1. サイトTOP>
  2. 3月生まれのリズムゲームやアイドル育成ゲームのキャラクターまとめ[アイマス・ラブライブ・ガルパ]

3月生まれのリズムゲームやアイドル育成ゲームのキャラクターまとめ[アイマス・ラブライブ・ガルパ]

2020-03-01 10:00 投稿

3月に誕生日を迎えるメンバー

先月に引き続き、人気のリズムゲーム、アイドル育成ゲームから3月に誕生日を迎えるメンバーを紹介。『アイドルマスター シンデレラガールズ』シリーズ、『アイドルマスター ミリオンライブ!シアターデイズ』、『アイドルマスター シャイニーカラーズ』、『ラブライブ!』シリーズ、『バンドリ!ガールズバンドパーティ!』シリーズから計30名となる。まずは、一覧で以下に記載。

3月1日 ロコ(『アイドルマスター ミリオンライブ!シアターデイズ』)
3月1日 上原歩夢(『ラブライブ!』シリーズ)
3月3日 今井加奈(『アイドルマスター シンデレラガールズ』シリーズ)
3月4日 風野灯織(『アイドルマスター シャイニーカラーズ』)
3月4日 国木田花丸(『ラブライブ!』シリーズ)
3月5日 小関麗奈(『アイドルマスター シンデレラガールズ』シリーズ)
3月6日 有浦柑奈(『アイドルマスター シンデレラガールズ』シリーズ)
3月7日 水谷絵理『アイドルマスター シンデレラガールズ』シリーズ※ゲスト出演)
3月7日 片桐早苗(『アイドルマスター シンデレラガールズ』シリーズ)
3月9 日 工藤忍(『アイドルマスター シンデレラガールズ』シリーズ)
3月13日 堀裕子(『アイドルマスター シンデレラガールズ』シリーズ)
3月15日 園田海未(『ラブライブ!』シリーズ)
3月16日 柳瀬美由紀(『アイドルマスター シンデレラガールズ』シリーズ)
3月18日 衛藤美紗希(『アイドルマスター シンデレラガールズ』シリーズ)
3月18日 七尾百合子(『アイドルマスター ミリオンライブ!シアターデイズ』)
3月19日 長富蓮実(『アイドルマスター シンデレラガールズ』シリーズ)
3月20日 大西由里子(『アイドルマスター シンデレラガールズ』シリーズ)
3月20日 氷川紗夜(『バンドリ!ガールズバンドパーティ!』シリーズ)
3月20日 氷川日菜(『バンドリ!ガールズバンドパーティ!』シリーズ)
3月21日 松尾千鶴(『アイドルマスター シンデレラガールズ』シリーズ)
3月22日 佐竹美奈子(『アイドルマスター ミリオンライブ!シアターデイズ』)
3月23日 中野有香(『アイドルマスター シンデレラガールズ』シリーズ)
3月23日 牛込りみ(『バンドリ!ガールズバンドパーティ!』シリーズ)
3月25日 高槻やよい(『アイドルマスター ミリオンライブ!シアターデイズ』)
3月25日 高峯のあ(『アイドルマスター シンデレラガールズ』シリーズ)
3月27日 村松さくら(『アイドルマスター シンデレラガールズ』シリーズ)
3月27日 桜守歌織(『アイドルマスター ミリオンライブ!シアターデイズ』)
3月28日 白坂小梅(『アイドルマスター シンデレラガールズ』シリーズ)
3月30日 福田のり子(『アイドルマスター ミリオンライブ!シアターデイズ』)
3月30日 大沼くるみ(『アイドルマスター シンデレラガールズ』シリーズ)

【キャラクター紹介】

IMG_8249
 IMG_8248

3月1日 ロコ(『アイドルマスター ミリオンライブ!シアターデイズ』)
東京都出身の15歳で、本名は伴田路子。一流のアーティストを目指しており、アイドル活動もアートの1つとして捉えている芸術家。創作活動に対する熱意は人一倍強く、ステージ衣装の製作などにも積極的に参加する。ただし、情熱に火がついて周りが見えなくなる事もしばしば。英語を多用する独特の喋り方をする。

IMG_8273
 IMG_8274

3月1日 上原歩夢(『ラブライブ!』シリーズ)
高校2年生で虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会のメンバー。特別に何か秀でた際のはないが努力する事を特技とする真面目で前向きな性格で、料理や裁縫が得意な女子力の高さを持っている。『スクフェスALL STARS』では、『ラブライブ!』シリーズ初となる幼馴染キャラとして登場し、プレイヤーに何かと世話を焼いてくれる面倒見の良さも見せる。

 IMG_8215
IMG_8216

3月3日 今井加奈(『アイドルマスター シンデレラガールズ』シリーズ)
高知県出身の16歳。特徴がないのが特徴とも言える普通の女の子。それ故に、アイドルになって可愛くなりたいという強い思いを持っている。何でもメモを取る習慣があるが、メモを何処にしまったかをメモするほどのメモ魔である。メモに頼りきっているため、メモが見れなかったり無くしたりすると不安になってしまう。地方出身のため、東京に憧れを抱いているお上りさんの気質も。

 IMG_8260
 IMG_8261

3月4日 風野灯織(『アイドルマスター シャイニーカラーズ』)
東京都出身の15歳。『アイドルマスター』シリーズにおける名物、赤、青、黄の通称“信号機ユニット”の青担当。ストイックな性格の努力家だが、自己評価が低くメンタルもあまり強くない。また、言葉足らずで自身の発言が誤解される事も多く、そういった面で自身の性格を嫌っているようで、何とか克服したいと思っている。現実的な考えの持ち主だが、趣味として占いに興味があったり、ジンクスも気にする気質である。

IMG_8270
IMG_8271

3月4日 国木田花丸(『ラブライブ!』シリーズ)
“浦の星女学院”に通う高校1年生で、“Aqours”のメンバー。読書好きで学校では図書委員を務める文学少女。普段は気をつけているが、気を抜くと一人称を「オラ」と呼んだり、「~ずら」と言った方言が出てしまう。同じく、“Aqours”のメンバーである“黒澤ルビィ”は中学校からの親友で、“黒澤ダイヤ”との関係もあってアイドル活動を遠慮していた“ルビィ”の背中を押すために“Aqours”に加入。“ルビィ”が入った後は辞めようと思っていたが、「一緒にやりたい」という“ルビィ”の願いのためにそのまま残る。

IMG_8217
 IMG_8218

3月5日 小関麗奈(『アイドルマスター シンデレラガールズ』シリーズ)
山形県出身の13歳。世界に自分の名を知らしめるため、“悪の力”でアイドルを目指す。相手を貶めるような罠を考えたり、アイドル仲間を騙すイタズラをしたりと困った性格の持ち主。だが、あっさり見抜かれてしっぺ返しを食らったり、自分が罠に嵌るドジっ子キャラ。また、本当に泣きそうになったり、本気で困っている様子を見てしまうと、罪悪感にかられて結局実行できない。

IMG_8219
IMG_8220

3月6日 有浦柑奈(『アイドルマスター シンデレラガールズ』シリーズ)
長崎出身の19歳。ラブ&ピースを信条としているアイドルで、自分なりの愛と平和を歌にのせて弾き語りをしているところを、ロケ中のプロデューサーが出会いスカウトする。祖父から貰ったギターを愛用し、手紙を貰った時には歌にして披露するなどおじいちゃん子である。一見のんびりしてそうに見えるが、実家を飛び出して芸能界入りする勢いの良さで、他のアイドル達と過ごしている際にも、どちらかと言えばアクティブな性格である。

IMG_8221
 3

3月7日 水谷絵理『アイドルマスター シンデレラガールズ』シリーズ※ゲスト出演)
『アイドルマスター ディアリースターズ』から、モバゲー版『アイドルマスター シンデレラガールズ』にゲスト参戦した876プロのアイドル。引きこもりで、ネットアイドル“ELLIE”として活動しており、高い人気を誇っていた。紆余曲折があり、リアルでもデビュー。ネットアイドルをやっていただけあって、IT機器にも詳しい。

 IMG_8222
 IMG_8223

3月7日 片桐早苗(『アイドルマスター シンデレラガールズ』シリーズ)
新潟県出身の28歳。元警察官で駐車禁止の取り締まりをしている際、プロデューサーを違反車両の持ち主と勘違いし、注意をした事がきっかけでスカウトされる。固いのが苦手でノリが重視のイケイケな性格。ヒョウ柄デザインやボディコンの服など、バブリーな時代を彷彿とさせるファッションが特徴だ。酒好きであり、成人している他のアイドルと飲んでよく酔いつぶれている。

IMG_8224
 IMG_8225

3月9 日 工藤忍(『アイドルマスター シンデレラガールズ』シリーズ)
青森県出身の16歳。アイドルになりたいと、周りの反対を押し切り家出同然で上京し、オーディションに参加したところでプロデューサーと出会う。真面目な性格の努力家だが、それ故に無理な練習などで体調を崩す事もしばしば。夢に向かって真っすぐ努力する王道のアイドルと言える。普段は標準語だが、地元の人間と話す時は津軽弁を使う。

 IMG_8226
IMG_8227

3月13日 堀裕子(『アイドルマスター シンデレラガールズ』シリーズ)
福井県出身の16歳。自身を“エスパー・ユッコ”と自称する超能力好き。アイドルデビューする予知夢を観たからとオーディションに参加した。他のアイドルが超能力関連の話題をしていたり、不思議な事が起こるとテンションがあがる“サイキック・アイドル”。超能力を行使しようとすると、何も起きずに失敗するが時間差、もしくは別の場所で不思議な事が起こる。

 IMG_8272
 IMG_8269

3月15日 園田海未(『ラブライブ!』シリーズ)
“音ノ木坂学院”の2年生で“μ’s”のメンバー。実家は有名な日本舞踊の家元のため、礼儀正しく、厳格な性格。最初の衣装がミニスカートだった際にも丈が短すぎる反発している。“μ’s”の発起人である“高坂穂乃果”と、衣装担当の“南ことり”とは幼少の頃からの幼馴染である。中学時代からポエムを自作しており、作詞担当。また、レッスンにも熱心で練習メニューの作成なども行い、他のメンバーに指導している場面も見られる。

IMG_8228
 IMG_8229

3月16日 柳瀬美由紀(『アイドルマスター シンデレラガールズ』シリーズ)
北海道出身の14歳。父から知り合いであるプロデューサーを紹介され、アイドル寮に案内された際に、様々なアイドルの楽し気な表情をみて憧れるようになる。14歳と言う年齢のわりに服装や表情、片方だけのサイドテールの髪型や、一人称が“みゆき”と名前である事などから、かなり幼い印象を受ける。衣装によって、かなり年齢の違いが感じられるアイドルだ。

 IMG_8230
 IMG_8231

3月18日 衛藤美紗希(『アイドルマスター シンデレラガールズ』シリーズ)
大分県出身の22歳。元OLでレストランで料理をこぼされ服が汚れてしまったプロデューサーに声を掛けた事がきっかけでスカウトされる。下ったらずな喋り方に軽そうな雰囲気だが、見ず知らずだったプロデューサーの汚れた服をシミ抜きしたり、母を心配させたくないと練習に励むなど、面倒見がよく真面目な性格。女子力向上を趣味としているが、最初から大分、女子力の高さを見せている。

IMG_8251
 IMG_8250

3月18日 七尾百合子(『アイドルマスター ミリオンライブ!シアターデイズ』)
東京都出身の15歳。本が大好きな文学少女アイドル。偶然、学園祭で一人朗読劇をやっているところに居合わせたプロデューサーが、表現豊かな語り口がアイドルの歌や芝居にも生かせるとスカウトする。明るく真面目な性格だが、人見知りで初対面の相手には緊張しがち。また、好きな本を読むとその世界観に入り込んで空想にふける事がある。

IMG_8232
 IMG_8233

3月19日 長富蓮実(『アイドルマスター シンデレラガールズ』シリーズ)
島根県出身の16歳。アイドル好きの母の影響で自身も小さい頃から憧れていたアイドルになりたいとオーディションに参加。母の影響でファッションから、歌まで昭和のアイドルが基準となっており、本人の落ち着いた雰囲気もあって年齢の割に年季の入ったアイドル感を醸し出している。自らのアイドル活動で古き良き清純派アイドルを復活させたいと思っている。

 IMG_8234
 IMG_8235

3月20日 大西由里子(『アイドルマスター シンデレラガールズ』シリーズ)
香川県出身の20歳。アニメ、漫画といったオタクな知識に造詣が深いうえ、そういったキャラクターも含めた男性同士の恋愛を熱かった作品、いわゆる“やおい”や“BL”(ボーイズラブ)と言われるジャンルの作品が好きな自他ともに認める“腐女子”アイドルである。自分の好きなジャンルについて語り始めると早口になるのはオタクのお約束。語尾に「~じぇ」と付ける妙な口癖を持っている。

IMG_8266
IMG_8267

3月20日 氷川紗夜(『バンドリ!ガールズバンドパーティ!』シリーズ)
花咲川女子学園高校の高校3年生。“Roselia”のギター担当で、学校では風紀委員を務める。自分にも他人にも厳しい性格で、何事も努力の積み重ねを大事にする少々無愛想で感情表現も苦手。双子の妹の“氷川日菜”がいるが、天真爛漫で人懐っこく一度見たものはすぐに真似ができる天才肌と“紗夜”にとってはコンプレックスであり、家族でありながらずっと避けていた。ストーリーが進むとともに徐々に関係が改善していく。

IMG_8264
 IMG_8265

3月20日 氷川日菜(『バンドリ!ガールズバンドパーティ!』シリーズ)
羽丘女子学園の高校3年生。“Pastel*Palettes”のギター担当で、生徒会長を務める。天真爛漫でマイペース、どんなものでも一度見れば真似できる天才肌。何事も面白いかどうかが判断基準となっており、気分屋なところもある。天才ゆえに相手に理解されない、また自分が理解できない事がある。自分の存在自体が姉にプレッシャーを与えている事には気づいており、避けられているのを感じながらも姉を慕い続け、徐々にその関係は改善されつつある。

IMG_8236
 IMG_8237

3月21日 松尾千鶴(『アイドルマスター シンデレラガールズ』シリーズ)
福岡県出身の15歳。真面目な性格で一見すると無愛想な印象を感じさせる。実際には皆と遊びたかったり、可愛いものが好きな普通の女の子らしい思いがあるものの、自分に自信がないために周囲から距離を置いていた。他のアイドル達との交流を深める中で徐々に明るい面も見せるようになる。特技は書道。また、心で思っている本音をうっかり口に出てしまう癖がある。

IMG_8253
 IMG_8252

3月22日 佐竹美奈子(『アイドルマスター ミリオンライブ!シアターデイズ』)
東京都出身の18歳。明るく前向きな性格で、世話好きの元気娘。仲間のアイドルや、プロデューサーを世話するのがとにかく大好きなアイドルである。実家が中華料理屋を経営しており、自身も手伝いで厨房に立っており、料理の腕もかなりのもの。人が食べている姿を観るのが好きで、よく食べる太めの男性が好みのタイプ。テンションがあがると「わっほーい!」と叫ぶ癖がある。

IMG_8238
 IMG_8239

3月23日 中野有香(『アイドルマスター シンデレラガールズ』シリーズ)
東京都出身の18歳。幼い頃より空手一筋だったが、空手の師匠からこれからの事も考えて他の道も模索してみるよう薦められ、以前より興味があったアイドルのオーディションに参加する。気合と根性、失敗しても継続を続け努力家で何事にも全力でぶつかっていく努力家なアイドル。空手の時の癖で、気合を入れる時や挨拶の時に「押忍!」と言ってしまう癖がある。

 IMG_8262
 IMG_8263

3月23日 牛込りみ(『バンドリ!ガールズバンドパーティ!』シリーズ)
花咲川女子学園高校の2年生で“Poppin’Party”のベース担当。好物はドラム担当の“山吹 沙綾”の実家のパン屋のチョココロネである。大人しく控えめな性格で、バンドに誘われた当初はステージでは緊張し演奏できなくなって迷惑を掛けたくないと断っていた。姉の牛込ゆりも“Glitter Green”というバンドでギターボーカルを担当し、過去にはベースもやっていたという事で、妹の“りみ”が使っているのは姉から譲り受けたものである。中学までは関西まで過ごしていたため、テンションが上がると関西弁が出る事も。

S__79577098
IMG_8275

3月25日 高槻やよい(『アイドルマスター ミリオンライブ!シアターデイズ』)
埼玉県出身の14歳。6人兄弟姉妹の長女で、大家族でありながら父親の仕事が安定していないため、アイドル活動で家計を助けている。貧乏故に節約術やバーゲン情報を熟知しており、日頃からタイムセールなどを気にしている。“765プロオールスターズ”の中では年少組で、まだ幼い面も見られたが、ミリオンメンバーが加わってからは、年下のアイドル達をフォローするなど、お姉さんとしての面倒見の良さも見せる。

IMG_8240
IMG_8241

3月25日 高峯のあ(『アイドルマスター シンデレラガールズ』シリーズ)
奈良県出身の24歳。銀髪に白い肌、長身と均整の取れたプロポーションを持ち、浮世離れした雰囲気を漂わせる。寡黙で、あまり多くを語らないミステリアスなアイドル。プロデューサーにスカウトされ、アイドル活動を続けていく中で感情を表現する事の大切さを徐々に学ぶようになり、他のアイドルとの交流を重ねる事で新しい可能性を見せてくれる。

IMG_8242
IMG_8243

3月27日 村松さくら(『アイドルマスター シンデレラガールズ』シリーズ)
静岡県出身の15歳。新人アイドルユニット、“ニューウェーブ”の1人として登場。オーディションにも友達に誘われたという理由から参加している。運動、勉強共に苦手だが自他ともに認める笑顔が自慢で、どんな時でもニコニコしていられるのが取り柄である。当初は成り行きでアイドルになったが、アイドル活動を通して皆を笑顔にしたいという目標を持つようになった。

 IMG_8254
IMG_8255

3月27日 桜守歌織(『アイドルマスター ミリオンライブ!シアターデイズ』)
東京都出身の23歳。父の自衛官の仕事が縁で自衛隊音楽隊と度々共演しており、話題の歌姫をアイドルにしたいとプロデューサーからスカウトされる。礼儀正しく、真面目で前向きな性格。幼いころから合唱団やボーカリストとして活躍しており、その歌唱力はトップクラス。また、音楽教室の講師をしていた事もあり、アイドル仲間たちのボーカルレッスンをする事もある。

 IMG_8244
 IMG_8245

3月28日 白坂小梅(『アイドルマスター シンデレラガールズ』シリーズ)
兵庫県出身の13歳。元々人見知りで引きこもっているところを見かねた母親が、ホラー映画の試写会だと言って連れ出して、オーディションに参加した。霊感が強く、霊的な現象を感じたり、観る事ができて、いつも傍にいるという幽霊の“あの子”という存在がいる。他のアイドル達にホラースポットを教えたり、案内して楽しんだり、脅かしたりして楽しむなど、少々悪戯っぽいところも。

IMG_8258
 IMG_8256

3月30日 福田のり子(『アイドルマスター ミリオンライブ!シアターデイズ』)
東京都出身の18歳。格闘技好きで明るく気さくな性格。プロレス会場にて応援で興奮して拳を振り回した際、偶然居合わせたプロデューサーを殴ってしまい、お詫びに何でもするという話をしたためにアイドルにスカウトされる。ガサツで可愛くないと自己評価をしており、衣装を着てメイクした自分の姿に驚いたり、プロデューサーから褒めて欲しいと自ら要求するなど可愛らしい一面も見せる。

 IMG_8246
 IMG_8247

3月30日 大沼くるみ(『アイドルマスター シンデレラガールズ』シリーズ)
石川県出身の13歳。弱気で自分に自信がなく、すぐに泣いてしまう泣き虫なアイドル。プロデューサーの事を「ぷろでゅーしゃー」と呼んだり、子供のような舌ったらずな喋り方をする。年齢の割に発育の良すぎる巨乳が特徴だが、男子に揶揄われたりジロジロ見られたりするのでコンプレックスになっている。アイドル活動を通して、徐々に自分に自信を持つようになっていく。

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧