1. サイトTOP>
  2. ブログ>
  3. 大塚角満の熱血パズドラ部!>
  4. 【大塚角満の熱血パズドラ部!】第80回『神、降臨す』

【大塚角満の熱血パズドラ部!】第80回『神、降臨す』

2012-10-12 16:15 投稿

[関連記事]
※大塚角満の熱血パズドラ部 ~本日も斜め移動日和~ バックナンバー
※【まとめ】『パズル&ドラゴンズ(パズドラ)』総合ページ

●神、降臨す

パズドラ』が最新のバージョン4.2にアップデートされ、魅力的な新モンスター、進化モンスターが大量導入された。それらが紹介されている記事を読み、あまりにもクオリティーの高い、新たな仲間たちのイラストに目を見張る。

「地味な存在だったセレスが、これほど派手に成長するとは……。闇バージョンの、ドSな目線がたまらん……」

「うわ……! 闇のヴィーナスもヤバいな! この、居丈高で官能的な表情で罵ってもらいたい……><」

どんだけマゾなんだ……って感じですがね。俺の観察はまだまだ続く。

「デタ! ミネルヴァの究極進化!! セレスと並ぶ目立たない神だったけど、ついにヴァルキリーに匹敵する戦女神になったな!!」

「ハーデスもすげえ!! 超悪そう!!! 鎌がケルベロスの顔になってるし!!!」

パズドラ』が多くの人に受け入れられている要因のひとつは、間違いなく魅力的なモンスターのイラストにある。なかでも、400体にも及ぶモンスターの中で最高峰に位置する“神タイプ”の存在感は別格で、究極進化以前から、イラストが放つオーラはすさまじいものがあった。

まさに、すべてのパズドラーの憧れにして目標。

そんなセレスやヴィーナス、ハーデスなどがよりかわいく、かっちょいい姿になるってんだから、迷うことなく究極進化させてしまいたいと思う。俺はすぐさま『パズドラ』を立ち上げ、モンスターボックスの中を隅から隅までチェックした。しかしすぐに顔を上げて「はぁ……」と1発重いため息をつき、呪いの言葉を吐き出す。

「……神タイプなんて1匹もいねええええええええええっ!!!!!」

ここまでレアガチャ運に見放されている男も珍しいと思うわ……。

でもじつはいま、「……そういえばゲームスタート時に回せるレアガチャで、エンジェルをゲットしてたな。確かエンジェルは神タイプだったはず」と確信してデータを見たら、この子は思いっきり“回復タイプ”でした(苦笑)。あー恥ずかしい。

いくらすばらしい究極進化が待っていようと、その元となるモンスターがいなければ話にならない。文字通り、絵に描いた餅だ。現状、ほとんどの神タイプはレアガチャでしか手に入らないので、どうにかここで引き当てるしかない。

「うーむ……」

ダークサイドに片足を突っ込んだ状態で、俺は『パズドラ』公式サイトの新モンスター紹介ページを見た。そこには、個人的に待ちに待っていた“北欧神”シリーズのモンスターがズラリと並んでいる。もともと神話マニアの俺だが、どこか人間臭さが漂う北欧神話はギリシア神話に匹敵する大好物。見ればこのたびのアップデートで、フレイ、イズン&イズーナ、フレイヤ、トール、ロキ、オーディンなんていう、北欧神話の名優たちがこぞって導入されている……。しかも……。

「……この、フレイヤのかわいさはどうしたことだ……? 木属性のかわいこちゃんに加えて、まわりにはびこるネコどもの魅力ときたら……!」

興奮して、声がデカくなる。

「木属性、かわいこちゃん、ネコ……! ……これは俺の好みの大三元っ!!!」

わめき始めた。

「わかりましたよ山本さんっ!!! 俺にフレイヤをゲットしろってことですねっ!!! そのためのデザインなのですねっ!!! ええ、わかりました! 受け取りましたともその心!! さあこうしちゃいられない」

俺はすぐさまレアガチャルームに入り、魔法石5個を支払った。タイミングがいいことに、神シリーズの出現率が“超絶×2UP”となるゴッドフェスが開催中である。これはもう、天の神様が俺に「いましかないよ!」と言っているようなものではないか。幸い、『パズドラ』には祈るべき神様がたくさんいる。

「アマテラス様スサノオ様ゼウス様ヘラ様ヴァティー様!」

そこまで一気に言ったところで、俺は考え込んだ。「えーっとそれから」。

しばらく考えてみたが、なかなかそれ以上が出てこなかった。このへんが、神と無縁の無課金プレイヤーの限界か。

まあいいや。

レアガチャルームに入った俺は、意を決してガチャのレバーを下ろした。密かに貯め込んだ魔法石は、ガチャ3回分ある。さあ一気にいくぞ!!!

 1回目!!

いきなり金タマゴキターーーーーーーーーーーッ!!! これは神確定!! フレイヤ確定!!!! いままでレアガチャで沈んでいたのは、この日のために運を溜めていただけなのだっ!!! さあこいフレイヤ!!! わが胸に飛び込んでおいで!!! で、タマゴが割れると……。


(見づらくてスマンw)

……ん? 誰だオマエは。どこの神様デスカ? 俺は人見知りなので、まったく見たことのないモンスターが現れるととたんにキョドってしまうのだ。慌てて名前を確認すると……。

“グリプスライダー”

とある。そこで俺は、パチンと手を叩いた。

「なるほど。これが新たに導入された“ライダー”シリーズのモンスターか。うん、これは悪くない。いきなり新モンスターを引けることなんて、過去になかったもの」

うんうんうんうん……と50回くらい頷いて、俺はどうにか納得しようとした。グリプスライダー自体は目新しくてうれしいのだが、やっぱりここは神タイプ、それもフレイヤが欲しい。俺は気合も新たに、2回目のチャレンジに向かった。

「さあこいフレイヤ!! いまこそ我が手元に!!!」

すると……。

「ぎ、銀タマゴ……。イヤな予感…………」

そして……。

「わあああああああ!!!! こ、ここにきてのアルラウネ!!!! お、おまえのことは確かに好きだけど、もう10匹くらいいるんですけど!!!」

まさかの古女房・アルラウネの登場に会場(?)騒然。思わず「俺は何も見なかった」とつぶやいて、最後のレアガチャに手をかけた。そして、祈る。

「神様!! お願いです!! どうかワタクシに神タイプのモンスターを!! もう“フレイヤ一択で”なんて言いません!! ヘラでもゼウスでもいいですから!!」

ヘラとゼウスはレアガチャでは出ないと思ったが、ドサクサに紛れて注文する。そして、最後のレアガチャは下に下ろされた。

「き、金タマゴプラスっ!!!!!!!」

でも、喜ぶのはまだ早い。もしかしたらまた、グリプスライダーかもしれないのだ。緊張の一瞬……。そのタマゴから出てきたのは……!!

あ……。

デタ…………!

『パズドラ』を始めたばかりのころから、ずっと欲しかった“あの”モンスターが、忘れたころにやってきてくれたぞ……!!! スマホを天に突き上げながら、俺は声の限りに叫んだ!

よっしゃああああああああ!!!! オロチきたあああああああ!!!! つ、ついに!! ついに欲しかった神の一角を手に入れたぞおおおおおおおお!!!!」

 苦節半年--。

大塚角満はついに、神タイプのモンスターを手に入れたのでした。それも、“大当たり”と言っても過言ではないオロチを……。

 後日。

うれしさのあまり、しばらくのあいだオロチをリーダーにして放置していたんだけど、山本プロデューサーを始めとするフレンドの方々から、立て続けにパズドラメールが来て笑ってしまったよ。いわく「いつのまにオロチを!!!!」、「超大当たりですね!!!!」、「ついに課金しやがったな!!?」などなど……。おかげで、ますます『パズドラ』へのモチベーションが上がったのでした。

おしまいw

■書名:大塚角満の熱血パズドラ部
■発売:2012年9月20日
■価格:998円[税込]
■体裁:モノクロ272ページ

Amazonでの予約はこちら (スマホで見る場合はこちら)
ebtenでの予約はこちら

大塚角満(おおつか・かどまん)……週刊ファミ通、ファミ通コンテンツ企画部副編集長。編集業務のかたわら、執筆活動を精力的にこなしており、多数の連載記事を持つ。著書に、『モンスターハンター』シリーズのプレイ日記をまとめた『逆鱗日和』シリーズが9作、『ダークソウル』のプレイ日記をまとめた『折れてたまるか!』シリーズが2作品ある。現在、ファミ通.com上でブログ“大塚角満のゲームを読む”、“『ドラゴンズドグマ』で暮らす”、アメーバブログで“大塚角満のブログ”などを連載中
※ゲームを“読む!”はこちら
※大塚角満のブログ (Ameba)

[関連記事]
※大塚角満の熱血パズドラ部 ~本日も斜め移動日和~ バックナンバー
※【まとめ】『パズル&ドラゴンズ(パズドラ)』総合ページ

パズル&ドラゴンズ

メーカー
ガンホー・オンライン・エンターテイメント
公式サイト
https://pad.gungho.jp/
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iOS/Android

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧