1. サイトTOP>
  2. 【iPhoneおすすめアプリ】宇宙人から牛を守れ! って設定はぶっ飛んでるけど、ゲームは良質『Saving Moo』

【iPhoneおすすめアプリ】宇宙人から牛を守れ! って設定はぶっ飛んでるけど、ゲームは良質『Saving Moo』

2011-12-02 13:30 投稿

●UFOを迎え撃つとか、なんスかその世界観!?

牧場主が宇宙人に掠われ人体実験をされた結果、驚異のサイキックパワーが身についた! つぎ に宇宙人が掠おうとしているのは牧場の牛。この牛を守るため、牧場主はサイキックパワーを使って兵器を牛に施し、UFOを迎え撃つ! というなんとも変 わった設定のゲームが今回のおすすめだ。徹夜つづきで企画を考えたのか、おかしな物でも食べたのか……。しかしぶっ飛んだ設定とは裏腹に、ゲームは意外と しっかり作られたタワーディフェンス系のストラテジーゲーム。モーとかメゥーとか呑気に鳴いている牛の背中にポップコーンが飛び出したりニワトリを打ち上 げたりする兵器を設置して、襲来するUFO群を迎え撃つというシュールな戦いに、バカなゲームだなぁと思いつつ病みつきになる、それが『Saving Moo』なのである。

 

 

IMG_01.png
IMG_02.png
▲グラフィックは“これぞ洋ゲー”という感じのテイスト。好き嫌いは分かれると思うけど、これもこのゲーム“味“なんです。

 

このゲームは細かいところも“おバカ”で妥協がない。牧場主の軍資金は、牛が一定量の牧草を 食べた後にひねり出す“牛糞”。これを飼料として卸しているのかバイオマス燃料として卸しているのかは分からないけど、とにかくこの牛糞で小銭を稼ぐこと で、新たな牛を仕入れたり兵器(の原料となる物)を仕入れる。もちろん成長した牛はよく食べよく糞をするし、大きな牛は大きな糞をするので収入効率はよく なる。そして貯め込んだ軍資金でトウモロコシやニワトリを仕入れて兵器に変え、牛の背中にくくりつけて襲撃してくるUFOを迎え撃つ。筆者も「オレは一体 なにを書いてるんだ?」と思わずにはいられないほどハチャメチャ設定なのは分かってもらえただろうか……。

 

IMG_03.png
▲ゲーム画面だけでも“おバカ”っぷりは伝わると思うけど、牛やニワトリの鳴き声にポップコーンを打ち出す軽快な音、そして迫り来るUFOが出す機械音。この異世界のハーモニーは一度聞くともう病みつき。
IMG_04.png
▲大型の牛や新兵器をアンロックするために、まずはキャンペーンモードをサクッと進めちゃいましょう。

 

ぶっ飛んだ設定を取り除いて冷静にゲームを分析すれば、資金源を増やしつつさまざまな効果を 持つ兵器を効果的に配置して迫り来る敵を撃退する、という凄く真っ当なゲームである。一般的なタワーディフェンス系と違って侵入経路のような物はないの で、火力を無駄なく効果的に発揮できるように兵器の種類をどのようなブレンドに仕上げるかがポイント。ゲームモードは兵器などをアンロックしていく全25 ステージのキャンペーンモードと、ひたすらUFOを撃退していくサバイバルモードのふたつが用意されているのでボリュームも十分ある。ちょっと毛色の違う ストラテジーゲームを遊びたいという人には、是非ともおすすめしたい逸品だ。(平野テツヤ)

 

IMG_05.png 
IMG_06.png
▲兵器のコストや性能などは“MOO-PEDIA”で確認できるので、アンロックしたときに詳しい性能を見そびれちゃった、というときでも安心なのです。
IMG_07.png
▲大量のUFOを撃退できたときの達成感はハンパないので、ストラテジーゲームが得意な人は是非挑戦してみて!


【Saving Moo】

メーカー:Clickgamer Technologies Ltd
配信日:配信中
価格:85円[税込]
対応機種:iPhone/iPod touch、iPad
備考:英語版のみ

(C) Espada Entertainment

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧