1. サイトTOP>
  2. 『ブレイブ フロンティア』最新作『code:BFX』の情報が続々発表!“帰ってきたブレ生~年末特大号~”生放送まとめ

『ブレイブ フロンティア』最新作『code:BFX』の情報が続々発表!“帰ってきたブレ生~年末特大号~”生放送まとめ

2020-12-29 17:33 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

code:BFX

ドットで表現された初代から最新作は3DCGに!

2020年12月27日、『ブレイブ フロンティア』(以下、『ブレフロ』)シリーズを展開するAlimは、“帰ってきたブレ生~年末特大号~”をYouTube Live、ニコニコ生放送にて配信した。

これまでスマートフォン向けに配信された『ブレフロ』、『ブレフロ2』は更新を終了しているが、いまなおプレイ可能なタイトルとなっている。そんな『ブレフロ』シリーズの生放送が番組名通り、特報とともに大復活。

▼配信アーカイブはこちら

Alim広報のかおりんごさん、総合プロデューサーを務める高橋英士氏によって番組が進行。さらに、声優の市来光弘さん、『ブレフロ』プレイヤーのみささぎさんを迎えて発表されたシリーズ最新作の開発情報などを本稿でまとめてお届けする。

Twitterに関するお知らせ

番組が始まると、まずシリーズ最新作を発表するにあたって重要な公式Twitterの凍結が公表された。

ことの発端は、Twitterアカウントの年齢を13歳以下に設定したことが原因だという。それによって、サービス利用規約の年齢制限からアカウントがロックされてしまったとのこと。

スライド7

▲5ヵ月以上にわたって、アカウントロックを解除する試みがくり返されたとのこと。

波乱の告知から始まってしまったものの、『ブレフロ』シリーズの公式Twitterは、これを機に一新。最新作の本格始動に向けた新公式Twitterアカウントが改めて紹介された。

現在、抽選で10名に1万円分のオリジナルギフトカードがプレゼントされる再フォローキャンペーンが実施中。気になる方はぜひチェックしてみよう。

スライド9

⇒『ブレフロ』公式Twitterはこちら

これまでのシリーズとは異なる世界が舞台に!

公式Twitterのリニューアル告知後には、高橋氏から最新作『code:BFX』の世界観が語られた。『code:BFX』で舞台となるのは、高度な科学文明が崩壊した世界とのこと。

これまでの『ブレフロ』、『ブレフロ2』とは、まったく異なる世界が舞台になるそうだ。

スライド12

また、世界の崩壊と同時に、とてつもなく危険でありながら女神が底に眠っているという異次元ダンジョンが出現。

さらに、この女神を手にした者は、ありとあらゆるものを得るということで、プレイヤーはそのダンジョンへと挑むことになりそうだ。

スライド13
スライド15

今回の放送では、世界観の紹介はここまでとされ、高橋氏からつぎなる情報は新年より順次公開されていくことが語られた。

続けて発表されたのは、異次元ダンジョンに挑戦する際のエリア画面。ダンジョン全体の深さごとに多様なエリアが待ち受けているようだ。

スライド16

つぎに語られたのは『ブレフロ』、『ブレフロ2』での“リーダースキル”にあたる“メモリーフラグメント”。

今回はアイテムとして編成できるそうで、属性物攻、攻撃速度、移動速度といった多種多様なステータスが上昇するとのこと。

スライド17

『code:BFX』ではユニットにボイスが!

続いて、これまでのシリーズにも登場したユニットのキャラクターボイス決定報告が実施された。

そこで現在、キャラクターボイスが決定している7体のユニットが公開。

●セフィア(CV:川澄綾子さん)

スライド19

●キクリ(CV:上田麗奈さん)

スライド21

●シオン(CV:神尾晋一郎さん)

スライド23

●レギル(CV:ランズベリー・アーサーさん)

スライド25

●キラ(CV:福山潤さん)

スライド27

●ランセル(CV:立花慎之介さん)

スライド29

●アトロ(CV:市来光弘さん)

スライド31

新ユニットのイラストも続々公開

さらに、キャラクターボイスが決定していないシリーズユニットや、『code:BFX』で登場する新ユニットの未公開イラストが発表された。

今回は、シリーズユニットから5枚、新ユニットから3枚のイラストが公開。

●ベスティ

スライド38

●ルネ

スライド39

●ダルバンシェル

スライド40

●リリス

スライド44
スライド45

●シャリファ

スライド41

●イ・シェド

スライド42

●メリル

スライド43

『code:BFX』では“スフィア”がカード状に!

ユニットのほかに『code:BFX』では“スフィア”が新たにカードとして登場。“スフィアカード”と呼ばれるこのカードには、過去のシーンなどを再現したイラストが描かれる。

高橋氏によれば“スフィアカード”はユニットへの効果があり、不要な“スフィアカード”を素材として強化できるとのこと。また、今回の放送では、計5枚の“スフィアカード”イラストが公開された。

スライド46
スライド47
スライド48
スライド49
スライド50

2021年1月中旬からユニットプレゼントキャンペーンが実施!

番組の最後には、今後実施されるキャンペーンが告知された。

まず、年末年始ということで『ブレフロ』の年賀状が抽選で20名にプレゼント。気になるイラストは来年の干支にちなんだものになるとのことで、2021年1月1日から応募が開始される。

スライド51

つぎに『ブレフロ』本編に続くコミカライズ作品『グランガイア戦記』の電子書籍版の販売が告知された。

電子書籍化特典として、1巻には高橋氏と『グランガイア戦記』の作者である大関詠嗣氏の対談が収録。さらに2巻、3巻には開発者座談会が収録されている。

スライド54

また、次回の生放送まで期間が空いてしまうため、これまでの『ブレフロ』ユニットを思い出してもらうべく、条件を満たしたユニットを直接プレゼントするキャンペーンが実施される。

このキャンペーンは1月中旬にスタート予定となっており、詳細はキャンペーンの開始とともに告知されるとのこと。

スライド55

キャンペーンの告知後には、高橋氏から新作のリリースに向けてメッセージが送られた。高橋氏は始めに「もう数ヵ月、皆さまをお待たせしてしまうかと思いますが、2021年に必ずお届けいたします」と開発が佳境に入っていることを明かした。

続けて「いまは『code:BFX』と呼んでいますが、正式タイトルも含めて来年発表できる日まで、皆さまもう少々お待ちください。開発陣一同がんばってまいります。よろしくお願いします」とリリースを待つユーザーに向けての思いを語り、番組を締めくくった。

【『ブレフロ』公式Twitterはこちら】

code:BFX

対応機種iOS/Android
このゲームの詳細を見る
ジャンルアクションRPG
メーカーエイリム
配信日配信日未定
コピーライト

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧