ウマ娘 プリティーダービー攻略まとめ

ウマ娘 プリティーダービーの攻略記事

【ウマ娘攻略】アクエリアス杯ルームマッチ定点観測(前半)|人気ウマ娘・脚質・スキル・ステータス傾向のトレンドを分析

2022-02-04 19:15 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

ウマ娘 プリティーダービー

追込以外の勝率が拮抗

バナー

『ウマ娘』にて2022年2月中旬に開催予定のチャンピオンズミーティング“アクエリアス杯”。

本記事では、グレードリーグの予選環境を想定した、ルームマッチでのランダム50戦(2月上旬計測)のデータを掲載。育成度合やトレンドの参考にしてほしい。

レース情報

・2月3日~4日間に計測
・やる気は“普通”で統一
・プレイヤー3人、各3体出し
・自身の検証用ウマ娘3体は固定出走

⇒検証に使用したウマ娘はこちら

アクエリアス杯予想まとめ

・逃げは、地固めアングリング×スキーミング(セイウンスカイ固有)の継承がほぼ必須
・先行は、エルコンドルパサーが優勢
・差しは、乗り換え上手豪脚(もしくは下位スキルの上昇気流)の取得を推奨
・ダート適正Bでミホノブルボン(バレンタイン)を採用する場合は、パワーを盛ってフォロー

ウマ娘の採用率(対象300体/100プレイヤー)

※検証用ウマ娘は除く

ウマ娘採用数
オグリキャップ47
エルコンドルパサー45
アグネスデジタル42
スマートファルコン34
マルゼンスキー(水着)28
ゴールドシチー(和服)22
ミホノブルボン(バレンタイン)19
オグリキャップ(クリスマス)17
タイキシャトル11
ハルウララ(和服)9
ヒシアマゾン6
グラスワンダー5
エルコンドルパサー(モンク)4
ゴールドシチー2
ハルウララ2
ナイスネイチャ2
メジロライアン1
ウオッカ1
マルゼンスキー1
セイウンスカイ1
メジロドーベル1

ダート適正の高いウマ娘が多くないこともあり、これまでのチャンピオンズミーティングに比べるとキャラクターのバリエーションは少なめ。

もっとも人気だったのはオグリキャップ。クリスマス衣装も合わせると、ダントツでの採用率を見せた。

なお、ミホノブルボン(バレンタイン)はダート適正がGのため、まともに戦うには大量のダート因子が必要。ただし自前で“地固め”と“コンセントレーション”を覚えられる強みもあってか、多く見かけることとなった。

ナイスネイチャやメジロドーベルはバ適正を上げ切っていないデバフ枠での採用だったが、今回の計測ではデバフ専門のウマ娘の採用は多数派ではなかった。

キャラ勝数(50戦)

ウマ娘勝数
(うち検証用ウマ娘)
アグネスデジタル13(8)
エルコンドルパサー11(7)
スマートファルコン6
ミホノブルボン(バレンタイン)5
オグリキャップ4
マルゼンスキー(水着)4
ハルウララ(和服)2
オグリキャップ(クリスマス)2
ゴールドシチー(和服)2
エルコンドルパサー(モンク)1

1位ウマ娘の脚質分布

グラフ

アグネスデジタル、エルコンドルパサー、スマートファルコン、オグリキャップ、マルゼンスキー(水着)、ミホノブルボン(バレンタイン)らの勝率がとくに高かった。

脚質としては追込以外の採用率が多数を占め、分布もこれに倣ってほぼ平均化された形となった。

1位ウマ娘のステータス平均とスキル保有率(差し)

※集計対象のべ20体。うち検証用娘ウマ8勝

スピードスタミナパワー根性賢さ
11896201064464921

距離適性:S(10体)、A(10体)
バ場適性:S(6体)、A(14体)
脚質適性:S(2体)、A(18体)

スキル名保有数
乗り換え上手19
アオハル点火・速16
尊み☆ラストスパー(゚∀゚)ート!(固有)12
狙うは最前列!12
外枠得意○11
弧線のプロフェッサー11
差しコーナー○11
良バ場◎9
末脚9
差し直線○9
アガってきた!8
展開窺い8
レコメンド8
十万バリキ7
レッツ・アナボリック!(継承)6
マイルコーナー◎6
豪脚5
勝利の鼓動(固有)4
良バ場○4
上昇気流4
負けん気4
前列狙い4
紅焔ギア/LP1211-M(継承)3
ノンストップガール3
マイル直線○3
差しコーナー◎3
遊びはおしまいっ!3
113転び114起き(固有)2
勝利の鼓動(継承)2
左回り◎2
位置取り押し上げ2
外差し準備2
差し直線◎2
アオハル点火・力2
コンドル猛撃波(固有)1
GET DOWN(固有)1
好転一息1
カッティング×DRIVE!(継承)1
冬ウマ娘◎1
尊み☆ラストスパー(゚∀゚)ート!(継承)1
円弧のマエストロ1
臨機応変1
昇り龍1
東京レース場○1
冬ウマ娘○1
コーナー巧者○1
垂れウマ回避1
布石1
マイル直線◎1
アクセラレーション1
努力家1
差しのコツ○1
一匹狼1
スリップストリーム1
シンパシー1
がんばり屋1
アオハル燃焼・速1

差しで勝利したウマ娘の20体中19体が“乗り換え上手”を取得。合わせて、差しと相性のよい“豪脚(もしくは下位スキルの上昇気流)”を覚えさせられればベストだろう。

なお、勝利したアグネスデジタルのすべてが、実質的な固有スキルである“狙うは最前列!(前列狙いの上位スキル)”を持っていたことから、今回のチャンピオンズミーティングでは有効に働くと思われる。

また、前回のチャンピオンズミーティングに引き続き、オグリキャップの固有スキル“勝利の鼓動”は強力。合わせて、メジロライアンの固有である“レッツ・アナボリック!”を継承させた個体も散見した。

勝利数こそ少なかったが、エルコンドルパサー(モンク)は、“豪脚”や“昇り龍”といった強力な金スキルを自前で取得可能なことから、仕上がれば非常に有力と見られる。

恩恵の少ない根性15%補正が育成で足を引っ張りやすい一方で、才能開花をしやすい通常のエルコンドルパサーと2択になるというデメリットはあるものの、キャラやサポートカードが豊富ならば選択肢としてアリだろう。

1位ウマ娘のステータス平均とスキル保有率(逃げ)

※集計対象のべ15体

スピードスタミナパワー根性賢さ
11916321036423878

距離適性:S(7体)、A(8体)
バ場適性:S(7体)、A(11体)、B(2体)
脚質適性:S(1体)、A(14体)

スキル名保有数
アングリング×スキーミング(継承)14
地固め14
逃げのコツ○12
プランチャ☆ガナドール(継承)10
スピードイーター9
コンセントレーション8
急ぎ足8
アオハル点火・速8
キラキラ☆STARDOM(固有)6
根幹距離○6
良バ場○6
脱出術6
逃げコーナー◎6
尻尾上がり6
オペレーション・Cacao(固有)5
マイルコーナー◎4
ギアシフト4
先頭プライド4
チャート急上昇!4
グッときて♪Chu(固有)3
逃げ直線○3
押し切り準備3
前列狙い3
晴れの日○2
左回り◎2
冬ウマ娘○2
弧線のプロフェッサー2
先手必勝2
集中力2
コーナー回復○2
マイル直線○2
積極策2
マイル直線◎2
逃げコーナー○2
遊びはおしまいっ!2
スリーセブン2
勢い任せ2
貴顕の使命を果たすべく(継承)1
勝利の鼓動(継承)1
オペレーション・Cacao(継承)1
左回り○1
週流力1
対抗意識○1
注目の踊り子1
東京レース場○1
恵福バルカローレ(継承)1
コーナー巧者1
臨機応変1
良バ場◎1
円弧のマエストロ1
コーナー巧者○1
ポジションセンス1
アガってきた!1
逃亡者1
先駆け1
マイルコーナー○1
ペースアップ1
スリップストリーム1
レコメンド1

前回と異なり、今回のチャンピオンズミーティングではセイウンスカイから継承できる“アングリング×スキーミング”が有効。合わせて序盤の加速に有効な“地固め”は、勝利した逃げウマ娘のほぼすべてが取得していた。

検証用のスマートファルコンは地固めナシの個体を採用したが、こちらの勝率は0%。序盤でほかの逃げウマ娘と競り合うことができないうえ、終盤では自チームのエルコンドルパサーの固有発動を阻害するシーンも多数あった。地固めの取得、及びその発動条件(序盤で3つスキルを使用、緑スキルが望ましい)を満たせない場合は、先行か差しに枠を割いたほうがよさそうだ。

なお、ミホノブルボン(バレンタイン)は、勝利した5体の内2体はダート適正がBだったが、いずれもパワーを1100以上にしつつ、“良バ場”でフォローするなどで対策していた。ダート適正を上げきれずに出走させる際は、パワーをしっかり盛ることを意識したほうがいいだろう。

1位ウマ娘のステータス平均とスキル保有率(先行)

※集計対象のべ14体。うち検証用ウマ娘7勝

スピードスタミナパワー根性賢さ
11976089514301088

距離適性:S(10体)、A(4体)
バ場適性:S(5体)、A(9体)
脚質適性:A(14体)

スキル名保有数
アオハル点火・速13
プランチャ☆ガナドール(固有)11
左回り◎9
コーナー巧者○9
マイル直線◎9
スピードスター8
集中力8
先行直線○8
先行のコツ○8
東京レース場○7
伏兵○7
直線巧者7
一陣の風7
まき直し7
アガってきた!5
弧線のプロフェッサー4
尻尾上がり4
前列狙い4
好位追走3
負けん気3
抜け出し準備3
逃げためらい3
真っ向勝負3
聖夜のミラクルラン!(固有)2
プランチャ☆ガナドール(継承)2
良バ場◎2
先行直線◎2
マイルコーナー◎2
先行ためらい2
ギアシフト2
栄養補給2
かく乱2
スリーセブン2
遊びはおしまいっ!2
GET DOWN(固有)1
ブリリアント・レッドエース(継承)1
根幹距離◎1
冬ウマ娘◎1
オペレーション・Cacao(継承)1
ぐるぐるマミートリック(継承)1
コーナー回復○1
直線回復1
冬ウマ娘○1
末脚1
差しためらい1
スピードイーター1
先行コーナー◎1
ふり絞り1
ラッキーセブン1

先行で勝利したのは、エルコンドルパサー、オグリキャップ(クリスマス)、ゴールドシチー(和服)の3体。

中でも勝率の高かったエルコンドルパサーは、最低限のダート改造で使用できるうえ、固有スキルが発動できた際は極めて強力。★3ウマ娘に比べると才能開花をしやすくステータスも盛りやすいことから、本選でも引き続き多く見かけることが予想される。

ただし、逃げウマ娘が多い際は最終直線で前に進み切れず固有が発動しないこともある。コーナー・直線系スキルの取得と合わせ、発動条件であるスタミナに余裕を持たせる(もしくは回復スキルや“東京レース場”で補う)などして、固有発動をフォローしておきたい。

その他の勝利ウマ娘のステータスと保有スキル(追込)

アグネスデジタル(1体)

スピードスタミナパワー根性賢さ
12006051041408843

距離適性:S
バ場適性:A
脚質適性:A

【保有スキル】
尊み☆ラストスパー(゚∀゚)ート!(固有)
レッツ・アナボリック!(継承)
弧線のプロフェッサー
仕掛け抜群
直線一気
上昇気流
追込コーナー◎
尻尾上がり
レコメンド
狙うは最前列!
アオハル点火・速

追込で勝利したのは、脚質適正を上げたアグネスデジタル1体のみ。さらに、追込の採用率そのものが非常に低かった。

ほかの追込はヒシアマゾン、ハルウララ(和服)らを見かけたが、こちらで勝利した個体はいなかったことから、追込自体が本チャンピオンズミーティングでは有利と言えない可能性が高い。

検証に使用したウマ娘

アグネスデジタル(差し/勝率16%)

IMG_0170

エルコンドルパサー(先行/勝率14%)

IMG_0169

スマートファルコン(逃げ/勝率0%)

IMG_0168

ウマ娘 プリティーダービー

対応機種iOS/Android/ブラウザ
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
メーカーサイゲームス
公式サイトhttps://umamusume.jp/
公式Twitterhttps://twitter.com/uma_musu
配信日配信中
コピーライト

Amazon人気商品ランキング 一覧を見る