1. サイトTOP>
  2. ゲーム攻略>
  3. パズル&ドラゴンズ>
  4. スペシャルダンジョン>
  5. 伝説龍>
  6. 【パズドラ攻略:ダンジョン編】スペシャルダンジョン“伝説の氷龍”に挑む!

【パズドラ攻略:ダンジョン編】スペシャルダンジョン“伝説の氷龍”に挑む!

2012-09-20 01:28 投稿

●氷龍・ニブルヘイム対策は必須!

2012年9月17日より14日間出現しているスペシャルダンジョン“伝説の氷龍”は、最深部に氷龍・ニブルヘイムが待っている、水属性のモンスターしか現れないダンジョン。氷龍・ニブルヘイムは、中級でさえ17100ものダメージを与えてくる危険なモンスターだ。今回は、氷龍・ニブルヘイムに負けないようなチーム作りを、クリアー事例を交えて紹介!

[関連記事]
※大塚角満の熱血パズドラ部 ~本日も斜め移動日和~ バックナンバー
※【まとめ】『パズル&ドラゴンズ(パズドラ)』総合ページ


●木属性の攻撃力を最大まで上げよう!

“伝説の氷龍”に出現するモンスターは、すべて水属性なので弱点である木属性のモンスターを中心にチームを編成すれば、サクサク進むことができる。さらに、リーダー、助っ人を木属性のモンスターの攻撃力を上げるリーダースキルにすれば、攻撃力が非常に高い氷龍・ニブルヘイムから攻撃を受ける前に倒せるようになるはずだ。

いちばんのオススメは、エンシェントドラゴンナイトをリーダーと助っ人にした、攻撃力6.25倍のチーム。メンバーに木属性のドラゴンを2体以上用意できれば、圧倒的な攻撃力でダンジョンを突き進めるぞ。木属性のドラゴンを2体以上用意できない場合は、木属性のダメージを2倍にするリーダースキルを持つモンスターを2体用意し、ほかのメンバーをすべて木属性にするといい。

木属性モンスターの攻撃力を十分に確保できない場合は、リーダーか助っ人のどちらかを”根性”または”ド根性”を持つモンスターにして氷龍・ニブルヘイムからの攻撃に備えるといい。道中が不安なら、さらにもう一方を水属性ダメージを半減するリーダースキルにして、長期戦覚悟で氷龍・ニブルヘイムからの攻撃に耐える、という作戦に切り替えよう。

【木属性モンスターの攻撃力を上げるリーダースキルを持つモンスター】
大地の力:味方の木属性モンスターの攻撃力が2倍になる
(大花龍ブラキオス、ファフニール、樹天龍・ホウライ、旋風機龍・カノープス)
碧炎の星:火と木属性モンスターの攻撃力が2倍になる
(碧炎星・イフリート)
碧氷の星:水と木属性モンスターの攻撃力が2倍になる
(碧氷星・リヴァイアサン)
紅樹の星:木と火属性モンスターの攻撃力が2倍になる
(紅樹星・ファフニール)
蒼樹の星:木と水属性モンスターの攻撃力が2倍になる
(蒼樹星・ファフニール)
輝樹の星:木と光属性モンスターの攻撃力が2倍になる
(輝樹星・ファフニール)
黒樹の星:木と闇属性モンスターの攻撃力が2倍になる
(黒樹星・ファフニール)
碧光の星:光と木属性モンスターの攻撃力が2倍になる
(碧光星・神龍)
碧闇の星:闇と木属性モンスターの攻撃力が2倍になる
(碧闇星・ティアマット)【ドラゴンタイプのモンスターの攻撃力を上げるリーダースキルを持つモンスター】
龍騎士の怒り:ドラゴンタイプの攻撃力が2.5倍になる
(エンシェントドラゴンナイト)【HPがゼロになる攻撃を受けてもふんばることがあるリーダースキルを持つモンスター】
根性:HPが最大HPの70%以上の場合に100%発動
(レッドオーガ、サムライオーガ、ブルーオーガ、アイスオーガ、オーガ、アーマーオーガ、タイタン、ギガンテス)
ド根性:HPが最大HPの50%以上の場合に100%発動
(オロチ、ヤマタノオロチ)【水属性ダメージを半減するリーダースキルを持つモンスター】
氷の防壁:水属性モンスターから受けるダメージを半減する
(ネプチューン、海王神・ネプチューン、氷龍・ニブルヘイム、マーリン、クリスタルオーロラドラゴン)
氷炎の防壁:水と火属性モンスターから受けるダメージを半減する
(メガロドラン)
魔氷の防壁:闇と水属性モンスターから受けるダメージを半減する
(ドラウンジョーカー)
▲エンシェントドラゴンナイトは、このダンジョン以外での需要も高く、助っ人で用意しやすい強力なモンスター。▲大花龍ブラキオス、ファフニール、樹天龍・ホウライ、旋風機龍・カノープスは、いずれもHPや攻撃力が高く、チームメンバーとしても頼りになる。

●氷龍・ニブルヘイムまでの道のり

“伝説の氷龍”に用意された難度は、中級、上級、超級の3つ。バトル数は、中級は5で、上級と超級は10となっている。上級と超級の場合、バトル5で氷塊龍プレシオス、バトル9でマーメイドとセイレーン(上級ではマーメイド2体とセイレーン、超級ではセイレーン2体)が出現する。

超級に挑む場合、バトル1~4、6~8で現れる、毎ターン3510ものダメージを与えてくるフロストデビル、2ターンで5010ダメージを与えてくるアクアナイトが大きな障害となる。木属性モンスターの攻撃力を上げておけば、木属性の攻撃1回で敵をほぼ全滅させられるが、ドロップ運が悪いと攻撃できないこともある。モンスターの出現数が少ないバトル1、2でターン数を稼ぎ、スキルを発動できる状態にしておけば、ゲームオーバーになることを未然に防げるはずだ。このテクニックについては、こちらを参考に。

※チームにいない属性色のドロップを消してスキル発動ターン数を稼ぐテクニック

▲木ドロップがあるうちは、苦戦することなく進むことができる。できるだけ木属性の全体攻撃を行うことを意識して進もう。▲超級のバトル9で戦うセイレーンは、2ターンごとに5280ものダメージを与えてくる。集中攻撃で1体倒したら、氷龍・ニブルヘイム戦に向けてスキル発動ターン数を稼ごう。

●氷龍・ニブルヘイムを倒せ!

氷龍・ニブルヘイムは、攻撃までに8ターンかかるものの、中級で17100、上級で31903、超級で68910という、規格外のダメージを与えてくる。ドロップ変化や直接ダメージを与えるスキルなどを惜しみなく使って、攻撃される前に倒してしまうのが理想。ちなみに、水属性モンスターから受けるダメージを半減するリーダースキルをリーダーと助っ人に起用し、さらに“防御の構え”や“鉄壁の構え”のスキルでダメージを半減させれば、氷龍・ニブルヘイムから受けるダメージを8分の1まで軽減できる。超級でも8614ダメージになるので、スキルを持つモンスターが複数体いれば、攻撃を受けながら倒すことも可能。

【各難度で氷龍・ニブルヘイムから受けるダメージと攻撃頻度】
中級:17100ダメージ(8ターン)
上級:31903ダメージ(8ターン)
超級:68910ダメージ(8ターン)

▲超級は、”根性”や”ド根性”のリーダースキルで耐えるのが楽。スキルをフル活用して素早く倒そう。攻撃ターンが遅くなる”威嚇”や、水属性のダメージを無効化する“大地の結界”も有効。

氷龍・ニブルヘイムを倒すとタマゴを落とすことがある。落とす確率は、難度に比例して高くなるが、消費するスタミナも比例して多くなるため、ゲームオーバーになったときのリスクも高くなる。今回紹介した攻略法を実践できるなら超級、チームの戦力に不安がある場合は上級でタマゴ獲得にチャレンジしよう!

 

[関連記事]
※大塚角満の熱血パズドラ部 ~本日も斜め移動日和~ バックナンバー
※【まとめ】『パズル&ドラゴンズ(パズドラ)』総合ページ

パズル&ドラゴンズ

メーカー
ガンホー・オンライン・エンターテイメント
公式サイト
https://pad.gungho.jp/
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iOS/Android

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧