1. サイトTOP>
  2. シビアな難度がクセになる!?ジャイロ機能でレースやバトルに挑戦する『ローリングスフィア』オープンβテストまとめ

シビアな難度がクセになる!?ジャイロ機能でレースやバトルに挑戦する『ローリングスフィア』オープンβテストまとめ

2019-10-31 17:54 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

ローリングスフィア

最速を目指すプレイが盛り上がりそうなタイトル!

2019年10月28日までオープンβテストが実施されていたMiniascapeの新作アプリ『ローリングスフィア』。

kiji_01

本作はスマホやタブレットに内蔵された加速度センサーを使って擬人化した天体の球体部分を転がし、オンラインでのマルチプレイが楽しめるアクションゲーム。端末を傾けながら球体を動かし、ゴールを目指したり敵と戦ったりする遊びが体験できる。

本記事では、オープンβテストで遊ぶことができた内容を紹介していこう。

『ローリングスフィア』公式サイト

リスクとリターンを天秤にかける高難度コースはやり応え抜群

本作では、天体が擬人化したキャラクターたちを操作して、レースやバトルに挑戦することになる。

オープンβテストでは最初から複数体のキャラが入手済みの状態になっていたが、いずれもかわいらしいキャラクターばかりだった。

Screenshot_20191026-174646
Screenshot_20191026-174708

▲各キャラクターにイラストとモデルが用意されている。

レースやバトル中の基本的な操作は、端末を前後左右に傾けたりスキルアイコンをタップするのみ。端末を傾けた方向に向かってキャラが転がり続け、ブレーキボタンを押せば立ち止まることも可能だ。

ひとりでプレイするクエストでは3体のキャラクターをセットでき、それらを切り換えながら進めていくことになる。移動中に勢いがつきすぎてコース外に落下してしまうと、その時点で1キャラがリタイア。全キャラがリタイアするとゲームオーバーだ。

Screenshot_20191026-174827
Screenshot_20191026-175251

▲わずかな段差はあるものの、スピードが出ていると段差を越えて落下してしまう。3回落ちたらゲームオーバーなので、慎重に進む必要がある。

操作自体はシンプルなのだが、クエストで挑めるコースはかなりシビアな難度になっており、油断していると即ゲームオーバーになりかねない。

落下防止の段差がほとんど用意されていないコースや、スピードを出しすぎるとそのままコースアウトになる場所など、序盤から難しいコースが続く。

Screenshot_20191026-181225

▲スタート地点から段差がないステージも。油断していると即落下でリタイアになってしまうことも。

Screenshot_20191026-181629

▲坂道の先にダメージを受ける棘が……! 調子に乗ってスピードを出しすぎると痛い目にあってしまう。

また、ゴールまでの道のりが複数用意されているのもクエストのポイント。

安全だが遠回りになるルートとはべつに、危険をともなうがショートカットできる道が用意されていることがあり、プレイヤーのチャレンジ精神が試される。

Screenshot_20191026-181847

▲ぐるぐると回って内側のゴールを目指す円形のコース。よく見ると中央にショートカットできる細い道が用意されている。

Screenshot_20191026-181915

▲少しでも方向がずれたら確実に落ちる細い道。タイムのために無理をするか、安全策を取るかはプレイヤー次第だ。

操作する各キャラには攻撃や回復スキルのほか、ジャンプや加速するスキルが用意されており、これらを上手く使うことでより早くゴールできるようになる。

それぞれ使えるスキルや特性が異なるため、コースに応じて使用キャラを切り換えていくのがタイムを縮めるポイントになりそうだ。

Screenshot_20191026-181516
Screenshot_20191026-174852

クエストは3つの難度にわかれており、最高難度になるとほかのプレイヤーとのクリアータイムを競えるようになる。

ランキングに応じた報酬ももらえるようなので、正式配信後はクエストごとに上位ランクを目指すことがひとつの目標になるだろう。上位ランカーになると数秒でクリアーしている場合もあり、やり込むほどにタイムが縮んでいく奥深さを感じさせた。

Screenshot_20191026-212127

コースによっては敵キャラクターが登場し、これを倒すことで先に進めるようになることも。ジャイロ機能を駆使して敵に体当たりをしながら戦うバトルは、慣れてくると回避や距離を取る動作もできるようになりやり応えも出てくる。

今回のオープンβではフィールドに爆弾を設置し、操作をミスすると爆弾にぶつかってしまうギミックを持つ敵が登場した。独特な操作感のバトルシステムは、新鮮な感覚で楽しめるだろう。

Screenshot_20191028-110912

ひとりでプレイするだけでなく、ほかのプレイヤーとレースで競えるマルチプレイも用意されている。

ランクマッチのほか、任意のプレイヤー同士で集まって遊べるカジュアルマッチや、練習用のシングルモードも選択可能。こちらでは単純にコースを走るだけでなく、スキルを使ってほかのプレイヤーを妨害するような遊びかたもできそうだ。

Screenshot_20191026-211530
Screenshot_20191026-211541

高難度アクションを楽しみたい人は必見!

ジャイロ機能を使い、落下の危険性と隣り合わせのシビアなコースに挑む『ローリングスフィア』。

最初はやや難度が高いと感じられたものの、操作に慣れてくるとショートカットを探してみたり、スキルを駆使して最短クリアーを目指したりとプレイヤー自身が遊びの幅を広げられる作品になっていることがわかる。

プレイヤー同士がタイムを競うレースやバトルロイヤルは大人数でプレイすると一層盛り上がりそうなので、リリースを楽しみにしたい。

※本記事において、ジャイロセンサーという記載がありましたが、正しくは加速度センサーとなります。ご迷惑をおかけした皆様にお詫びするとともに、訂正させていただきます。

ローリングスフィア

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルアクション
メーカーMiniascape
公式サイトhttps://rolling-sphere.com/
配信日配信中
コピーライト

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧