するカノジョがいない」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。こちらとしても、「これで満足してもらっちゃ困る!」という気持ちです。皆さんが満足するゲームとカノジョを作るようにがんばりますので、ご期待ください。それと、このゲームはキワモノみたいなイメージで見られることも多いのですが、スキルのバランスやデッキの構築など、じつはけっこう戦略的に遊べる内容になっています。まだ遊んだことのない方も、先入観に囚われずに遊んでみてください!

地球壊滅的B級カノジョZ 宇宙大戦

メーカー
レベルファイブ
配信日
iPhone 3GS、iPhone 4、iPhone 4S、iPhone 5、iPod touch(第3世代)、iPod touch (第4世代)、iPod touch (第5世代)、およびiPad に対応。 iOS 4.3 以降が必要 iPhone 5 用に最適化済み/ Android 2.3以上
価格
無料(アプリ内課金あり)

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧