【新作】名作『DEEMO』の続編がついに配信開始!心地いいピアノの旋律に合わせてノーツを叩くリズムゲーム『DEEMO II』

2022-01-13 13:52 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

DEEMO II

不思議な世界観やストーリーも必見!

Rayarkより2022年1月13日に配信された新作アプリ『DEEMO II』。

IMG_3723

本作は、ピアノ楽曲を中心に構成されたリズムゲーム『DEEMO』の続編にあたるタイトルで、前作と同様美しいピアノ楽曲のリズムに乗ってノーツを叩くリズム演奏が楽しめる。

前作『DEEMO』はセリフのないストーリーテリングが話題を呼び、物語についてさまざまな考察が挙げられていた。

対して『DEEMO II』ではキャラクターの名前や世界の設定などが明確に提示され、セリフもあるストーリーが展開。独特な雰囲気はそのままに、より多くの人が親しみやすい物語が描かれている。

本記事では、そんな『DEEMO II』の内容を詳しく紹介していこう。

ゲームの見どころ
・アニメ調のグラフィックで描かれる不思議な世界
・ピアノを演奏しながら駅を守り物語を紐解く

アニメ調のグラフィックで描かれる不思議な世界

『DEEMO II』では、アニメーションパートと3Dモデルのキャラを活用したストーリーが描かれていく。

本作の世界では止まない雨が降り続いており、その雨に濡れた生物はみな、白い花びらになって消えてしまう。そのため、人々は大きな駅に身を隠し、雨から逃げて怯えながら暮らしている。

雨に濡れるだけで危険というパニック映画のような設定だが、キャラクターのビジュアルややさしい雰囲気のおかげで、さほど殺伐とした空気にはなっていない。セリフがあるぶん前作との違いは感じるが、『DEEMO』らしい雰囲気は健在だ。

IMG_3726

そんな物語の主人公になるのが、明るくポジティブな少女エコー。

彼女はとある理由で物語の舞台となる中央駅に突如現れ、そこで暮らす住民たちと触れ合いながら振り続ける雨の謎に迫っていく。

IMG_3746

そして、もうひとりの重要な登場人物が“Deemo”。

Deemoは言葉を介さないクールで無口なキャラクターながら、中央駅の守護霊として黙々とピアノを弾き続けている。

明るい性格のエコーと寡黙なDeemoの相反する関係性は、ストーリーの見どころのひとつだ。

IMG_3757

エコーたちが暮らす中央駅には巨大なピアノがあり、Deemoはピアノを演奏し続けている。

というのも、このピアノの音色が点に届くと雨雲が割れて、太陽の光が地上日降り注ぐようになるのだ。中央駅が雨の被害を受けないように、新たな楽譜を探しながらピアノを演奏するのが物語の目標となっている。

IMG_3749

序盤はその独特な世界観や設定を紐解きつつ、エコーがどのようなキャラなのかを知り、駅で暮らす住民との交流を深めていく。

そんな駅には、かわいらしい見た目をした不思議な生き物たちが多く暮らしている。ぬいぐるみのようなビジュアルで、気さくに話しかけてくれたり遠回しに嫌味を言ってきたりと、最初はその奇妙な出会いの連続に驚かされるだろう。

IMG_3751
IMG_3786
IMG_3745

登場人物から設定まで謎に満ちた世界ながら、恐ろしさはなくやさしい雰囲気で進行していく『DEEMO II』のストーリー。

何とも言い難い、心地のいい雰囲気で読み進められる内容になっているので、ぜひ実際にプレイして堪能してもらいたい。

IMG_3805

ピアノを演奏しながら駅を守り物語を紐解く

ストーリーパート以外では、メインコンテンツであるリズム演奏モードや、駅内の探索などで遊ぶことができる。

楽曲はストーリーを進めることで増えていくほか、前作同様に購入することも可能だった。

IMG_3779

肝心のリズムゲーム部分については、同ジャンルを遊んだことがある人なら説明なしで遊べるシンプルな内容。

上から降ってくるノーツが判定ラインに到達したタイミングでタップすることで、スコアをアップしていく。いちばんシンプルなノーツ以外は、画面をタップしたまま指を動かして触れていくスワイプノーツ、ノーツが消えるまで長押しし続ける長押しノーツが用意されている。

つぎつぎと降ってくる全3種のノーツを、ピアノを演奏するかのようにタップしていくのが基本的な遊びかただ。

IMG_3737
IMG_3738
IMG_3739

各楽曲の難度はEasy、Normal、Hardの3つを最初から選択可能。

スコアはノーツをミスすることなくタップしてコンボをするほどに伸び、最終的に%で結果が表示される。フルコンボかつ、完璧なタイミングでノーツを叩くCharming Hitをすることで、スコアを100%にできる仕組みだ。

あくまでスコアが表示されるだけで、どれだけミスをしても失敗にはならないので気楽に遊べるのがいいところ。

IMG_3780
IMG_3742

また、本作には“集中力”というゲージ(いわゆるスタミナ)があり、これを消費しながら楽曲をプレイすることで駅の修理が進んでいく。

ストーリーを進めるためには修理進度を上昇させて駅を修理する必要があるのだが、この修理を早めてくれるのが集中力だ。集中力を消費して1曲プレイすると、おおよそ15%ほど修理進度が進む(フルコンボをするなど一定条件でさらに上昇)。何度か楽曲をプレイして、修理進度を100%にすると新たにストーリーが解放されるという流れ。

なお、集中力がなくてもリズム演奏自体は遊べるので、あくまでストーリーを効率的に進めるためのシステムとなっている。

IMG_3777
IMG_3784

楽曲をプレイする以外にも、エコーを操作して駅の中を自由に散策する探索パートも楽しみのひとつ。

ピアノのある部屋や駅のホーム、バルコニーなどさまざまな場所を訪れて、そこに集まった人たちと会話することができる。

IMG_3783

探索によるイベント発生だけでなく、NPCと会話をすると何気なく重要そうな話が聞けるなど、本作の世界観をより深く知るためにも探索は欠かせない。

かわいいキャラクターが無数にいるので、出会ったキャラクターに話しかけて会話を楽しもう。

IMG_3754
IMG_3753

ストーリーを進める⇒周囲を探索しつつ楽曲をプレイして駅を修理⇒解放されたストーリーを読む、というのが本作の基本的なプレイサイクルになるだろう。

そのほか、特定条件で楽曲をプレイすると報酬を得られるイベントなど、やり込みコンテンツの類も用意されていた。

IMG_3796
IMG_3797

毎日ログインしたり、住民に話しかけるなどミッション、実績を達成していくことで新たな楽曲なども解放されていく。のんびり遊べるゲームながら、毎日やりたくなるような仕組みも充実している印象だ。

IMG_3772

▲実績達成などでレベルを上げると報酬が手に入る切符(パス)の要素も。

前作『DEEMO』を知らない人でも問題なく理解できるストーリーに加え、キャラクターが増え、セリフも追加されたことでより触れやすいゲームになっている『DEEMO II』。

ピアノを主軸にした耳心地のいい楽曲の魅力も豊富に用意されているので、前作プレイヤーはもちろん、リズムゲームや幻想的な楽曲が好きな人にはぜひプレイしてみてほしい。

動画でも新作紹介しています

DEEMO II

対応機種iOS/Android
このゲームの詳細を見る
ジャンルリズムアクション
メーカーRayark
公式サイトhttps://deemo.com/deemo2/ja/
配信日配信中
コピーライト

Amazon人気商品ランキング 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧