ウマ娘 プリティーダービー攻略まとめ

ウマ娘 プリティーダービーの攻略記事

【ウマ娘攻略】アリエス杯ルームマッチ定点観測(後半)|人気ウマ娘・脚質・スキル・ステータス傾向のトレンドを分析

2022-04-21 20:17 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

ウマ娘 プリティーダービー

オグリキャップ(クリスマス)が引き続き優勢

バナー

『ウマ娘』にて2022年4月22日から開催されるチャンピオンズミーティング“アリエス杯”。

【アリエス杯 開催期間】
2022年4月22日12時~4月28日11時59分

本記事では、グレードリーグの予選環境を想定した、ルームマッチでのランダム50戦(4月中旬計測)のデータを掲載。育成度合やトレンドの参考にしてほしい。

IMG_2346

・4月19日~20日間に計測
・やる気は“普通”で統一
・プレイヤー3人、各3体出し
・自身の検証用ウマ娘3体は固定出走

⇒検証に使用したウマ娘はこちら

アリエス杯予想まとめ

【優勢と見られるウマ娘】
逃げ:ミホノブルボン(バレンタイン)、マルゼンスキー(水着)
先行:オグリキャップ(クリスマス)
デバフ枠(独占力):グラスワンダー、シンボリルドルフ、エイシンフラッシュ(バレンタイン)

オグリキャップ(クリスマス)がとくに強力
・逃げは“アングリング×スキーミング”が必須。“グッときて♪Chu”、“オペレーション・Cacao”も優先度が高い
・逃げ、先行は“キラーチューン”が欲しい
・差しは“彼方、その先へ…”、“レッツ・アナボリック!”の継承、“ノンストップガール”が有効
・“良バ場の鬼”は全脚質にオススメ

ウマ娘の採用率(対象300体/100プレイヤー)

※検証用ウマ娘は除く

ウマ娘採用数
オグリキャップ(クリスマス)55
ミホノブルボン(バレンタイン)42
グラスワンダー24
マルゼンスキー(水着)19
メジロドーベル19
セイウンスカイ13
ゴールドシップ11
ナリタブライアン10
シンボリルドルフ9
アグネスデジタル9
ダイワスカーレット7
メジロライアン7
サトノダイヤモンド6
オグリキャップ5
ナイスネイチャ5
エイシンフラッシュ(バレンタイン)5
ヒシアマゾン5
ファインモーション4
トウカイテイオー3
キタサンブラック3
アグネスタキオン3
アドマイヤベガ3
ライスシャワー3
トウカイテイオー(新衣装)2
ゴールドシチー(和服)2
タマモクロス2
ミホノブルボン2
エアグルーヴ2
マチカネフクキタル(フルアーマー)2
マヤノトップガン2
スマートファルコン2
カワカミプリンセス2
メジロアルダン2
メイショウドトウ2
ウオッカ1
ヤエノムテキ1
エアグルーヴ(ブライダル)1
ゴールドシチー1
セイウンスカイ(新衣装)1
エイシンフラッシュ1
サクラチヨノオー1
スペシャルウィーク1

オグリキャップ(クリスマス)は前半の計測と同様にトップ。半数以上のプレイヤーが採用していた。

逃げではミホノブルボン(バレンタイン)が大きく数を伸ばす結果に。固有スキルで早い段階でハナを取りやすく、本チャンピオンズミーティングでは、自前スキルの大半が有効活用できることからも人気なようだ。

対して、“独占力”によるデバフ入り編成は、前半の計測に比べるとやや数を抑えることに。

これは「高水準で完成したオグリキャップ(クリスマス)+逃げ2体」を筆頭としたエース3体編成が増えたことに起因しているが、“独占力”が有効に働くケースも十分あるため、手持ちや好みによっては選択肢に入ってきそうだ。

キャラ勝数(50戦)

ウマ娘勝数
(うち検証用ウマ娘)
オグリキャップ(クリスマス)22(6)
ミホノブルボン(バレンタイン)9(2)
マルゼンスキー(水着)5
サトノダイヤモンド3
アグネスデジタル2
ゴールドシップ2
グラスワンダー2
オグリキャップ1
セイウンスカイ1
メジロドーベル1(1)
アドマイヤベガ1
ファインモーション1

1位ウマ娘の脚質分布

グラフ

前半の計測と同じく、「だれかのオグリキャップ(クリスマス)が勝つ」ようなレースが半数近くを占めた。反面、水準の高い逃げウマ娘が増加した結果か、差しは若干勝率を落とすことに。

なお、検証で確認できた勝利ウマ娘の多くは、スピードとパワーが1200に近く、賢さは1000以上だった。優勝を狙いに行くならば、ステータスに差が付く“良バ場の鬼”をはじめとした緑スキルの取得や、距離適正Sは最低限目指したほうがいいだろう。

1位ウマ娘のステータス平均とスキル保有率(先行)

※集計対象のべ25体。うち検証用娘ウマ6勝

スピードスタミナパワー根性賢さ
119970011796411078

距離適性:S(24体)、A(1体)
バ場適性:A(25体)
脚質適性:S(3体)、A(22体)

スキル名保有数
聖夜のミラクルラン!(固有)22
スリーセブン22
弧線のプロフェッサー19
栄養補給18
良バ場の鬼15
U=ma2(継承)12
ノンストップガール12
先行直線○12
中距離コーナー◎12
一番星12
スタミナキープ11
抜け出し準備11
真っ向勝負11
スピードスター10
先行直線◎10
ありったけ9
中距離直線◎8
先行のコツ◎8
先行コーナー◎8
右回り◎7
キラーチューン7
中距離コーナー○7
中距離直線○7
先行コーナー○7
シューティングスター(継承)6
垂れウマ回避6
テンポアップ6
直滑降6
尻尾上がり6
好位追走5
直線巧者5
末脚5
先行のコツ○5
巧みなステップ5
絶対は、ボクだ(継承)4
コーナー回復○4
食いしん坊4
根幹距離○3
彼方、その先へ…(継承)3
晴れの日○3
ペースアップ3
地固め3
晦冥を照らせ永遠の耀き(固有)2
勝利の鼓動(継承)2
Shadow Break(継承)2
コーナー後者○2
右回りの鬼2
外枠得意○2
集中力2
かく乱2
遊びはおしまいっ!2
軽やかステップ2
Fairy tale(固有)1
汝、皇帝の神威を見よ(継承)1
先頭の景色は譲らない…!(継承)1
白い稲妻、見せたるで!(継承)1
G00 1st.F∞;(継承)1
コーナー巧者1
右回り○1
徹底マーク○1
中山レース場○1
良バ場○1
春ウマ娘◎1
ポジションセンス1
晴れの日◎1
アガってきた!1
逃げけん制1
先行ためらい1
闘争心1
スリップストリーム1
ワンチャンス1
ウマ好み1
前のめり1
アオハル点火・力1
イナズマステップ1
束縛1

先行で勝利したのは、オグリキャップ(クリスマス)が22体、サトノダイヤモンドが2体、ファインモーションが1体。

オグリキャップ(クリスマス)は、アグネスタキオンの“U=ma2”を継承した個体が多数。また、“一番星”のリソースをべつのスキルに回した育成も多数見かけた。

ほか、先行で優先度の高いスキルは、“キラーチューン”、“ノンストップガール”、“スピードスター”など。ステータスを仕上げたうえで距離適正Sを取得し、ランダムイベントを完走させることを考えると育成難度は高いが、エース起用する際には挑戦する価値はあるだろう。

1位ウマ娘のステータス平均とスキル保有率(逃げ)

※集計対象のべ9体。うち検証用ウマ娘2勝

スピードスタミナパワー根性賢さ
120069911736811085

距離適性:S(8体)、A(7体)
バ場適性:A(15体)
脚質適性:S(1体)、A(14体)

スキル名保有数
アングリング×スキーミング(継承)14
良バ場の鬼13
地固め12
先駆け11
脱出術10
一番星10
オペレーション・Cacao(固有)9
先頭プライド9
コンセントレーション8
逃げのコツ○8
逃げコーナー○8
キラーチューン8
危険回避7
中距離コーナー◎6
逃げ直線◎6
逃げ直線○6
尻尾上がり6
グッときて♪Chu(固有)5
右回り◎5
根幹距離○5
弧線のプロフェッサー5
中距離直線◎5
中距離コーナー○5
急ぎ足5
オペレーション・Cacao(継承)4
先手必勝4
中距離直線○4
逃げコーナー◎4
右回り○3
遊びはおしまいっ!3
勝ち鬨ワッショイ!(継承)2
直線巧者2
末脚2
勢い任せ2
じゃじゃウマ娘2
押し切り準備2
集中力2
アングリング×スキーミング(固有)1
先頭の景色は譲らない…!(継承)1
勝利の鼓動(継承)1
春ウマ娘◎1
中山レース場○1
内枠得意○1
内枠得意◎1
コーナー回復○1
春ウマ娘○1
垂れウマ回避1
外枠得意○1
コーナー巧者○1
二の矢1
スリーセブン1
綺羅星1
ポジションセンス1
食い下がり1

逃げはマルゼンスキー(水着)、ミホノブルボン(バレンタイン)が2強。いずれも固有スキルで序盤、中盤で前を取りやすく、最終的に“アングリング×スキーミング”につなげる立ち回りが勝ち筋だった。また、両者ともに固有スキルが優秀なことから、どちらを育成する際にも互いの固有を継承させることが重要と見られる。

なお、セイウンスカイ本人は、固有スキルまでつなげられれば非常に強力ながら、そこに至るまでにマルゼンスキーかミホノブルボンにハナを取られ、固有が不発するケースが頻発していた。採用するならば、“グッときて♪Chu”、“オペレーション・Cacao”はいずれも継承させたほうがいいだろう。

1位ウマ娘のステータス平均とスキル保有率(差し)

※集計対象のべ7体。うち検証用ウマ娘1勝

スピードスタミナパワー根性賢さ
118875911626231085

距離適性:S(7体)
バ場適性:S(1体)、A(6体)
脚質適性:A(7体)

スキル名保有数
一番星7
彼方、その先へ…(継承)6
レッツ・アナボリック!(継承)6
良バ場の鬼4
ノンストップガール4
十万バリキ4
右回り◎3
弧線のプロフェッサー3
乗り換え上手3
精神一到何事か成らざらん(固有)2
中山レース場○2
直線巧者2
垂れウマ回避2
位置取り押し上げ2
迅速果断2
差し切り体勢2
外差し準備2
独占力2
差しコーナー○2
差しコーナー◎2
尻尾上がり2
勝利の鼓動(固有)1
晦冥を照らせ永遠の耀き(固有)1
尊み☆ラストスパー(゚∀゚)ート!(固有)1
彼方、その先へ…(固有)1
ディオスクロイの流星(固有)1
汝、皇帝の神威を見よ(継承)1
Shadow Break(継承)1
フラワリー☆マニューバ(継承)1
曲線のソムリエ1
良バ場○1
右回りの鬼1
根幹距離○1
アガってきた!1
コーナー回復○1
臨機応変1
中距離コーナー◎1
中距離直線◎1
ウママニア1
中距離コーナー○1
ワンチャンス1
差し直線○1
テンポアップ1
逃げためらい1
イナズマステップ1
中距離直線○1
先行ためらい1
差しのコツ○1
シンパシー1
差し直線◎1
ウマ好み1
起死回生1
静かな呼吸1
前のめり1
アオハル点火・力1
闘争心1
がんばり屋1

差しは、オグリキャップ、グラスワンダー、サトノダイヤモンド、アグネスデジタル、メジロドーベル、アドマイヤベガらが勝利。先行・逃げのように、特定のウマ娘が突出して強力という結果にはならなかった。

高水準の逃げ・先行が集中したレースでは勝利が難しいケースが散見したが、エースとして起用する場合は、メジロライアンの“レッツ・アナボリック!”、メジロドーベルの“彼方、その先へ…”などと合わせ、“ノンストップガール”は覚えさせておいたほうがいいだろう。

1位ウマ娘のステータス平均とスキル保有率(追込)

※集計対象のべ3体

スピードスタミナパワー根性賢さ
11937871188599998

距離適性:S(3体)
バ場適性:A(3体)
脚質適性:A(3体)

スキル名保有数
彼方、その先へ…(継承)3
強攻策3
一番星3
不沈艦、抜錨ォッ!(固有)2
レッツ・アナボリック!(継承)2
追込直線◎2
ウマ好み2
ノンストップガール2
中距離直線◎2
末脚2
尊み☆ラストスパー(゚∀゚)ート!(固有)1
中山レース場○1
弧線のプロフェッサー1
右回り◎1
春ウマ娘○1
イナズマステップ1
下校後のスペシャリスト1
前のめり1
追込のコツ○1
ワンチャンス1
良バ場の鬼1
ペースアップ1
内枠得意○1
束縛1
直線巧者1
直線回復1
中距離コーナー○1
下校の楽しみ1
ホークアイ1
ウママニア1
追込直線○1

追込で勝利したのは、ゴールドシップが2体、適正を上げたアグネスデジタルが1体。どの個体も“レッツ・アナボリック!”、“彼方、その先へ…”と合わせ、追い込み専用の“強攻策”を覚えていた点が共通していた。

今回の追込は“直線一気”が有効ではないものの、アグネスデジタルは“ウママニア”、ゴールドシップはその下位スキルの“ウマ好み”を自前で覚えられ、これが有効に働くケースもある。起用する際は優先的に取得していいだろう。

検証に使用したウマ娘

クリスマス・オグリキャップ(先行/勝率12%)

クリオグリ

【保有スキル】
聖夜のミラクルラン!(固有)
シューティングスター(継承)
良バ場の鬼
弧線のプロフェッサー
スタミナキープ
抜け出し準備
中距離コーナー○
先行直線○
先行コーナー○
直滑降
栄養補給
先行のコツ◎
スリーセブン
ありったけ
一番星

バレンタイン・ミホノブルボン(逃げ/勝率4%)

 
チョコボン

【保有スキル】
オペレーション・Cacao(固有)
アングリング×スキーミング(継承)
勝ち鬨ワッショイ!(継承)
右回り◎
根幹距離○
良バ場の鬼
弧線のプロフェッサー
集中力
先駆け
脱出術
中距離直線○
中距離コーナー○
逃げ直線○
逃げコーナー○
危険回避
地固め
一番星

メジロドーベル(差し/勝率2%)

ドーベル

【保有スキル】
彼方、その先へ…(固有)
Shadow Break(継承)
レッツ・アナボリック!(継承)
右回り◎
良バ場の鬼
弧線のプロフェッサー
差し切り体勢
外差し準備
中距離コーナー○
差し直線○
差しコーナー○
シンパシー
起死回生
前のめり
一番星

ウマ娘 プリティーダービー

対応機種iOS/Android/ブラウザ
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
メーカーサイゲームス
公式サイトhttps://umamusume.jp/
公式Twitterhttps://twitter.com/uma_musu
配信日配信中
コピーライト

関連ツイッター

Amazon人気商品ランキング 一覧を見る