1. サイトTOP>
  2. 【先行プレイ】荒廃した世界でVSゾンビ!『CODE:SEED -星火ノ唄-』にディストピア好きはグッとくる

【先行プレイ】荒廃した世界でVSゾンビ!『CODE:SEED -星火ノ唄-』にディストピア好きはグッとくる

2019-12-05 15:00 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

CODE:SEED -星火ノ唄-

この世界に救いはあるのか

DMM GAMESより、昨日12月4日より配信されたiOS/Android/PC向けゲーム『CODE:SEED -星火ノ唄-』(以下、『CODE:SEED』)。

本作は、歴史や神話上の人物などの名を冠したキャラクターとともに、ゾンビがはびこる荒廃した世界を冒険するターン制バトルRPGだ。

キービジュアル[1]

まず、目を引くのがSF的なヴィジュアルのキャラクターだが……果たしてその中身は!?

今回、本作を先行でプレイさせていただくことができたので、そのインプレッションをお届けしよう。

【本作の注目ポイント】
・荒廃した世界、街にはゾンビがはびこり……
・ストラテジー好きもハマる! ゾンビと戦いながら拠点を作ろう
・12枚のパネルを操るコマンドバトルがおもしろい

荒廃した世界、街にはゾンビがはびこり……

主人公が冒険をともにするキャラクターたちは、“SEED遺伝子”と呼ばれる遺伝子を移植されており、遺伝子の性質にもとづいて歴史上の人物などの名前で呼ばれている。

たとえば、ストーリーの序盤から登場するガリレイ(CV:金元寿子さん)は、呼び名のもととなった人物の観察力と洞察力を受けついでいるため、その特性を活かした武器を装備している。

①ガリレイ

▲ガリレイをはじめとして、近未来的な装備に身を包んだキャラクターが多数登場。

キャラクターは自由な角度でディティールも確認可能。細部までこだわったデザインを堪能できるぞ。

Screenshot_2019-11-17-17-45-24-66_5f2debc441321690649006a7c4fc8396
Screenshot_2019-11-19-05-45-38-39_5f2debc441321690649006a7c4fc8396

さらに、キャラクターが成長すると、各部位のカラーリングを変更してまったく違う印象のキャラに仕上げることもできる。

Screenshot_2019-11-17-17-29-21-48_5f2debc441321690649006a7c4fc8396
Screenshot_2019-11-17-17-38-50-40_5f2debc441321690649006a7c4fc8396

▲白色を基調としたキャラクターでも、大きく異なる赤色などに変更可能!

具体的なストーリーについても触れておこう。

ガリレイが所属する施設の中で、プレイヤーの視点をになう主人公が目を覚ましストーリーが動き出すものの、主人公が記憶喪失であることが判明。

右も左もわからない中で、施設が謎の勢力から襲撃を受け、主人公はガリレイに連れられて脱出することとなる。

2019-11-19_04h47_09

▲ストーリー序盤からメインキャラクターの所属先が崩壊!?

こうして主人公とガリレイは、ゾンビが蔓延した影響で人の生きる街がほとんどない世界に放り出されてしまうことに。ゾンビが発生している理由や主人公の正体など、明らかになっていない部分が多く、ミステリアスなストーリー展開が目を引く。どのような結末を迎えるのか……。

2019-11-19_17h57_04

▲ストーリーは暗めだが、賑やかなキャラクターが登場するシーンも。シリアス一辺倒ではない展開も楽しめるぞ。

ストラテジー好きもハマる! ゾンビと戦いながら拠点を作ろう

謎の勢力から急襲を受けた主人公とガリレイは、文明がほとんど失われた世界で生き残るために、拠点を設営することとなる。

序盤は廃材だらけの拠点だが、素材がそろえば豪華な拠点を作成することも可能だ。

Screenshot_2019-11-14-14-41-24-57_5f2debc441321690649006a7c4fc8396

▲設営を始めたころは、荒れ果てた拠点だが……。

Screenshot_20190719-154321

▲素材を集めれば拠点が豪華に! どことなくリゾート感が漂う。

また、拠点ではキャラクターを育成する施設を建造することが可能だ。育成に必要な強化ポイントが時間経過で生産されるため、気軽にキャラクター強化に使っていこう。

Screenshot_2019-11-19-16-09-43-53_5f2debc441321690649006a7c4fc8396

▲施設の数が増えれば、そのぶん多くの強化ポイントが生産される。

しかし! 拠点には大量のゾンビが襲来することもあり、建造した施設がゾンビからダメージを受けると、強化ポイントの生産数が減少してしまう。

Screenshot_2019-11-19-07-11-48-19_5f2debc441321690649006a7c4fc8396

これに対して、施設がダメージを受けないように、ゾンビの侵入をはばむ鉄条網などを建造することも可能となる。

防御施設は無制限に設置できないため、優先度の高い施設をしっかり判断したい。

Screenshot_2019-11-19-16-34-02-52_5f2debc441321690649006a7c4fc8396

このあたりの要素は、RPG好きのみならず、ストラテジー好きに刺さること間違いなし。

12枚のパネルを操るコマンドバトルがおもしろい

捜索をすると敵とエンカウントすることがある。これを4体の味方キャラクターで倒していこう。

戦闘に突入すると、12枚のコマンドパネルがランダムに出現する。

パネルは4色あり、色は味方キャラクターに対応しているので、タップすることで該当の色のキャラクターが攻撃をしてくれる。

キャラクターが敵を攻撃すると、選択したパネルは消失し、直後パネル列の左側から新たなパネルがランダムに発生する。

cd23

▲3枚×4体、計12枚のパネルで戦っていく。

同じ色のパネルが隣り合っている場合は、スワイプすることで同時に選択でき、同時選択した枚数が増えるごとに、回復や全体攻撃などの特殊なスキルが発動するぞ。

とくに、3枚以上の同色のパネルを同時選択したときのスキルは、敵を一掃するほどの効果を持つことも。

なるべく同色のパネルを3枚以上選択していきたいが、違う色のパネルが交互に並んでいた場合は選択ができないため、つぎに同色のパネルが並ぶようにパネルを消す準備ターンも必要となる。

Screenshot_2019-11-19-14-10-05-71_5f2debcs441321690649006a7c4fc8396

▲パネルの同時選択は、連続して並んだ同色のパネルに対して可能だ。

なお、戦闘に突入する前の探索パートは、マスごとに目的地点が構成されたマップをエリアボスに向けて進んでいく形式となっている。

道中には戦闘になる敵だけでなく、アイテムや休息地点などが設けられており、移動先を考えるシミュレーション要素も体験できる。

Screenshot_2019-11-14-18-35-49-00_5f2debc441321690649006a7c4fc8396

▲戦闘終了後に味方キャラクターのHPは自動回復しないため、連戦は禁物だ。

制限時間内に落下してくる岩をよけるミニゲームが発生することがあり、イベントごとに異なるアイテムを入手できる。

2019-11-19_17h25_15

▲クリアーすると、拠点で施設を建造するための素材などが入手可能だ。

ストーリー、バトル、ストラテジーと、どこをとってもおもしろい

舞台設定と密に絡んだハードなストーリーを楽しんだ一方で、バトルのほうではコマンドパネルの組み合わせでスキルを狙うといった、頭脳戦の楽しさを満喫できた。

さらに、拠点での施設建造やゾンビからの防衛といったストラテジーゲームの要素もあるため、街づくりゲームやストラテジー好きも楽しめるだろう。

昨日リリースされた本作は、現在オデュッセウス役を務める植田佳奈さんのサイン色紙が貰えるキャンペーンを開催中!

気になった方は公式Twitterをチェックしてみよう。

コードシード_植田佳奈さんCP

【キャンペーン期間】
12月5日15時~12月11日23時59分

CODE:SEED -星火ノ唄-

対応機種iOS/Android
このゲームの詳細を見る
メーカーDMM GAMES
公式サイトhttps://code-seed.jp/offical/index.html
配信日配信中
コピーライト

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧