『シン・クロニクル』オンラインイベント改修の詳細や新たな要素も発表!2/2公式生放送で発表された情報まとめ

2022-02-03 00:28 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

シン・クロニクル

オンラインイベントの改修内容の詳細報告や新要素の実装、新たなキャンペーン情報も

2022年2月2日、セガより配信予定のスマホ向け新作RPG『シン・クロニクル』の開発進捗などを紹介する公式生放送番組“『シン・クロニクル』開発レターLIVE(サービス準備報告)”が配信。

 
34

本作の総合ディレクターを務める松永純氏とディレクターを担当する小林久志氏が出演し、開発進捗をはじめとした今後のサービス展開に関する情報が発表された。

 
35

本稿では、生配信で公開された情報をまとめて掲載する。

オンラインイベントの改修の詳細

まずはオンラインイベント『世界ノ終わり』についての開発状況が発表された。複数のプレイヤーで共闘するレイドイベントで、CBTでの意見を元にした改修について触れられ、UI周辺やそのほか細かな調整内容が発表された。

 
4
 
5

①時間指定型の縛りを緩め、自分のペースで遊びやすく
オンラインイベント発生時間を広げ、少なくとも丸一日程度は遊べるということで、時間に余裕を持ってプレイすることが可能になる。

6

②巨大エネミーが発生していないときでも、ひとりで楽しめるクエストを導入
巨大エネミーが発生していなくてもひとりで楽しめる新規のサブクエストが実装され、クリアーすると装備が手に入るという。時間の制約がなく、暇なときにコツコツ進められるサブクエストで、エネミーが発生していない時間帯に遊べなかったり、そもそもレベルが低くて参加できないというプレイヤーに向けた施策となっている。

 
7

③バトルルールや報酬バランスを「奪い合い」から「助け合い」に
ボスを仕留めたプレイヤーだけが報酬を独り占めするような仕様だったが、戦闘に参加した全員がアイテムをもらえるようになり、プラスアルファとして活躍したプレイヤーに追加の報酬が手に入るという形に改修。また、バトルを補助するアイテム“水銀の砲弾”の数を減らし、威力も調整された。

 
8
 
9

④バトルの仕様をターン制バトルに
バトルの仕様をターン性バトルに変更し、ターン数制限などのルールが追加。ただし、レイドバトルの特性上、戦闘画面のまま放置して待っていることで有利になる状況を防ぐために、かなりの余裕がある時間設定ではあるが、タイマーも追加されている状態となっている。

 
10

⑤オンラインイベント全体のUIを改修
“使徒の撃破数”が表示されるようになったり、“エネミー更新ボタン”のサイズも調整。その他、細かい部分に調整を加えプレイ環境が快適になるよう、改修を行ったとのこと。

 
11

⑥世界観の不整合箇所の調整など、各種体験の改善
バトルの途中撤退時の仕様調整、新規の索敵枠の調整といったシステム面や、チュートリアル時のドラマを追加することで、世界観やイベントの目的と物語がわかるようになるといった調整が行われている。

 
12

サービス開始時のもうひとつのオンラインイベントを紹介

サービス開始時に開催されるイベント“狭間からの救助要請”が発表された。こちらはいわゆるタワー型イベントになっており、ひたすらフロアをクリアーして奥に進んでいくひとり用イベントだ。もし、途中で全滅してしまった場合は他のプレイヤーに救助依頼を出すことが可能で、救援に駆けつけてもらった際にはその場所から再スタートし、救援に来たプレイヤーがパーティーに加わってくれる。ダンジョンの最奥に到達すると、イベント限定の精霊が獲得できるイベントだ。

 
13
 
14
 
15
 
16
 
17

高難度ダンジョン『未踏域』

常設型のひとり用高難度ダンジョン『未踏域』も追加。メインストーリー後に追加されるモードで、通常のストーリークエストとは違い、バトルや育成に特化したハクスラ要素がある上級者向けの内容だ。ボスキャラとして“黒化変異種”が登場するが、こちらはレベルや装備はもちろん、キャラクターのシナジーを生かした編成、バフ・デバフのタイミングや特性など最大限に戦略を練らないと勝てないエンドコンテンツとなっている。

 
18
 
19
 
20

▲強敵攻略のコツも紹介された。組み合わせを生かしたデッキ構築で戦いを有利に進めたい。

キャラクターのおさらいと新たなキーアートが公開

続いては、新規のPVとキャラクターの紹介や、新たなキーアートも公開された。主人公と相棒となる“ミュトス”と、さらにダブルヒロインの“セラ”と“クロエ”を紹介。また、一部のゲストキャラクターも紹介される。本作では、メインストーリーごとに必ず新キャラクターが登場し、最後の選択の結果次第でどちらかが正式にパーティーに加わるようになるシステムだ。

 
21
 
22
 
23
 
24
 
25
 
26
 
27
 
28

▲メインストーリーで登場する“ギュンター隊”の仲間の騎士。CBTでも登場していたが、今回は細かいプロフィールが紹介された。

 
29

▲一部のドラマシーンにボイスが実装されることも発表された。

 
30

▲新規のキーアートも紹介。

30万件突破報酬で『チェインクロニクル』とのコラボを予定

現在、事前登録20万件を突破している本作について、引き続き30万件突破報酬が発表。30万件が突破した際には、『チェインクロニクル』とのキャラクターコラボが行われることが明らかになった。Twitterの決選投票で主人公か“フィーナ”のどちらかを追加キャラクターとして決定し、期間中の『シン・クロニクル』をプレイしたユーザー全員にプレゼントされる。なお、こちらはキャラクターコラボということで、ストーリーがクロスオーバーするような設定ではなく、『チェインクロニクル』のキャラクターを使ってゲームがプレイできるという企画とのこと。

 
32
 
33

▲事前登録20万件突破記念のオンラインミーティングは、今回出演している両氏に加え、キャスト陣からのゲストも参加予定とのこと。日時や参加方法などは後日発表予定とのこと。

▼生放送のアーカイブ

▼シネマティックトレーラー

シン・クロニクル

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG
メーカーセガ
公式サイトhttps://sin-chronicle.sega.jp/
公式Twitterhttps://twitter.com/sin_chronicle
配信日配信中
コピーライト

Amazon人気商品ランキング 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧