『シン・クロニクル』リリース日公開の前に物語面をおさらい!やり直しのきかない分岐が見どころ

2022-03-04 20:00 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

シン・クロニクル

プレイヤーごとに異なる物語が展開

セガより配信予定の新作スマホ向けRPG『シン・クロニクル』。

2022年3月6日の生放送ではリリース日も公開予定となっており、いよいよ配信も近づいてきたことを感じさせる。

そこで本記事では、『シン・クロニクル』の物語面にスポットライトを当て、本作の内容をまとめて紹介していく。

奈落の深淵に挑む騎士たちの冒険譚

本作の舞台となる大陸・ヘルドラには奈落と呼ばれる大穴が空いており、そこから人類の敵となる魔物たち“黒の軍勢”が出現している。

黒の軍勢が地上に対し“蝕(しょく)”と呼ばれる大侵攻を仕掛けており、その脅威から地上を守るのが“境界騎士団”と呼ばれる戦士たちだ。

主人公はこの境界騎士団の一員として、奈落の深淵を目指していくことになる。

20220228_シンクロ (29)

▲本作の主人公。名前は自由に設定できる。

05_境界騎士団

▲境界騎士団にはさまざまな出自を持つ者が集まる。騎士団は東西南北の各方面に存在し、主人公が属するのは南方騎士団。

20220228_シンクロ (1)
20220228_シンクロ (2)

▲奈落は第13層にまで及ぶとされ、その最深層に黒の軍勢を生み出す何かがあると考えられている。

大規模な蝕で初陣を飾った主人公だったが、戦いの最中に奈落へと落ちてしまう。そして瘴気の中を彷徨ううちに、謎の書物・クロニクルとクロニクルから現れた精霊・ミュトスに出会う。

ミュトスの力によって瘴気から守られた主人公は、記憶を失くした少女・クロエを発見し、彼女とともに何とか生還を果たす。

奈落からの生還という功績を認められ、奈落を調査する部隊の隊長に任命された主人公は、改めて冒険へと挑むのだった。

20220228_シンクロ (3)
20220228_シンクロ (4)

▲主人公を導くクロニクルと相棒となるミュトス。ミュトスは瘴気に包まれた奈落の中で主人公たちを守る役割も果たす。

20220228_シンクロ (5)
20220228_シンクロ (6)

▲奈落で助けた少女・クロエとともに生還した主人公は、部隊を率いる隊長に任じられる。

20220228_シンクロ (7)
20220228_シンクロ (8)
20220228_シンクロ (9)

▲部隊の仲間たちはいずれも何かしらの過去を抱えており、最初はギスギスした空気が漂う。

奈落から生還した主人公の身に付けた力が、自身や味方の“死の未来”を視る能力だ。

主人公たちは各界層を調査していくことになるが、奈落に入るたびに主人公は味方が全滅する未来を目撃することになる。

死の未来ではそこにつながる“鍵の言葉”が示され、その言葉を別の言葉で書き換えることによって未来を変えていく。

20220228_シンクロ (10)
20220228_シンクロ (11)
20220228_シンクロ (12)

▲死の未来では部隊の壊滅がムービーで描かれる。ここに出てくる言葉がまさにキーワードとなる。

20220228_シンクロ (13)
20220228_シンクロ (14)

▲戦闘やキャンプ中の会話などで仲間と絆を深め、死を乗り越える言葉を引き出すことで未来は変えられる。

そしてこの未来の書き換えは、本作最大の特徴とも言える“やり直しのきかない選択”につながっていく。

本作では“物語の記録”という項目からそれまでに見たストーリーを振り返り、選択肢はその都度選び直すことができるが、各章の終盤に関しては話が変わってくる。

物語のクライマックスでは“運命の選択”と呼ばれる重大な決断を下すことになるのだが、ここでの選択はやり直すことができず、選ばなかった選択肢でどのような物語が紡がれるかは確認することができないのだ。

この決断は物語的にもかなり大きな違いを生み出すもので、登場するキャラクターの命運がかかっていることもあり、プレイヤーをかなり悩ませてくれる。

20220228_シンクロ (15)
20220228_シンクロ (16)

▲選択肢はふたつ、しかし選べるのはひとつ。一度決定してしまえば、やり直すことはできない。

20220228_シンクロ (17)

▲通常の選択肢はストーリーを振り返る際に既読の表示が出るため、会話のバリエーションを確認しやすくなっている。

20220228_シンクロ (18)

▲運命の選択における決断は味方として加入するキャラクターにも影響する。ゲーム性の面でもかなり悩ましい要素だ。

運命の選択はやり直すことができず、しかも場合によっては特定のキャラクターが物語から退場してしまうこともある。

プレイヤーごとに異なる物語を楽しめるので、あそこでどんな選択をしたか、この選択をすると物語はどうなるのか、など展開についてほかのプレイヤーと話し合うのも楽しめるだろう。

また、各章にはキーキャラクターが存在し、対応したメインストーリーのゲストキャラクターを深掘りするような物語が読める。

どのキーキャラクターを仲間にできたかによっても、物語の見えかたが少し変わってくるだろう。

20220228_シンクロ (19)

▲後述するが、キーキャラクターには物語的な要素だけでなくゲーム的なメリットも用意されている。

行動順が鍵を握るバトルとハクスラ要素

『シン・クロニクル』のクエストは、マップ内の移動とバトルをくり返して進行する。

マップ内には敵シンボルが徘徊しており、接触することでバトルが発生する。いわゆるシンボルエンカウント方式だ。

20220228_シンクロ (27)
20220228_シンクロ (25)

▲敵シンボルと接触する前に攻撃を仕掛ければ、戦闘開始時にダメージを与えられる。

バトルは各キャラクターが順番に行動する一種のターン制だが、敵味方が一斉に動くのではなく、素早さが高い順に行動を開始する。

味方が連続で攻撃し、チェイン数を増やすほどダメージが上昇していくので、行動する前の敵を倒して味方の手番を連続させ、チェイン数を稼ぎながら戦うのがポイントだ。

20220228_シンクロ (20)

▲行動順は画面下に表示される。敵のアイコンをタッチして攻撃対象を選ぶことも可能だ。

20220228_シンクロ (21)

▲行動はBPを消費して行う。限られたBPをスキルと通常攻撃にどう使い分けるかがミソ。

20220228_シンクロ (22)

▲ダメージを与えたり攻撃を受けたりすることでゲージが溜まり、オーバードライブという強力な技を発動できる。

クエスト自体はマップ最奥にいるボスを倒せばクリアーできるが、マップ内を徘徊している敵からは武器などがドロップする。

手に入る武器は性能がランダムになっており、いわゆるハクスラ要素も楽しめる。

20220228_シンクロ (24)
20220228_シンクロ (30)

▲各章のキーキャラクターを編成していると、グレードの高い武器が入手しやすくなる。

『シン・クロニクル』のリリース日が公開される生放送は、3月6日20時より配信される。

ゲーム最新情報も公開されるとのことなので、こちらも忘れずにチェックしておこう。

【配信ページはこちら】

なお、ゲームの詳細なシステムや所感については、今後公開されるプレイリポートにて紹介する。

システム等について詳しく知りたい人はそちらもチェックしてほしい。

シン・クロニクル

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG
メーカーセガ
公式サイトhttps://sin-chronicle.sega.jp/
公式Twitterhttps://twitter.com/sin_chronicle
配信日配信中
コピーライト

Amazon人気商品ランキング 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧