『アイドルマスター スターリットシーズン』発売直前に発表された全員曲とローンチPVでますます期待感が高まる【アイマス日記第98回】

2021-10-06 12:37 投稿

バンダイナムコエンターテインメントが展開する『アイドルマスター』シリーズ関連の話題を取り上げる『アイマス日記』をお届け。
担当:東響希

3

発売まであと少し!全員曲の映像やローンチPV

発売まで10日を切った家庭用最新作『アイドルマスター スターリットシーズン』。公式番組では、配信の度に季節ごとの新曲がMVと共に発表されてきたが、今回はラストとなる冬の楽曲“GR@TITUDE”が公開された。
作詞は“蒼い鳥”、“約束”や、シンデレラガールズの“銀のイルカと熱い風”や“秋風に手を振って”などのシーズン曲シリーズ、ミリオンライブの“Snow White”、“永遠の花”など多くの楽曲にも参加している森由里子氏で、作曲は“GO MY WAY!!”や“my song”、劇場版『アイドルマスター』の主題歌“M@STERPIECE”を手掛けた神前暁氏という神曲にならない訳がない組み合わせだ。

MVでは「さよならじゃなくてありがとう」や「おわりはきっとはじまりの名前」など、エンディングを暗示しながらも、「仲間になった証だからまた歌おう」という再会への願いも込めた歌詞を見るだけで目頭が熱くなる。サビの「あの日々が私を支えてくれるから」というフレーズに、“プロジェクトルミナス”がアイドルたちの成長に繋がっていることも感じられ、どのようなドラマの展開の中で“感謝”を意味するこの曲が歌われるのか、期待は高まるばかりだ。

ゲームシステムでは、3つの曲を自由に選んでメドレーを組んでゲームがプレイできるモードも発表された。選択した楽曲のどの部分がピックアップされるかは、固定ではなく曲順によっても変わってくるので、メドレーの組み方だけでもかなり楽しめそうだ。
実機プレイ画面では、シンデレラガールズとミリオンライブのメンバーが『アイドルマスター ミリオンライブ!シアターデイズ』のテーマ曲、“Brand New Theater!”を歌っている姿には感動させられる。

▲ゲームプレイ画面なども公開された配信はこちら

また、発売が近いということで公開されたローンチPVも公開。今回から登場するアイドルで、ストーリーの中心となるであろう“奥空心白”を中心にした内容となっており、ブランドを跨いでアイドルたちが会話をしているシーンも観られ、どのような交流が待っているのかワクワクさせてくれる。最後には各事務所の社長や事務員の“音無小鳥”の声も混じっており、スタッフメンバー間でのやり取りも観られるのかも気になっている(最初の女性の声は“美城専務”の声とはまた違うようで、いったい誰なのか?)。

発売直前の10月11日は特別イベントも行われることとなっており、無料のトークコーナーだけでなく有料配信のスペシャルステージも開催される。全ブランドから選ばれたキャスト陣が出演予定となっており、どのようなセットリストになるのか楽しみである。

イベント情報はこちら

©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧