1. サイトTOP>
  2. 『龍が如くONLINE』真島吾朗(決戦)の性能をガチンコ評価!

『龍が如くONLINE』真島吾朗(決戦)の性能をガチンコ評価!

2020-06-29 15:30 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

龍が如く ONLINE

ドラゴンフェスガチャで登場した真島吾朗(決戦)をレビュー

セガより配信中の『龍が如くONLINE』(以下、『龍オン』)。この記事は、『龍オン』にて日々登場するキャラクターたちを、ときには “辛口に” ときには “若干の主観” を交えつつレビューしていくものだ。

今回は、ドラゴンフェスガチャで登場した真島吾朗(決戦)をガチンコレビュー。

おすすめ度のスコア(10点満点)は、現環境や今後追加されるキャラクターによって日々変動するものなので、あくまでも現時点でのものとしてご了承いただきたい。

ドラゴンフェスガチャバナー

キャラクターレビュー

キャラクター名おすすめ度属性・タイプ奥義
SSR[鬼炎躍る]真島-吾朗(決戦)(1) 真島吾朗(決戦)7.1体・攻撃攻撃の陣
▼リーダースキル
味方全体の攻撃力を15%上昇
▼バトルスキル
敵をランダムに8回攻撃力125(165)%攻撃
▼ヒートアクション
敵ランダムに4回4000(6000)の固定ダメージと20(32)%で5秒間の麻痺
アビリティ①:麻痺付与率を敵生存人数×2(6)%上昇
アビリティ②:状態異常になる確率を-8(16)%減少

●麻痺ばらまきが強力
バトルスキルは、敵ランダムに8回攻撃。8乱打で思いつくのが覆面の男(決戦)であるが、倍率だけみるならば真島のほうが上だ。

ヒートアクションは、敵ランダムに4回の固定ダメージと5秒間の麻痺の付与。

リーダースキルは、全味方の攻撃力上昇、バトルスキルとヒートアクションがランダム攻撃で、状態異常ばらまきと、つい先日実装された西谷 誉(1988Ⅱ)に似たようなスキル構成だ。

西谷の状態異常はバトルスキルでの混乱ばらまきであったが、これがヒートアクションでの麻痺付与になっており、さらに確定ではなく確率での付与。アビリティ①により、この付与確率を大きく上乗せできるようになっている。


敵が5体残っていれば最大で62%、4体で56%なので、筆者の経験則にはなるが、真島吾朗(決戦)の場合、当たれば大抵は(耐性持ちは除く)付与できるというような体感に落ち着くのではないだろうか。

IMG_5033_result

▲麻痺の部分は付与確率が高め。非常に優秀だ。

『龍オン』での固定ダメージは、実際には固定されておらず、ヒートアクションでのエクセレントボーナスと弱点での補正が乗る。とはいえ、10,000程度のダメージがばらけてしまっては敵の壊滅には至らず、バトルスキルで追撃しようにも、こちらもランダム攻撃のために、敵を落とせる保証がないという点はマイナスポイント。真島自体の攻撃力も攻撃タイプとしては決して高くないので、ひとりで完結するアタッカーというよりは、ほかのアタッカー込みでのポジションといった感じか。

リーダースキルは優秀で、味方全体の攻撃力を15%上昇。攻撃力は、このリーダースキルで補っておきたいところ。

IMG_5032_result

▲固定ダメージ5,500の時点でもエクセレントと弱点でここまでダメージを引き上げることができる。

固定ダメージは自身へのデバフ、敵のバフの影響を受けないというのが最大の売りなので、その状況下で敵を1体でも落としたいスキルだ。これができずに自身のバトルスキルやほかのキャラクターの追撃ありきになってしまうと、結局はそのためのバフ・デバフ解除が必要になってしまい、そもそも最初の攻撃が固定ダメージである必要性がなくなってしまう。真島吾朗(決戦)の場合、これが単体多段攻撃であれば評価が大きく違っていたと思うが、この点でちぐはぐさが目立つのが正直なところだ。

ヒートアクションは、一撃必殺のダメージで殲滅するというよりは、コスト4、クールタイム10で麻痺をばらまきつつ連打できるコスパが売りと思うといいだろう。

タイマンバトルではどうかというと、固定ダメージが半減という仕様のせいでヒートアクションのダメージは期待できず、優秀な麻痺付与の部分もバトルアクションではなくヒートアクションについているため、かなり発動しやすいとは思うがその保証がないという部分で、迎撃においても西谷 誉(1988Ⅱ)のような使い勝手のよさは発揮しにくいのかも知れない。

IMG_5030_result

▲麻痺付与の部分は非常に優秀ながら、ダメージは半減して、ご覧のようにかすり傷程度となってしまう。とどめに繋がらない半端なダメージはタイマンバトルにおいては不向き。この点でもせめて単体攻撃+複数体麻痺だったらと思わずにはいられない。

スペック自体は決して弱くはない。良コスパの麻痺付き低コストヒートアクションとバトルスキルで畳みかけ殲滅(この時点で固定ダメージである意味は薄いものの)。リーダースキルも非常に優秀で奥義も無難そのもの。ただし現環境では明確な居場所がないという点、スキル構成がちぐはぐな点で減点といった感じ。単一の敵に対しては強いキャラクターなのでここに関してはおすすめだ。

ちなみに、花形ミドリやユキのような高会心補正キャラとのシナジーは良好で、8乱打の破壊力が飛躍的に伸びる。タイマンバトルやそのほかのコンテンツで使う場合も、このような高シナジーのキャラクターと組み合わせて、最大限の力を発揮させたい。

IMG_5034_result

龍が如く ONLINE

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG
メーカーセガ
公式サイトhttps://ryu-ga-gotoku-online.jp/
配信日配信中
コピーライト

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧