1. サイトTOP>
  2. ブログ>
  3. 大塚角満の熱血パズドラ部!>
  4. 【大塚角満の熱血パズドラ部!】第154回『カオスな夜の、神の宴(最終話)』

【大塚角満の熱血パズドラ部!】第154回『カオスな夜の、神の宴(最終話)』

2013-03-27 19:10 投稿

【ファミ通Appアプリ配信中】
こっちのほうが見やすいよ!

iPhone版はこちら →Android版はこちら

[関連記事]
※【パズドラ:募集】『パズル&ドラゴンズ』ファンのご意見大募集!
※大塚角満の熱血パズドラ部 ~本日も斜め移動日和~ バックナンバー
※【まとめ】『パズル&ドラゴンズ(パズドラ)』攻略ページ

●カオスな夜の、神の宴(最終話)

3回にわたって3月15日に行われた“カオスゴッドフェスフェス”(ゴッドフェスに合わせて仲間で集まり、一斉にレアガチャを回す神聖なイベントのこと)での阿鼻叫喚っぷりを書き連ねてきたが、ここまで書いてきたことといったら、「金タマゴがまったく出ねえ!!」、「ゴーレムはこりごりだ><」、「ドラールの顔なんて見たくない!!!」という、ヘタをすればゴッドフェスのネガキャンともとられかねない暗い暗い内容でありました。

(この調子で会が進んでいったら、とんでもないことになるぞ……)

誰もがそんなことを思い始めたイベントの中盤。瘴気に満ち満ちたイベント会場のトビラがガラリと開き、“ある男”がズンズンと中に入ってきたではないか。

「ども~~~っ!! 遅くなりましたーーーー!!!」

元気に手を振りながら接近してきた男性の顔を見て、俺は腰を抜かすほど驚いてしまった。なんとそこにいたのは、とある実力派開発会社の名物社長、Pさんその人だったのである!! P社長と昵懇のR子さんが声をかけてくれていたらしく、“サプライズゲスト”のような形でのご登場となったってわけ。P社長は、ズラリと並んだ名のある人々の顔を見て、豪快な笑いをぶっ放す。

「やあ大塚さん、ご無沙汰です!! あんまり強くないんですけど、参加させてもらいますわ!! ……って、スゴいメンツが集まってますな! あっはっは!!!」

じつはこのP社長が、イベント会場に満ちていた邪気を吹き払い、とんでもない奇跡を起こすことになるのだが、当然このときは誰もそのことを知らなかった(あたりめーだ)。

P社長が登場したところでもう一度乾杯し、続けて今後の“ガチャ方針”についての協議に入った。「もう2回目の一斉ガチャをやってしまおうか」、「いや、勇者でお茶を濁したほうが……」、「友情ガチャをもう少し……」……。喧々諤々といろんな意見が出るだけで、なかなか方向性は見えてこない。

そんな議論を遠目に眺めていたP社長。そもそも今日が何をするための集まりなのかもわかっていないらしく、「え? えっ? なになに? 何をしてんの??」とR子さんに尋ねている。すると、すでにヘベレケになっていたR子さんが「ガチャよガチャ!! みんなでレアガチャ回してんの!! ゴッドフェスだしっ!!」と言い、さらに「P社長もやんなさいよ!! さあ早く!!!」と恫喝(?)して、P社長をイベント会場の中央まで連れてきたではないか。P社長、何が起こっているのかをよく理解せぬままスマホを取り出し、

「お? あ、ああ、パズドラのレアガチャを回せばいいの??」

と言って、トイレに行って用を足すくらいの自然さで(どんなだ)ガチャを回したではないか!! 騒然とする会場。「ああ……。またゴッドフェスに喰われるものが……」なんて声も聞こえた気がした。

そんな、28個の瞳が注目する中、出てきたのがコイツなんだが……。

参加者のテンションが、一気にこの日のマックスまで振り切れた。

「うおおおおお!!! いきなりキターーーーーッ!!!」と俺。

「すげえ!!! 引きつよっ!!!」とNさん。

「えっ! えっ!? このオンナがどしたの!!? 強いの!?」とR子さん。引いたP社長自身も「ん? これ、いいの??」って感じで、イシスを引き当てた実感がないのがおもしろかったw

それにしてもやはり、金タマゴ+神タイプモンスターの破壊力は抜群だ。あれだけ沈んでいた会場が完全にヒートアップし、期せずして“P社長コール”が沸き起こってしまうんだもの。

「P社長っ!! P社長ッッ!!」

手拍子が鳴り響く中、期待を背負ったP社長は再びレアガチャのレバーに指をかけた。そして、躊躇なくガチャンと下に下げる……!!

もはや、それまでの沈滞した空気はどこにもなかった。

P社長が、風を起こしている--。「ゴッドフェスとは、こういうものぞ!!」と、何をやらされているのかもよくわかっていない無心の力で(笑)、勝利への流れを引き寄せてくれているのだ!

「んじゃ、もう1回引いちゃいますかね!」

物欲ゼロの優しい笑顔で、P社長は3度目のレアガチャを回した。そしたら!!

「きっったああああああ!!!! 神3連発ッッッ!!!! これぞまさしくゴッドフェスッ!!!」

俺は叫んだ。会場も、ワッショイワッショイの大騒ぎである。

そんな中、この日は悲惨なモノばかりを引き当てていたN岡さんがP社長に近付き、横綱に子どもの頭を撫でてもらおうとしている親御さんのように自分のスマホを差し出して、こんな要望をしたではないか。

「P社長!! どうかワタクシのレアガチャを回してもらえませんでしょうか!!? 我に運を!! 我に思し召しを!!!」

するとP社長、「えええ!! そんな、ムリですって! マグレですよ!!w 人様の回すなんてアナタ!w」と恐縮するも、N岡さんのたっての希望で一度だけレアガチャを回す。結果……!

「うおおおおお!!!! ありがとうございます!!!! イズイズ最高!!! 大切に育てますっ!!><」

参加者の心は、ついにひとつになった。神の引きを見せるP社長がそばにいるいま、最後の一斉ガチャを回すしかないではないか!!

「よっしゃ!! やっちゃいますか一斉ガチャを!! 大塚さん、お願いします!!!」

R子さんが宣言した。バトンを受け取った俺は真剣な表情で、「よし、お祈りしましょう!! これが最後ですから!!」と言い、合掌して目を瞑った。

そして5秒ほどの瞑想ののちに目を開けて、この日いちばんの気合がこもった掛け声を出す。

「じゃ、いきまっせ!!! いっせーの、せっ!!!」

会場を、悲喜こもごもの歓声が埋め尽くす。

「きゃーーー!! ロキが出てくれたーーー!!」(T神)

「うおお!!! 1年間待ち続けたネプチューンきた!!」(Iさん)

「千代女!!! 金タマゴなのでオッケー!!!」(Kさん)

「ま、またゴーレム…………………………」(M神)

P社長の神通力はここでも発揮されたらしく、1回目の惨状はウソのように金銀タマゴがゴロゴロと出たらしい。

そんな中、俺はどうだったのか?

ガチャを下ろした体勢のまま固まってしまった俺に気付き、ゴーレム祭りでハートブレイクになったM神が話しかけてきた。

「……お、大塚さん、どうしたの?? 何を引いたの??」

俺、錆びきった首をギギギギギと動かし、無言のままM神に画面を見せた。


きょじ~~~~~~ん……

 堰を切ったように、俺はワアワアと泣きだした。

「な、何がゴッドフェスだ!!>< 何が金タマゴだ!!>< そんなものは、俺のレアガチャの腹からは出てこないんだ>< 時よ戻ってくれえええええ!!><」

テーブルに突っ伏して泣く俺の肩を、ポンポンと誰かが叩いた。

見れば、そこにいたのはクリエイターのTさん。

Tさんは、柔和な顔に寂しそうな笑みを浮かべながら「大塚さん、大丈夫ですよ……」と言い、「これが、この日の僕の成果です」と言って、一斉ガチャと勇者ガチャで引いたモンスターの数々を披露してくれた。それが、↓なんだけど……w





「僕が優勝で、いいですかね……。は、はははは、はは……」

全米が泣いた。

★じつは後日談的な話がいくつかあるんですけど、読者の皆さんが読んでみたいようなら書いちゃおうかなーと。でも、「ガチャばかりやってないでプレイしろ!!」ってのもわかるので、ちょっと考え中ですw

大塚角満(おおつか・かどまん)……週刊ファミ通、ファミ通コンテンツ企画部副編集長。編集業務のかたわら、執筆活動を精力的にこなしており、多数の連載記事を持つ。著書に、『モンスターハンター』シリーズのプレイ日記をまとめた『逆鱗日和』シリーズが9作、『ダークソウル』のプレイ日記をまとめた『折れてたまるか!』シリーズが2作品ある。現在、ファミ通.com上でブログ“大塚角満のゲームを読む”、“『ドラゴンズドグマ』で暮らす”、アメーバブログで“大塚角満のブログ”などを連載中
※ゲームを“読む!”はこちら
※大塚角満のブログ (Ameba)

 

【ファミ通Appアプリ配信中】
こっちのほうが見やすいよ!

iPhone版はこちら →Android版はこちら

※2013年3月21日発売予定の“ファミ通App iPhone&Android NO.006”では、『パズドラ』1周年記念特集を掲載!

パズル&ドラゴンズ

メーカー
ガンホー・オンライン・エンターテイメント
公式サイト
https://pad.gungho.jp/
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iOS/Android

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧