1. サイトTOP>
  2. ゲーム攻略>
  3. 逆転オセロニア>
  4. 【逆転オセロニア攻略】“陽炎”で火球デッキのエースに!ヤマタノオロチの評価

【逆転オセロニア攻略】“陽炎”で火球デッキのエースに!ヤマタノオロチの評価

2021-05-01 22:59 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

逆転オセロニア

▼『逆転オセロニア』初の公式ビジュアルファンブック好評発売中!
19a7892917b12cbc1533902826482612_original
詳細はこちら

混合アタッカーの進化か、くり返し使える火球の闘化か

2021年5月1日から開始の“超駒パレード”にて登場した駒・ヤマタノオロチを紹介。具体的な性能や使い道を見ていこう。

ヤマタノオロチ(進化)の性能

ヤマタノオロチ(進化)

CV:中島ヨシキ

スキル解説

[リンク][貫通]攻撃力アップ:自分のデッキに神駒と魔駒と竜駒がそれぞれ4枚以上入っているときに発動できる。このキャラも含む盤面の自分のキャラ駒1枚につき、ATKが1.3倍になり、最大1.9倍になる。このターン与える通常攻撃ダメージは、相手の防御・罠・カウンター・魔紋の効果を受けない。
(Lv.Max/3)

【混合で使える貫通アタッカー比較】
進化バハムート:1735×2.1=3644(キャラ駒1枚1.25倍)
闘化レグス:1700×2=3400(HP50%以下)
進化ジェンイー:1787×1.9=3395(自分の駒数12枚以下)
進化ヤマタノオロチ:1736×1.9=3298(キャラ駒1枚1.3倍/混合)
闘化 赤井秀一:1598×1.9=3036(キャラ駒1枚1.3倍)

※エリクシール未使用時

進化は、混合のみで使える貫通アタッカー。最大ダメージは人気のバハムート、ジェンイーにこそ劣るものの、バハムートより早い段階で火力を出しやすく、ジェンイーと異なり枚数制限もない。安定性と高火力が高いバランスでまとまった性能と言えるだろう。

コンボ解説

[リンク]攻撃力アップ:自分のデッキに神駒と魔駒と竜駒がそれぞれ4枚以上入っているときに発動できる。このキャラも含む盤面の自分のキャラ駒1枚につき、ATKが1.3倍になり、最大で1.9倍になる。
(Lv.Max/3)

【コンボ比較】
進化バハムート:最大2倍(HPが減るほど)
進化ジェンイー:最大2.2倍(竜駒1枚1.3倍)
進化ヤマタノオロチ:最大1.9倍(キャラ駒1枚1.3倍/混合)
闘化レグス:1.7倍
闘化 赤井秀一:1.7倍(盤面総数10枚以上)

コンボは自身のキャラ駒を参照するタイプの囁きバフ。バハムートはHPの減った終盤にならないと火力を出しづらく、ジェンイーは竜駒のみの参照。最大倍率も水準以上のため、混合デッキと非常に相性がよい性能だ。

ヤマタノオロチ(闘化)の性能

ヤマタノオロチ(闘化)

CV:中島ヨシキ

スキル解説

[リンク]陽炎:自分のデッキの駒がすべて竜属性のときに発動できる。盤面で表になっている2ターンの間、1300の火炎ダメージを与える。さらにこの駒は盤面で表になっている間、コンボスキルが発動すると手駒に戻る。
(Lv.Max/3)

闘化のスキルは新登場の陽炎。火球ダメージ最大2000のハン・ジィン(自身の火炎スキル持ち1枚700)に比べ瞬間火力は劣るが、総ダメージは2600と上。さらに多くの火球スキルと異なり、自身の火炎スキル持ちの数を参照しないため、非常に扱いやすい性能となっている。

さらにコンボ発動で手駒に戻り再利用ができるので、火球の中では使い勝手・火力ともに最上位と言えるだろう。

コンボ解説

[リンク]火球:自分のデッキの駒がすべて竜属性のときに発動できる。このキャラも含む自分の盤面の竜駒1枚につき、600の火炎ダメージを与え、最大で2200の火炎ダメージを与える。
(Lv.Max/3)

【火球コンボ比較】
闘化ヤマタノオロチ:最大2200(自身の竜駒1枚600)
ひな祭りアリババ:最大1900(自身の竜駒1枚800/火炎2枚以上)
闘化エイプリル・カフネ:最大1700(自身の竜駒1枚600)
パーラ:最大2000(自身の竜駒1枚700/火炎2枚以上)
ハン・ジィン:最大1700(自身の竜駒1枚600/火炎2枚以上)
進化ジョアンナ:最大1700(自身の竜駒1枚500/火炎2枚以上)

コンボは囁き系の火球。ほかの火炎スキル持ちを必要としない点や、1枚あたりのダメージはエイプリル・カフネと同様だが、最大威力はこちらが勝る。つないだ時点で効果があるうえ、もう一度自身の手駒に戻り強力なスキルを使えるようになることからも非常に優秀だ。

ただし、コンボを使った時点でそのマスからはいなくなるため、複数回のコンボ導線を視野に入れた配置は避けたほうがいいだろう。

ヤマタノオロチは進化と闘化、どっちがオススメ?

ヤマタノオロチは、進化が混合向けの貫通アタッカー、闘化が再利用できる火球持ち。

自身の手持ちにもよるが、ラニ混合を愛用している場合は進化が圧倒的にオススメ。ジェンイー、バハムートに火力こそ劣るものの、コンボも含めた取り回しの点では勝る部分が多く、状況に影響されない汎用性の高さは極めて優秀だ。

一方の闘化は、火球デッキに特化した性能。こちらのデッキタイプ自体は一線級とは言い難かったものの、火力・汎用性にすぐれた闘化ヤマタノオロチの採用により、確実な戦力アップに期待できる。火球デッキのプレイ感が好きならば、こちらを選択してもいいだろう。

タイガー桜井と宮坊が動画で攻略中!

YouTubeチャンネルの登録はこちら

ファミ通AppのTwitterはこちら

タイガー桜井のTwitterはこちら

宮坊のTwitterはこちら

世界のザキヤマのTwitterはこちら

▼『逆転オセロニア』初の公式ビジュアルファンブック好評発売中!
19a7892917b12cbc1533902826482612_original
詳細はこちら

逆転オセロニア

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG/テーブルゲーム
メーカーDeNA
公式サイトhttps://www.othellonia.com/
配信日配信中
コピーライト

この記事のタグ

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧