1. サイトTOP>
  2. 新職業“銃士”が年内実装決定!最新情報が飛び出した『リネージュM』ファンミーティング“守護騎士の集い”潜入リポート!

新職業“銃士”が年内実装決定!最新情報が飛び出した『リネージュM』ファンミーティング“守護騎士の集い”潜入リポート!

2019-09-17 12:56 投稿

守護騎士たちが秋葉原に集結!

2019年9月15日、東京、アイ・カフェAKIBAPLACE店にて、NC Japanより配信中のMMPRPG『リネージュM』の公式ファンミーティングイベント“守護騎士の集い”が行われた。

 スライド1

本イベントは二部制で行われ、会場には各回約60名のファンが集まった。

イベントでは、『リネージュM』クイズやタイムアタックチャレンジなど、参加者同士で協力して楽しめるコンテンツが用意されたほか、最新情報の公開も行われ大きな盛り上がりを見せた。

会場には人気YouTuberのちゅうにーさんがMCとして登場したことも盛り上がりの一助に。来場者参加型コーナーでファンたちが各々交流を深めていたのも印象的だ。

ここでは、そんなイベントのリポートをお届けしていこう。

イベント参加者限定の、豪華プレゼントが配布!

会場ではまず、特大パネルがお出迎え。

IMG_7283

イベント参加者には缶バッジがプレゼントされ、ファン同士が交流を捗るための自己紹介カードも配られた。なお、缶バッジは全10種類用意され、配布はこのなかからランダムで1種類となっていた。

IMG_7280
IMG_7282

席には、豪華なお土産も! 誰でもデスナイトになれるフェイスタオルや、ふだん使いにもぴったりなカードホルダーなど、うれしい内容だ。

IMG_4667

▲デスナイトのフェイスタオルは非売品。めちゃくちゃかっこいい!

IMG_7287

▲会場はアイ・カフェAKIBAPLACEの一角。先着順に好きな場所に座れ、さらにフリードリンクというありがたいサービスも。

IMG_7291

▲テーブルにはA~Hのボードが置かれており、テーブルごとにチームを組んでのゲームが行われることが予想された。

新職業“銃士”年内実装決定!最新情報続々発表

そうしてイベントはスタート。人気YouTuberのちゅうにーさんが登場し、本イベントのMCを務めた。

 IMG_7299

続けて、プロジェクトプロデューサーの大河内 卓哉氏と運営プロデューサー川南 巌氏が登壇。『リネージュM』の最新情報が発表された。

 1-2

まず発表されたのは、新職業“銃士”と城ダンジョン(仮)実装の決定、そして新マジックドールが選定中であるという内容。

スライド4
スライド5
スライド6

大きな発表としては、やはり新職業“銃士”の実装が決定したというもの。遠距離タイプのエルフとの違いは、よりバフ/デバフに特化しているという点。より詳しくは続報に期待しよう。

なお、会場では「“銃士”のキャラクターを作るなら性別はどちらにする?」という質問が行われ、その結果は1部2部ともに男性でのキャラクタークリエイトを希望する人が多かったとのこと。実装前から、どちらでキャラクターを作るか考えてみるのもいいだろう。

プロデューサー陣のぶっちゃけトークが炸裂!

続いてのコーナーは、“リアル話せる島通信”のコーナー。こちらは、ユーザーからの質問や要望にプロデューサー陣が応えてくれるというもの。

まず最初に取り上げられた要望は、高級のデスナイト変身を希少や英雄でも使いたいというもの。

スライド8

こちらについて、川南氏は「よくわかります」と同調。現時点でこれを叶える予定はないようだが、この意見について「開発側に言ってみます。」と前向きな返答が。また大河内氏は、海外版には馬に乗ったデスナイトがいるので、そちらも実装してほしいと、みずからの要望も語っていた。

続いては、NON-PVPサーバーが欲しいという要望について。

スライド9

川南氏は「PC版にはあったが、現在の『リネージュM』にこれを実装するのは難しい」と返答。セーフティゾーンの増加など代替案を、開発陣に提出することを約束してくれた。

また「対人コンテンツを増やす予定はあるか?」という質問については「予定はないが、自分の力を試すようなコンテンツを開発中」との返答が。具体的にどのようなコンテンツになるのかは不明なので、そのときを期待して待つことにしよう。

スライド10

また、“葉っぱ(アインハザードの祝福)定額サービス”の年内実装予定に関する質問も飛び出したが、こちらは年内に間に合わせるように頑張っているということが伝えられた。

このほか、グッズ販売やイベント、チート対策、攻城戦の時間変更、現状機能の強化に関する質問も投げかけられた。

グッズについては、川南氏はデスナイトのアクションフィギュアを、大河内氏は高級時計やクルマを作りたいとのことだが、あくまでも希望であり実装は不明。

チーターやツーラーの対応については、引き続き厳粛に行っていくことが伝えられ、攻城戦の時間変更は要望が多ければ行うこと、そしてオートの性能強化はこれ以上しないこと、トレード機能はつけないことなども語られた。

『リネージュM』クイズやじゃんけん大会などお楽しみがたくさん

続いてのプログラムは、来場者が楽しめる参加型企画コーナー。まず行われたのは、『リネージュM』クイズ。『リネージュM』に関するクイズ全10問が出題され、座っているテーブルごとに回答を用意し、そのスコアを競うというもの。

なお、こちらの優勝チームには、“祝福された防具強化の巻物(刻印)”などがもらえるということもあり、参加者たちは大盛りあがり!

スライド17

問題はかなり難しかったが、会場にはかなりの強者たちが参加していたこともあり、正答率は高かった。とくに優勝したチームは、ほぼ全問正解というハイスコアを叩き出してぶっちぎりの優勝を獲得。会場にいるベテランプレイヤーたちも舌を巻くほどの知識量を見せつけてくれた。

コーナー中は、ゲームを開いて答えを探すことも可能だったので、チーム一丸となって和気藹々と問題に取り組んでいたのも印象的だった。

スライド18
スライド20
スライド26

▲今回出題された問題の一部。みんなは答えがわかるかな?

続いて行われたのは、試練ダンジョン“エヴァ王国2階脱出”のタイムアタック勝負。本ダンジョンのクリアータイムを、こちらもチーム単位で競い合うというものだ。

こちらも白熱したプログラムとなったが、なかでも盛り上がりを見せたのは優勝チームのクリアータイム。その時間、なんと4秒台! 10秒を切るだけでもかなりすごいのだが、この好タイムに会場は大いに湧き、優勝チームには、“呪われた防具強化の巻物(刻印)”などがプレゼントされた。

スライド39

最後は会場全体で、宝箱をかけたじゃんけん大会でイベントはエンディングへ。

2-2
IMG_7332

▲ちゅうにーさんや、川南氏、大河内氏といっしょにじゃんけん大会! 本イベント最大の盛り上がりとなった。

イベント最後は、プロデューサー陣からエンディングコメントが贈られる。

川南氏コメント
「すごい盛り上げてもらって本当にありがとうございます。これからも『リネージュM』よろしくおねがいします。またご意見とかあったら、Twitterとかで気軽にリプライを飛ばしていただけたらなと思います。」

大河内氏コメント
「まずこのゲームを遊び始めていただいて誠にありがとうございます。世界に比べると、日本はちょっと遅れてスタートしているゲームなので足りない部分もまだまだあると思いますが、みなさんと向き合って改善していきたいと思っておりますので、引き続きアデル大陸の冒険を楽しんでいただきたいです。今日はありがとうございました。」

イベントは大盛況のうちに終了、あっという間の1時間半だった。イベントのあいだも来場者たちはずっとゲームをし続けている人も多く、『リネージュM』が生活の一部となっているユーザーが多いこともわかった。

攻城戦も始まり、まだまだパワーアップできる要素を持った本作。インゲームのイベントだけでなく、リアルイベントなどの展開にも大いに期待していきたい。

リネージュM

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルMMORPG
メーカーエヌ・シー・ジャパン
配信日配信中
コピーライト

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧