1. サイトTOP>
  2. 【Androidおすすめアプリ】ひと駅、ひとイケメン! 『山の手男子』

【Androidおすすめアプリ】ひと駅、ひとイケメン! 『山の手男子』

2012-11-30 21:00 投稿

●東京は駅ごとに別世界なのです

新宿、池袋、秋葉原、原宿……。それぞれの駅には、オシャレな街、デンキの街といったように、それぞれ異なるイメージがありますよね。そしてその街をホームにする人々にも、個性があるというもの。そんな、駅ならではのイケメンを探し出して仲良くしちゃおうというのが、この『山の手男子』です。各駅のイメージにぴったりなイケメンたちと、都会で過ごす甘い日々をお楽しみくださいませ。

▲彼女は主人公……ではなく、主人公が勤務する編集プロダクションの上司、ナツキ先輩。黙っていれば美しくてカッコイイ理想的な女性なのだが……。

▲仕事のことになると、この顔です。取材はとにかくゴリ押し、中途半端は許さない! 主人公はこの先輩に振り回されます。

●入社3年目の雑誌編集者に転機が!

主人公は、有名な女性ファッション誌を手がける編集プロダクションに勤務する編集者。強引でちょいSな先輩たちに囲まれて、充実した日々を過ごしています。そんな主人公が、ついに大きな企画を任されることになりました。それが“山の手男子”。池袋や秋葉原などの街を象徴するようなイケメンを探し、徹底的に取材するというもの。街を象徴するようなイケメンを決めるなんて責任重大ですが、女ならやってやれ! というわけでさっそく、各駅のイケメン探しに出かけました。

▲これは池袋のイケメン、花園葵くん。公園で考え事をしていた主人公を心配し、声をかけてくれます。おだやかで優しい癒やし系男子。ゆるめの首元にドキドキしちゃう……。食べちゃおうかしら? いけない、我慢我慢。

▲秋葉原のイケメン、芹沢輝くん。電機屋さんの前で、運命の出会いをします。ちょっと女性に慣れていないような……。ここはお姉さんがいろいろと教えてあげたらいいのかしら? ダメ、我慢しなきゃ!

▲ゲームが進むと4人のイケメンから、ひとりを選んで密着取材を行うことになります。序盤で全員としっかり交流できますので、気になった人を選びましょう。

今回は原宿のイケメン、青山爽介くんを選んでプレイします。彼は現役高校生なので、社会人の主人公からはずいぶん年下です。彼の魅力はギャップ。年下とは思えないほど頼りになる部分と、年下だなぁと納得させられるカワイイ部分を併せ持っています。普段おだやかだったり、かわいかったりする男性がたまに男らしいと、ドキッとしますよね。そうです、これがいわゆるギャップ萌えです。年上好きな人もスルーしないでしっかりチェックしましょう。(メガネをクイっ)

●まずは取材を受けてもらわなくちゃ始まらない

▲青山くんは最初、取材を断ります。「なんで!? どーして?」 あまり目立つのが好きではない青山くんを説得するところから始まります。

▲グイグイ押すだけでは仕方がないので、理由をつけてプライベートに同行し、少しずつ心を開いてもらいましょう。あああ、この笑顔、まぶしいよぉ……。

出会いは、主人公がピンチを助けられたところから始まります。ヒールが折れて歩けなくなっていた主人公に、「ぶかぶかだけど……」と言いながら、買ったばかりの靴を貸してくれた青山くん。キミ、やさすぃ~ね~! その靴を返すという名目で、翌日再会することになります。取材を頑なに断る青山くんですが、主人公の仕事に対する想いと人柄に触れるうちに、少しずつこちらを受け入れてくれるようになります。はい、ここ注目ですよ! このあたりの心の動きは非常に少年っぽくて、「してやったり」という気持ちと「かわいいな」というふたつの気持ちをくすぐられちゃうんです。くすぐられまくって顔がニヤけます。最終的に、取材を受けてくれることになると、青山くんに密着する日々が始まります。密着密着ぅ!
▲困っている主人公を、都会の人々が見て見ぬフリをする中、青山くんだけが優しく手を差し伸べてくれます。もう! こんなの、惚れるしかないじゃないですか!

▲ナツキ先輩と同じくらいドSで強引な会社の上司、新藤先輩。イケメンですが、山の手男子ではありません。主人公の取材をサポートしたり引っかき回したりします。個人的にですが、ドSな人に命令されるのもキライじゃありません。

▲時々出現する選択肢で、青山くんの心を掴めそうな回答を考えます。これまでの会話をしっかり覚えて、女子力を発揮すればうまくいく……はず!

青山くんのプライベートに密着して取材をするも、先輩たちは物足りない様子。そして……そんな先輩たちの無茶振りで、主人公は高校生に変装し、青山くんの学校に潜入取材をすることになりました! しかも男子校です。無茶振りにも程がありますが、先輩たちには逆らえません。それに、女子が男装して男子校に入るドラマだってありますよね。意外にバレないものかもしれません。イケメンパラダイスにレッツ潜入です♪

▲校内で友人と喋る青山くん。普段、主人公に対しては「年上の女性」としてつねに丁寧に接しているだけに、この高校生らしい口調になんだかキュンとしちゃいます。

▲放課後には主人公を、校内のヒミツの場所へと案内してくれます。ふたりだけのヒミツを共有し、心の距離がどんどん近付いていきます……。

このあとも、先輩からの無茶振り指令のために、主人公と青山くんにはいろいろなハプニングが起こります。彼が時々ぽそりと漏らす、ドキッとする言葉の真意は……。ううーん、言いたいけど言えない! ぜひゲームをプレイしてお楽しみください。

●イベントストーリーはルーレットでゲット!

本編とは別に、期間限定のイベントストーリーや、特別なスチルが用意されています。それらを手に入れる方法は……なんとルーレット! 毎日回して、期間内にイベントゲットを狙いましょう。体力回復などのサポートマスもあります。確実にイベントをゲットしたい場合は、有料のチケットを消費すれば、必ず当たりマスに停止するようになります! この期間限定イベント……正直、あま~いです。選択肢はなく、ふたりの甘い時間をたっぷりと楽しめます。本編とは違った表情を見せてくれるので、刺激的ですよ。イベントでしか手に入らないスチルも、めちゃめちゃ甘い! チケットでも眼力でも呪いでも、使えるものは使って、目当ての男子のイベントを手に入れましょう!

▲これが、運命を司るルーレットです。各キャラが描かれたマスに止まると会話が発生。3回止まればスチルゲットです。イベントマスに止まると、ランダムで1キャラのイベントが手に入ります。

▲今回プレイしたイベントでは、新規オープンのレストランを手伝うため、青山くんがウエイターに挑戦します。緊張がセリフの端々からひしひしと伝わってきて、かわいい!

それと、『山の手男子』はぜひ、音の出せる環境でプレイしてください。櫻井孝宏さん、置鮎龍太郎さんといった、名前を聞くだけで体温が上昇する豪華声優陣が、イケメンたちの声を担当しています。声に負けじと画像も素敵。既存の乙女ゲームでは珍しく、HD解像度に対応しています。まばたきなどの、キャラの動きも滑らか。乙女ゲームに求められる“シナリオ”、“声”、“画質”をしっかりと抑えてくれています。家庭用ゲーム機で乙女ゲームは数多く遊んだという目の肥えたプレイヤーさんにも、是非お試しいただきたいです。

山の手男子

メーカー
エイタロウソフト
価格
無料(アプリ内課金あり)

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧