1. サイトTOP>
  2. 『D4DJ』と『バンドリ!』のアーティストが出演する合同ライブの2日目をレポート

『D4DJ』と『バンドリ!』のアーティストが出演する合同ライブの2日目をレポート

2019-07-29 11:36 投稿

『D4DJ』と『バンドリ!』の2大コンテンツが楽しめるライブ

2019年7月20~21日の2日間、幕張メッセにて『D4DJ 1st LIVE』が開催された。『D4DJ』は『バンドリ!』、『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』に続いて、DJをテーマにアニメ、ゲーム、声優によるライブなど様々なメディアミックスを展開するブシロードの新プロジェクトとなっている。

d4dj_001

1日目は『バンドリ!』プロジェクト発のボーイズバンド“Argonavis”によるライブでスタート。第二部”D4DJ 1st LIVE -Day1-“では、作品に登場するキャラクターと声優の発表とDJライブを開催。さらに、早くも”D4DJ 3rd LIVE(仮)”の開催発表まで行われ、会場は大いに盛り上がった。
⇒1日目レポート

本稿では2日目に行われたDJライブと、“RAISE A SUILEN”による特別追加公演の模様をレポートする。

チームごとの様々な色が発揮されたDJライブ

トップバッターは“Happy Around!”から、西尾夕香(愛本りんく役)、各務華梨(明石真秀役)、三村遙佳(大鳴門むに役)の3人が登場。簡単な自己紹介の後、オープニングナンバーのオリジナル楽曲“Dig Delight!”を披露。ポップで可愛らしいメロディに重低音のドラムサウンドが響く一曲。声優陣も跳ねるように踊りながら会場を煽ると、間髪を入れずにカバー曲の“ぽっぴん’しゃっふる”を披露。アップテンポのクラブサウンドにアレンジされ、DJを務める三村が煽ると原曲同様に「ぽっぴん!ぱっぴん!」や、サビ前の「ぽっぴんぴん…」のコールが会場中に響きわたる。続いては、「皆さん、タオルを回して!」と西尾が呼びかけ、会場に広がるタオルの波の中、“ココロオドル”が披露される。女性ボーカルによってポップでキュートなラップにアレンジされ、サビの「ENJOY!」、「IT’S JOIN!」、「READY GO!」などのコールで盛り上がる。3曲を一気に披露したところでMCへ。自己紹介と共に自分の担当キャラも紹介し、本日参加できなかった志崎樺音(渡月 麗役)からのビデオメッセージが流される。また、それぞれが自分のキャラに対する思いや今後の活動への意気込みを語った。最後は、再びオリジナル楽曲の“Direct Drive!”で、ドラムサウンドの重低音が会場の空気を震わせる。ラスサビ前にはキャスト陣の「D4D!」の声に会場が「J!」と叫ぶコール&レスポンスで盛り上がった。

_K5S2303

続いては加藤里保菜(青柳 椿役)、大塚紗英(月見山渚役)、もものはるな(矢野緋彩役)、つんこ(三宅葵依役)の4人による“燐舞曲(ロンド)”が登場。こちらは黒と青のカラーの衣装。イントロとともに、つんこが「お前らやれんのかー!」と大絶叫で会場を煽り、一気に会場のテンションがMAXに。1曲目のカバー曲、“名前のない怪物”はイントロで気づかなかった観客が最初の歌いだしを聞いて一斉に歓声を上げる。ラスサビ前には再びつんこが「頭振れー!」と会場に向かって叫ぶと、歓声と共に一斉にヘッドバンギングとコールが響き渡る。間髪入れずに、印象的なピアノのイントロから始まった“unravel”はシンフォニックにアレンジされ、ロックサウンドながらどこかクラシックなイメージもあり、観客はじっくりと聞き入っていた。MCでは、自己紹介の後、見どころとしてユニットカラーに合わせて青のワンポイントを入れた衣装を紹介した。最後となる“燐舞曲”のオリジナル楽曲、“瞬動-movement-”はAメロで、つんこのボーカルとももぞのコーラスから始まり、Bメロ、サビで加藤のハイトーンの歌声が響く。大塚は曲中のハードなギタープレイや、ラスサビ前のギターソロなど、それぞれの見せ場を作る楽曲でクールに締めた。

_K5S4112

続いて登場するのは平嶋夏海(瀬戸リカ役)、岡田夢以(水島茉莉花役)、葉月ひまり(日高さおり役)、根岸愛(松山ダリア役)の4人による“Merm4id(マーメイド)”。黄色を基調とした夏を感じる衣装で登場し、1曲目はクラブサウンドにアレンジされた“CAT’S EYE”をカバー。マイク加工でデジタルな音質になったボーカルが印象的だ。そのまま曲が転調すると、エスニックな雰囲気も感じるイントロからトランス調にアレンジされた“キューティーハニー”を披露。リズムに合わせてジャンプしながら会場を盛り上げ、セクシーなダンスを披露すると歓声が上がる。MCの自己紹介では、キャラクターの名字が港の名前から取られている事や、“Merm4id”の表記の“4”はメンバーの人数に合わせている事など、ユニットに関するエピソードを披露した。最後はオリジナル曲、“Floor Killer”を披露。デジタルな曲調に、セクシーなダンスが特徴的で、サビでは会場が一体感となり、歌詞に合わせて観客の「Foo!」というコーラスが続く。ラスサビ前には、「いっぱい盛り上がってください!」という声に応えるように渾身のコールが巻き起こった。

 _K5S5330

続いては“Photon Maiden”から岩田陽葵(花巻乙和役)、佐藤日向(福島ノア役)の2人が登場。本来、DJを務める紡木吏佐(出雲咲姫役)がこの後に控える“RAISE A SUILEN”のライブで抜けているため、DJ ALLISAがサポートメンバーとして登場。こちらのユニットはヘッドセットマイクを使って、ダンスと動きをメインのパフォーマンスを披露してくれた。オープニングはカバー曲の“99 ILLUSION!”からスタート。間奏では「もっと声出してください!」と煽ると「ハイ!ハイ!」と観客がコールで答える。間髪入れずに曲が転調し、続いてはトランスアレンジされたカバー曲の“HOT LIMIT”が披露される。イントロから、「ハイ!ハイ!」と観客を煽り、曲中では「Are you ready?!」に合わせて「ゴー!」と観客が答えるコール&レスポンスで盛り上がった。自己紹介では、1日目に参加していなかった佐藤はPhoton Maidenのキャストとして初めてのステージを迎えられた喜びを語ると、岩田は紡木と前島亜美(新島衣舞紀役)が不在で、次は4人揃ってステージに立ちたいので引き続き応援して欲しいと呼びかけた。最後はオリジナル曲“Photon Melodies”を披露。重低音のデジタルサウンドにダンサブルな曲調で、英語歌詞の多用や、間奏では長めのダンスパートが差し込まれるなど、歌詞とビジュアルの2軸で楽しめる楽曲で会場を盛り上げた。

_K5S6475
_K5S6641

最後に登場するのは“Peaky P-key”から愛美(山手響子役)、高木美佑(犬寄しのぶ役)、小泉萌香(笹子・ジェニファー・由香役)の3人が登場。もう一人メンバー、倉知玲鳳(清水絵空役)についてはこの後の“RAISE A SUILEN”のライブのため不参加となった。イントロと共に愛美が「最後のグループ、盛り上がっていけますか?」と観客を煽ると、会場は大きな歓声で答える。1曲目はオリジナル楽曲の“電乱★カウントダウン”。デジロックな曲調にピアノサウンドが混ざりシンフォニックなイメージも感じられるオリジナル楽曲。曲中のユニット名を叫ぶ歌詞、「Peaky P-key!」に合わせて、会場も大合唱。YouTubeの『D4DJ』公式チャンネルで試聴配信をしていた事もあるためか、観客のコールのタイミングもピッタリだ。続いて「皆さん、手拍子してください!」と会場を煽り、“アゲハ蝶”のカバーを披露。原曲よりもアップテンポになり歌詞の多さも相まってよりスピーディーなイメージだ。サビに合わせて、キャスト陣がタオルを回すと、観客も一斉にタオルを回す。間髪入れずに転調して披露されたのは“夢見る少女じゃいられない”のカバー。クラブロックにアレンジされ、原曲同様、サビの歌詞、「夢見る少女じゃいられない…」に合わせて「オイ!」という大合唱と共にジャンプする観客の姿が見られた。一気に3曲披露した後のMCパートでは、自己紹介と共にそれぞれキャラクター紹介を行った。最後はオリジナル楽曲、“Let’s do the ‘Big-Bang!’”を披露。ゴシックイメージなピアノソロのイントロで始まったかと思うと、一気に転調し激しくハイテンポのラウドサウンドになり、さらにデジタルでポップな曲調に変化する箇所もあるなどバラエティに富んだ楽曲だ。昨日披露されたばかりだが、ステージの声優陣に合わせて観客のペンライトをしっかりと振っていた。最後は、昨日同様に“D4DJ 2nd LIVE”と“D4DJ 3rd LIVE(仮)”の告知が行われ、『D4DJ 1st LIVE』は終了した。

_SHUGO (5)

©bushiroad All Rights Reserved.

RAISE A SUILENの勢いを見せつける熱い公演

休憩を挟んで、RAISE A SUILEN”Heaven and Earth”特別追加公演 UNSTOPPABLE LIVEが行われた。7月13日(土)、14日(日)神戸ワールド記念ホールで開催されたばかりの”RAS”単独ライブ。その追加公演として開催されたこのライブでは、休憩中には過去のライブ映像が流されており、開始前から観客のテンションはMAX状態だ。オープニングはドラムのイントロが特徴的な“A DECLARATION OF ×××”。イントロの歌詞、「RAISE YOUR HANDS, NOW
!」を観客が拳を挙げて大合唱しスタートする。サビの「I know(You know?) You know?(I know)」、「3, 2, 1, JUMP!」とスピーディーなコールも観客の息はピッタリだ。続いて披露されるのは先月発売になったばかりの新曲、“Invincible Fighter”。ピアノのメロディーやデジタルなサウンドも混ざった楽曲は疾走感に溢れており、イントロから「ハイ!ハイ!」と観客のコールも力強く後押しする。ラスサビ前の決め台詞、「Invincible Fighter」では大歓声が上がった。3曲目は先日の神戸でも披露された“1/3の純情な感情”のカバー。イントロのギターソロと歌いだしで、再び歓声が上がる。Bメロでは「Give me smile and shine days」の歌詞に合わせて観客から「Foo!」という声が飛ぶと、サビでは曲に合わせて観客がペンライトを左右に振り、会場には大きな波が起こり盛り上がる。

MCではベース&ボーカルのRaychell(レイヤ役)、ギターの小原莉子(ロック役)、ドラムの夏芽(マスキング役)、キーボードの倉知玲鳳(パレオ役)、DJの紡木吏佐(チュチュ役)の自己紹介が行われ、次の楽曲“R・I・O・T”を披露。イントロの歌いだしの後、Aメロ前にRaychellが「行くぞ!幕張!」と絶叫すると、大歓声で観客が答える。Bメロの「passions run R・I・O・T」では歌詞に合わせて観客も大合唱。1コーラのサビとラスサビ前にある決め台詞がこの楽曲の特徴であり、最新シングルの“Invincible Fighter”も受け継がれている。間奏では「幕張、全然声が聞こえないね!」と観客を煽り、負けじと大きな歓声で会場が応える。続けて、歌声のイントロで始まる“UNSTOPPABLE”が流れると、悲鳴のような歓声が一気に上がった。間奏では「ハイ!ハイ!」とコールが巻き起こり、続けてAメロは手拍子が鳴らされると、Bメロ、サビと観客のコーラスが重なっていく。ラスサビ前の間奏では、メンバーと観客がヘッドバンギングを合わせて会場は盛り上がった。

 

 hiki

カバー曲に新曲披露などバラエティに富んだセットリスト

後半に入り、特徴的なギターイントロの“Hey-day狂騒曲“のカバーを披露。Bメロ、サビとそれぞれアップテンポなコーラスが多いが、観客の声とメンバーの演奏による一体感が楽しい1曲。続いてはリズミカルなイントロから一気にテンポアップする“Y.O.L.O!!!!!”のカバー。サビではRaychellの「行くよ!」の掛け声に合わせて、「Hey“Y.O.L.O!!!!!”」と「Yes, sir!」のタイミングもピッタリだ。ラスサビ前、「行くよ!」と煽る声に合わせ、観客も「ハイ!ハイ!」とコール&レスポンスが行われた。

MCを挟んで披露されたのは“激動”のカバー。曲名がコールされると、会場からは悲鳴のような歓声が沸き起こる。イントロでは倉知の力強いピアノソロが響き渡り、会場からは感嘆の歓声が上がる。Bメロの紡木によるハイテンションなラップに続いて、Raychellの力強いサビの対比が楽曲にメリハリをつけている。

DJプレイから、ドラムソロ、ギターソロからキーボードソロと続き、「WOW… WOW…」と観客を巻き込んでのフェイクの大合唱が行われる。「お前ら新曲聞きたいか?!」と観客を煽ると、“DRIVE US CRAZY”を披露。イントロ、曲中では、先ほどと同じ「WOW… WOW…」のフェイクの大合唱が行われ、激しいロックサウンドでありながら荘厳な雰囲気も感じられた。続いて「最後まで全力でかかってこれるか?!」と煽ると、大歓声と共に最後の曲、“EXPOSE ʻBurn out!!!ʼ”が披露される。全てをぶつける勢いでイントロから力強く、「ハイ!ハイ!」とコールが巻き起こる。Aメロ、Bメロや、サビとそれぞれ観客が参加できるコーラスが多めとなっており、会場が一体となる楽曲で盛り上がった。最後はロングアウトロを披露すると共に、会場に向かって「お前ら最高だ!」と叫んで終了。大歓声に包まれる中、最後はメンバー全員がステージで抱き合った後、上手から下手へと歩きながら観客に向かって感謝の言葉を述べる。途中、Raychellから夏芽が誕生日を迎えたばかりだと紹介すると、会場から「おめでとうー!」と口々に歓声が上がる場面も。最後はステージ中央にメンバーが揃って「ありがとうございました!」と叫ぶと、拍手に包まれながらライブは幕を閉じた。

 syugo

(C)BanG Dream! Project

『D4DJ』は既に3rd LIVEまで発表されており、今後はさらなる楽曲の追加によるライブの盛り上がりや、当初から掲げているメディアミックスがどのように展開していくのか要注目だ。一方、“RAISE A SUILEN”も次回は“Roselia”との合同ライブの開催が決定しており、どういった内容になるのか、合同ライブならではのセットリストなど大いに期待したい。

all_cast

©bushiroad All Rights Reserved.
【セットリスト】
・Happy Around!
Dig Delight!
ぽっぴん’しゃっふる
ココロオドル
Direct Drive!

・燐舞曲
名前のない怪物
unravel
瞬動-movement-

・Merm4id
CAT’S EYE
キューティーハニー
Floor Killer

・Photon Maiden
99 ILLUSION!
HOT LIMIT
Photon Melodies

・Peaky P-key
電乱★カウントダウン
アゲハ蝶
夢見る少女じゃいられない
Let’s do the ‘Big-Bang!’

・RAISE A SUILEN
1.A DECLARATION OF ×××
2.Invincible Fighter
3.1/3の純情な感情
4.R・I・O・T
5.UNSTOPPABLE
6.Hey-day狂騒曲
7.Y.O.L.O!!!!!
8.激動
9.DRIVE US CRAZY
10. EXPOSE ʻBurn out!!!ʼ

D4DJ

メーカーブシロード
公式サイトhttps://d4dj-pj.com/

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧