1. サイトTOP>
  2. 【新作】アニメとゲームの境界線を越えた名作パズルアドベンチャー 『フォーゴットン・アン』

【新作】アニメとゲームの境界線を越えた名作パズルアドベンチャー 『フォーゴットン・アン』

2019-09-07 11:00 投稿

忘れられしものが生きるフォゴットンランドへ

この現実世界にもうひとつ、寄り添うように別次元の世界がある。

そこは、忘れ去ってしまったもの“フォゴットリング”たちが魂を宿し暮らす空間“フォゴットンランド”。

主のもとに帰ることを願い生きる彼らがいる街で発生した事件をきっかけに、執行官のアンがその調査を解明に身を投じていく。

本記事で紹介する『フォーゴットン・アン』は、Nintendo SwitchやXbox One、PlayStation4でもリリース。アニメーションとゲームプレイを織り交ぜ、ひとつの映像として物語を描いたことで話題を集めているパズルアドベンチャーゲームだ。

forgotton01

ゲームの見どころ
●一連の物語を融合した魅惑のプレイ体験
●作り出したものに命が宿るその意味を学ぶ

一連の物語を融合した魅惑のプレイ体験

おもちゃや衣類、家具や家電など愛着のあったものでもいつかは手放すときがくる。

その中には気づかぬうちに失い、存在すら忘れてしまったものも数知れず。そうしたものたち“フォゴットリング”が行き着く“フォゴットンランド”が本作の舞台だ。

forgotton02書き込み
forgotton03書き込み
forgotton04書き込み

主人公のアンは街の機関を稼働させる“アニマ”と呼ばれるエネルギーとそれを操る道具“アルカ”を使い、フォゴットンランドを統治するボンク師の指示のもとで働く執行官

このふたりと彼らに関わるフォゴットリングたちを中心に物語は描かれていく。

forgotton05書き込み
forgotton06書き込み

そんなある日、アニマの暴発事件が発生。フォゴットリングの中に潜む反乱分子が仕掛けたこの事件を描くのが、本作最大の注目ポイント、アニメーションとゲームプレイを融合させた演出だ。

forgotton07書き込み
forgotton08書き込み

物語の合間には簡単なパズル要素や選択肢が発生。アニマを回収して不足している場所に供給するなど、さまざまな出来ごとが待ち受けている。

そうしたゲーム要素とアニメパートの切り換わりに違和感がほとんどなく、壮大な物語に自然と引き込まれていくのだ。

forgotton09書き込み
forgotton10書き込み

作り出したものに命が宿るその意味を学ぶ

選択肢は物語に大きな変化を与えるものではなく、目の前の自体にアンがどう対処するのかを決めるもの。

極端に言えば肯定と否定の2択のようなもので、彼女を中心に描かれる会話は世界を引き立てる重要なパートだ。

forgotton11書き込み
forgotton12書き込み

その中でも興味を引くのが、人間の作り出したものに命が宿るという世界とアニメーションの関係性

本作の冒頭で描かれるのは、出社するため着替えている男性が靴下の片方を探して右往左往する様子。

ベッドの下に置き忘れられた靴下はフォゴットンランドに転送。命を宿しセカンドライフを送るための検閲を受ける。

forgotton13書き込み

本来、動くはずもないものが魂を吹き込み、生き生きと動き出すその様はアニメーションそのもの。

フォゴットンランドという世界の在りかたとアンという人間の存在。作り物に命を与えることの意味に直面していく後半の展開は必見だぞ。

forgotton14書き込み

P.N.深津庵
※深津庵のTwitterはこちら

動画でも新作紹介しています

毎週更新!ファミ通App的最新ゲームランキング

YouTubeチャンネル登録して動画をいち早く見よう!

ファミ通AppのTwitterをフォロー

フォーゴットン・アン

対応機種iOS
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
メーカーコーラス・ワールドワイド
配信日配信中
コピーライト

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧