1. サイトTOP>
  2. 『ドラブラ』を手がけたArchosaur Gamesによる新作三国志系RPG『今三国志』日本版配信決定!

『ドラブラ』を手がけたArchosaur Gamesによる新作三国志系RPG『今三国志』日本版配信決定!

2020-11-13 17:22 投稿

大作スマホMMORPG『コード:ドラゴンブラッド』を開発したArchosaur Games社が手がける新作スマホアプリ『今三国志』の国内配信が発表された。まもなくクローズドβテストが実施される予定だ。

以下、プレスリリースを引用



ヒット作『コード:ドラゴンブラッド』を手がけたArchosaur Games社が次世代の三国志RPGを発表

超大作スマホMMO『コード:ドラゴンブラッド』を開発したArchosaur Games社が2年間もの開発期間をかけ心血を注ぎ手がけた渾身の一作、三国志をテーマとする次世代ストラテジーRPG『今三国志』は、日本向けツイッター公式アカウントの運営を開始するとともにプロモーションムービーを公開した。また、近く第一回目CBTの参加者募集も開始予定となる。

 

三国志ネタを好むゲーマーなら、わずか15秒のプロモ用ショートムービーを観ただけで、これまでの同じテーマのゲームより明らかに全体的な品質が向上したことを体感できるだろう。

ムービーでは、数千人の兵と騎馬がぶつかり合い、矢の雨が降り注ぐ中で激しい戦闘シーンが繰り広げられる。

観ているだけで、あたかも映画を観ているように壮大な、歴史的三国志の戦闘シーンを感じることができる。

また、『今三国志』中国語版は、10月21日の中国での配信初日に500万以上のダウンロード数を残し、わずか1日でIOS無料ゲームアプリのランキング1位を獲得したと報じられている。

image1

ランキング
1.『今三国志』(中国語版)
2.『天涯明月刀』
3.『PapaBox』
4.『王者栄耀』
5.『原神』

これまで数多く配信してきた同テーマのタイトルとは異なり、本作のグラフィックスは全てフル3Dで開発、バトルシーンはもちろん、天気コンテンツや武将キャラクターデザインなどの細部にわたるまで、ハイクオリティーで細やかな表現を追求することで三国史におけるよりリアルな戦闘シーンの再現に成功している。

image2

映画並みの高画質を誇るバトルシーンでは、プレイヤーは臨場感を感じながら、数千人単位の陣を指揮することができる。
陣形と将軍の位置を自由自在に調整しながら、火薬の煙が立ちこめ、空を矢が埋め尽くす中、敵陣を蹴散らし敵の将軍へ突き進め!

image3

また、本作では、晴れた青空、雨の日、風と雪の日など、現実の世界と同じ天気コンテンツを導入し、環境の変化をゲームに直接反映させている。

image4

更に従来のカードバトルゲームの枠を超え、3Dモーションキャプチャテクノロジーを採用した本作では、三国史上の英雄たちがそれぞれ3Dの絶妙な外観と独自のアニメーションで描かれた。

武将キャラクターを収集することで、よりプレイヤーは達成感を感じることができる。

ArchosaurGames社は、高品質なゲームの開発と創意工夫の概念維持に取り組んでいる。

有名な超大作MMO『コード:ドラゴンブラッド』は、MMOの伝統を打ち破り、韓国とヨーロッパ特有の伝統的な堅苦しい美的センスを脱却し、MMOユーザーの支持を首尾よく捕らえてきた。

優れた画像品質と自由で開放的なゲームプレイにより、日本においても優れた結果を出している。

 image5
image6

壮大な歴史的背景を持つ三国志をテーマとした本タイトルは、より高品質なグラフィックエンジン技術が導入されることで時代の壮大な領土、戦場、そして現代に蘇らせた英雄の壮大な才能と野心を最も誠実に復元することができる。

このため、ArchosaurGames社は今回も伝統を打ち破り、人気MMO RPG『コード:ドラゴンブラッド』と同じ開発エンジンUnreal Engine 4 をベースとして、三国志戦略ゲームのグラフィックスとテクスチャーをMMO作品のレベルまで追求し、ゲーム体験をより豊かなものとした。

立体的で鮮明なグラフィックスは、三国志RPGをプレイしたことのあるスマホゲームプレイヤーの従来の認識を打ち破り、多くのプレイヤーの支持を受け、賞賛されてきた。

現在『今三国志』ツイッター公式アカウントで情報が公開され、まもなく国内初のCBTが開始予定となっている。

ローカライズが完了し、日本国内正式配信が開始されるのにさほど時間はかからないだろう。

image7

【今三国志 公式サイト】
http://www.archosaur.com/imasangokushi/

【今三国志 公式Twitter】
http://twitter.com/imasangokushi



最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧