1. サイトTOP>
  2. ブログ>
  3. 大塚角満の熱血パズドラ部!>
  4. 【大塚角満の熱血パズドラ部!】第97回『暗黒の女神(その1) ~ピースは揃ったか~』

【大塚角満の熱血パズドラ部!】第97回『暗黒の女神(その1) ~ピースは揃ったか~』

2012-11-19 16:38 投稿

[関連記事]
※大塚角満の熱血パズドラ部 ~本日も斜め移動日和~ バックナンバー
※【まとめ】『パズル&ドラゴンズ(パズドラ)』攻略ページ
※『パズドラ』で爆笑したい人のための『大塚角満の熱血パズドラ部』まとめ

●暗黒の女神(その1) ~ピースは揃ったか~

ヘラに挑むにあたり、俺はまわりにいるベテランプレイヤーからまったく助言をもらわなかった。加えて、ネットで検索して攻略方法をチェックする……ということもせず、オノレの脳ミソから紡ぎ出されたつたない戦略を頼りに最凶女王に挑もうとしていたのだ。これは言ってみれば、風車と対峙するドン・キホーテ、神にケンカを売る青銅聖闘士、範馬勇次郎に突っ込んで行く本部以蔵のようなものか(いやよくわからんが)。

しかし唯一、頼みの綱として、無課金プレイヤーの光の道・T神が遺してくれた(死んじゃったみたいだな……)、ゾンビパーティーによる“ヘラ・ノーコンクリアー”を達成したときのスクリーンショットが手元にあった。そこに写っていたのは、即死攻撃を食らっても踏ん張る“根性”系のスキルを持つモンスターをリーダーに、“超攻撃タイプ”と言っても過言ではないベビーマッチプラスを中心としたパーティー構成で、

根性回復根性回復根性回復根性回復根性回復根性回復根性回復根性回復根性回復根性回復根性回復根性回復根性回復根性回復根性回復根性回復根性回復根性回復根性回復根性回復根性回復根性回復根性回復根性回復根性回復根性回復根性回復根性回復根性回復根性回復根性回復根性回復根性回復根性回復根性回復根性回復根性回復根性回復根性回復根性回複根性回復根性回復根性回復根性回復根性回復根性回復根性回復根性回復根性回復根性回復根性回復根性回復根性回復根性回復根性回復根性回復根性回復根性回復根性回復根性回復根性回復根性回復根性回復根性回復……

と、ゲシュタルト崩壊を起こしそうなほど根性と回復をくり返してヘラを倒して退けた……というものだった(ちなみに上記の根性回復の中に、1ヵ所だけ誤字が入ってるんだけどわかるかな?)。「十分なほど情報得てるじゃん」という声は、この際スルーすることにします。

で、当ブログの第85回~第87回の記事を読んでもらえばわかると思うが、俺はHPが低いかわりに攻撃力が頭抜けて高い……という特性を持つ“攻撃タイプ”のモンスターに着目し、せっせとそれらを育てたのでありました。こんな感じに。


●ベビーマッチプラス(Lv.49):HP98、攻撃1740

●タウロスデーモン(Lv.49):HP535、攻撃1095

●フラワーキマイラ(Lv.37):HP612、攻撃1074

どれも低HP、高攻撃力という見事なまでの西高東低的な(意味不明)ステータスとなった(……どうでもいいけど、3匹とも中途半端なレベルで成長が止まっているのが、じつに俺らしいと思う)。なかでも、特筆すべきはやはり、ベビーマッチプラスで、ほぼMAXのレベルながらHP98の攻撃力1740は驚異的以外のナニモノでもない。

「男は攻撃だ! 攻撃力に全ポイント振っちゃえ!」

ってんで、レベルアップごとにもらえるポイントすべてを攻撃力に注ぎ込んでしまった、小学生男子が作ったRPGの残念キャラのように見えてならない。しかし、彼の奇妙なまでの偏りがゾンビパーティーでは怖いほど活きて、俺に新たな道筋を見せてくれることになるのである。

俺はこの3頭にプラスして、“彼女こそ序盤を駆け抜ける切り札”と確信して育てていた“紅蓮の女帝・エキドナ”を加える。というのも、ゾンビパーティーの最大の弱点は、根性が発動したあとにもう1発攻撃を食らってしまうことなので(根性発動でHPが1だけ残ったところに攻撃を食らったら間違いなく死ぬからな)、敵の攻撃頻度を減らすことができるスキル“威嚇”を持つエキドナに「お願いします赤蛇様~!!」と土下座せんばかりの勢いですがったというわけだ。

てな感じでできた“対ヘラ用パーティー”は、こんな感じであります。

リーダーはもちろん、ド根性を持つオロチだ。じつはオロチ、リーダースキルのド根性だけではなく、エキドナの威嚇同様に敵の攻撃頻度を下げてくれるスキル“威圧”の使い手でもあるので、俺の戦略にはもってこいのリーダーというわけ。そして助っ人は、フレンドリストから厳選したアマテラスオオカミ。彼女の超回復とオロチのド根性、そして攻撃タイプのモンスターのパワーをもって、暗黒の女王を引きずり出してやるのだ!!

……ってじつはすぐに、このパーティーには“重要なピース”がひとつ抜けていることがわかるのだが……。

長くなるので、それは次回にしよう。

■書名:大塚角満の熱血パズドラ部
■発売:2012年9月20日
■価格:998円[税込]
■体裁:モノクロ272ページ

Amazonでの予約はこちら (スマホで見る場合はこちら)
ebtenでの予約はこちら

大塚角満(おおつか・かどまん)……週刊ファミ通、ファミ通コンテンツ企画部副編集長。編集業務のかたわら、執筆活動を精力的にこなしており、多数の連載記事を持つ。著書に、『モンスターハンター』シリーズのプレイ日記をまとめた『逆鱗日和』シリーズが9作、『ダークソウル』のプレイ日記をまとめた『折れてたまるか!』シリーズが2作品ある。現在、ファミ通.com上でブログ“大塚角満のゲームを読む”、“『ドラゴンズドグマ』で暮らす”、アメーバブログで“大塚角満のブログ”などを連載中
※ゲームを“読む!”はこちら
※大塚角満のブログ (Ameba)

 

パズル&ドラゴンズ

メーカー
ガンホー・オンライン・エンターテイメント
公式サイト
https://pad.gungho.jp/
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iOS/Android

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧