1. サイトTOP>
  2. 『ポケモンGO』モバイルバッテリーシェアリング“ChargeSPOT”がポケストップに!

『ポケモンGO』モバイルバッテリーシェアリング“ChargeSPOT”がポケストップに!

2019-08-05 14:42 投稿

全国5000ヵ所のバッテリースタンドがポケストップに!

『ポケモンGO』の公式パートナーとして、INFORICH(インフォリッチ)が参加。

2019年8月5日よりINFORICHの運営するモバイルバッテリーシェアリング“ChargeSPOT”の一部のバッテリースタンドがポケストップとしてゲーム内に登場する。

main

年内には合計5000ヵ所にポケストップを設置。チャージスポットならではのコラボレーションキャンペーンや充電インフラの創造に取り組んでいくとのことだ。

 sub2

キャンペーン詳細はこちら

なお、『ポケモンGO』の日本の公式パートナーとしては、ほかにも以下の企業が参加している。

日本マクドナルド:2016年7月
ソフトバンク/Y!Mobile:2016年8月
イオングループ:2016年12月
伊藤園/タリーズコーヒー:2018年2月
セブンイレブン:2017年4月
ジョイフル:2017年4月
TSUTAYA:2019年3月
マツモトキヨシ:2019年6月

ChargeSPOTのサービスについて

 sub3

日本初のモバイルバッテリーシェアリングChargeSPOT。レンタル方法はアプリでバッテリースタンドのQRコードをスキャンするだけの簡単操作。
2018年4月のローンチからわずか1年で日本全国47都道府県に広がり、グローバルでも香港、タイ、台湾とエリアを拡大中。

アプリから近くのバッテリースタンドを探してバッテリーを借り、べつのバッテリースタンドに返却することが可能。

また『ChargeSPOT』専用アプリに加え、LINE公式アカウント内からもサービスを利用することが可能になり、事前に専用アプリをダウンロードしていなかった場合もその場でサービスを利用できるように。

<ChargeSPOT利用方法>

 sub4

1.『ChargeSPOT』のアプリをダウンロードし、アカウント登録。

2.アプリでバッテリースタンドの場所を検索し、利用するバッテリースタンドへ向かう。

3.表示されているQRコードを読み取る。バッテリースタンドのスロットから出てくるモバイルバッテリーを取り出し、対応するケーブルを接続すれば、移動中にさまざまなデバイスの充電が可能。

4.アプリで最寄りのバッテリースタンドを検索し、空いているスロットにモバイルバッテリーを差し込むことで返却は完了となる。

<利用料金>

48時間以内まで300円(最初の1時間は150円)

48時間以降は2280円[税抜]でバッテリー返却不要となる。

 sub5

ポケモンGO

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルその他
メーカーナイアンティック
公式サイトhttp://www.pokemongo.jp/
配信日配信中
コピーライト

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧