1. サイトTOP>
  2. スクエニ最新作『ラストイデア』は果たしてハクスラ好きに刺さるのか?ハクスラ大好きライターから聞いたハクスラの魅力とは――

スクエニ最新作『ラストイデア』は果たしてハクスラ好きに刺さるのか?ハクスラ大好きライターから聞いたハクスラの魅力とは――

2019-05-20 18:00 投稿

ハクスラ好きに絶対おすすめの1本

ハクスラとは、Hack(ぶった切る)と、Slash(ぶった切る)という、ふたつの物騒な言葉を組み合わせた言葉“ハック・アンド・スラッシュ”の略で、とにかく敵を倒すことがゲームシステム的に重要なタイトルを指すゲーム用語だ。

ちなみに、“ハクスラ”タイトルとして有名なのは、世界中に熱狂的なファンを抱えるPCゲーム『Diablo』だろう。この『Diablo』に、“敵を倒すことで手に入る装備を集め、キャラクターを強化していく”というトレハン要素が入っていたため、トレハン要素のあるRPGのことを“ハクスラ”と呼ぶ人も多い。

D1h9xMZUkAAR24r

スクウェア・エニックスより配信中のトレジャーハントRPG『ラストイデア』も、そんなハクスラ体験をスマホで手軽に楽しめるタイトルのひとつだ。

本作は、“スマコマ”と呼ばれる直感操作システムを駆使し、無数のダンジョンに挑むアクションRPG。ガチャがなく、最高レア装備であっても敵からのドロップで入手可能なトレジャーハント要素や、最大3種のスキルツリーを組み合わせる自由度の高いキャラビルドなども大きな魅力となっている。

そこで今回は、ハクスラゲーに人生を狂わされたという、ハクスラ大好きゲームライターにプレイしてもらった意見を交えながら、ハクスラの素晴らしさ、そして『ラストイデア』の魅力を解き明かしていきたいと思う。

※記事内で使用している画像はすべてアップデート以前のものになります

高レア装備がドロップした瞬間がたまらない!

Q.これまでのハクスラ歴を教えてください。

A.はじめて遊んだハクスラはおそらく『Diablo2』。その後『Torchlight』や『Path of Exile』を経て、タワーディフェンス×ハクスラの『Dungeon Defenders』にもドハマりしましたね。『Dungeon Defenders』だけで、プレイ時間は1400時間を越えています。

Q.ふだんはソロプレイ派ですか? それともマルチプレイ派ですか?

A.マルチプレイができるタイトルならマルチ優先。やはりハクスラは、友だちとワイワイ騒ぎながら遊ぶのがいちばん楽しいです!

Q.プレイ中のどんな瞬間に魅力を感じますか?

A.敵を一網打尽にした後に、高レアリティのドロップが複数出現した瞬間ですね。それがクセになって周回プレイに没頭して、気付いたら土日が終わっていたなんてこともよくあります。

『ラストイデア』の推しポイントその1:レアドロップなるか!?どきどきのトレジャータイム

彼が言うように、やはりハクスラの魅力を語るうえで外せないのは、斬って斬って斬りまくる爽快感を味わった後に、ドロップアイテムの内容を見て一喜一憂する瞬間なのだろう。

『ラストイデア』でも、ダンジョン終了後の“トレジャータイム”にて、入手した宝箱をプレイヤー自身の手によって鑑定するドキドキの展開が待っている。

2019_04_15_16_09_55.mp4_snapshot_02.34_[2019.04.15_20.32.35][1]Screenshot_20190415-161235[1]

▲まさにご褒美ともいうべき演出でおくられる“トレジャータイム”。連続周回を終えた後には、ご覧の通り大量の宝箱に囲まれることも。

さらに本作では、初期から600種以上存在する装備品を、すべて敵からのドロップで集めることが可能。もちろん、そこには最高レアリティの★5装備も含まれる。

また、装備品には基本ステータスに加えて“プロパティ”というランダム効果が備わっていることがあり、ひとつとして同じ装備が存在しないという点もハクスラ好きのツボを押さえている。

Screenshot_20190415-202158Screenshot_20190415-202258

▲中には通常攻撃が連鎖する稲妻をまとうようになるといった、特別なスキルを備える武器がドロップすることも。最強装備を求めてダンジョンを周回する楽しみは尽きそうにない。

Screenshot_20190410-173608Screenshot_20190410-194400

▲本作は一部マルチプレイにも対応。スタンプチャットなどでコミュニケーションを取りながら、パーティープレイに興じよう。日常生活の崩壊には注意!

ハクスラのキャラビルドには環境の研究が欠かせない!?

Q.ハクスラといえば、スキルツリーによる成長システムがウリですが、ふだんはどんなキャラクターを目指してビルドしていくのでしょうか?

A.環境によって変わっていくので、ゲームにもよりますが、どんなビルドにも道があるのならば火力に寄せがちです。一撃で大量の敵をなぎ払う爽快感は格別です。

Q.やはりマウス&キーボードによる操作が主流なのでしょうか?

A.ハクスラは操作量の多いタイトルが多いので、基本はマウス&キーボード操作ですね。なので、スマホでも快適に操作できるものがあるのなら、興味があります。あったらやってみたいですね。手軽に遊べるというのは魅力的です。

『ラストイデア』の推しポイントその2:スキルツリーの選択でキャラビルドの可能性は無限大!

やはり、ハクスラ経験が長ければ長いほど、キャラビルドの方向性を定めるにあたって“現環境に適したスキル構成かどうか”は気になってしまうところ。

しかし『ラストイデア』の場合、剣スキルや弓スキル、死霊スキルなどを始めとする初期10種以上のスキルツリーを最大3種まで装備できるため、組み合わせは無数に存在することになる。

見知らぬだれかが見出した環境に左右されることなく、自己流の最強ビルドを探し出したいという人ほど、本作のキャラビルドは魅力的に映るはずだ。

Screenshot_20190415-202543Screenshot_20190415-202558

▲スキルツリーにひも付くスキルを、どう取得し強化していくかも悩ましい。振り分けたスキルポイントはゴールドを支払うことでリセットでき、スキルツリーも“転生の宝玉”という特殊アイテムを消費することで再選択が可能。

また、取得したスキルは、“スマコマ”というスワイプやダブルタップなどのジェスチャーで発動できるのも本作の特色のひとつ。

キーボード&マウスによる操作やゲームパッド操作のいいとこ取りとも言える、スマホに最適化された直感操作で本格ハクスラバトルを楽しめるのだ。

Screenshot_20190415-2020272019_04_10_18_29_48.mp4_snapshot_01.00_[2019.04.10_19.48.50]

▲タップやスワイプ以外にも、ピンチインや2本指スワイプ、円を描くといった多彩なジェスチャーで操作可能な“スマコマ”。どのスキルをどのジェスチャーに設定するかという部分も、プレイヤーの好みで変更できる。もちろん一網打尽にするようなスキルもあるので、火力に寄せたい場合もバッチリ!

2019_04_15_20_47_33.mp4_snapshot_00.55_[2019.04.15_20.55.28]2019_04_15_20_47_33.mp4_snapshot_00.56_[2019.04.15_20.55.37]

▲敵が大技を放って来る兆候が見えたら、シングルタップでキャラクターを移動させて距離を取るといった操作も自由自在。こうした部分は、PCゲームで主流のマウス操作に近いとも言える。

▲ダンジョンは複数のウェーブで構成されており、出現した敵をすべて倒すとつぎのウェーブに自動移行する形式。フィールド探索などの手間がかからないぶん、スキマ時間で気軽にプレイ可能だ。

ハクスラ体験を盛り上げるゲームデザインの重要性

Q.バトルや成長要素といったゲームシステム面において、“ハマれるかどうか”を左右するのはどんな部分だと思いますか?

A.AoE(範囲攻撃)が気持ちよく撃てるかどうかや、ビルドで出せる個性の幅、クエスト出現のタイミングといった、ゲームバランスの良さは何より大事ですね。やはり、ハクスラは気持ちよくバトルが出来てナンボですから!

Q.ゲームシステム面以外にも重要視している部分があれば教えてください。

A.プレイを盛り上げるBGMも大切な存在です。トレハン系のハクスラはひたすら同じマップを周回することが多いので、安っぽいBGMがかかっているとテンションが下がりますね。

『ラストイデア』の推しポイントその3:BGMのメインコンポーザーは景山将太氏!

彼は、キャラクターの成長を楽しむジャンルだからこそのゲームバランスをいちばんに挙げる一方で、BGMの重要性も説いた。

確かに、BGMもそのゲームにのめり込めるかどうかを左右する大事な要素だ。

『ラストイデア』は、メインコンポーザーに国民的人気ゲームのシリーズ楽曲も担当している景山将太氏を起用。

さらに、景山氏の楽曲をゲーム音楽のプロオーケストラ“JAGMO”による演奏で収録するなど、BGMにも並々ならぬこだわりを見せている。

2019-04-15_20h50_40

▲制作発表会に出演し、生演奏を行った影山氏と“JAGMO”のメンバー。

⇒制作発表会の模様はこちらから。

というわけで、ここまで話を聞く限り、彼の好みとするハクスラの特徴に『ラストイデア』はドンピシャに当てはまっている。これならきっと気に入ってくれるのではないか! ということで、じっさいにプレイしてもらった。

◆ハクスラ大好きゲームライターによる『ラストイデア』インプレッション

ハクスラって、ゲーム中盤以降、装備やスキルビルドの選択肢を得られてからが本番、いわゆる“スルメゲー”なのですが、『ラストイデア』は序盤からおもしろさがありますね。でもそこはハクスラ、やりこめばやりこむほど、もっとおもしろくなっていくのではないかと思います。

装備を集めて、厳選して、キャラを強化する……といった、ハクスラの基本は押さえつつも、PCゲームのような難しい操作はないので、カジュアルプレイヤーでも遊びやすいのではないでしょうか。スマホなのにガチャがないというのも挑戦的なタイトルだな、と思いますし、あと音楽いいですね~。

ハクスラって、プレイするまでのハードルが高めのゲームジャンルなので、これなら初心者も入りやすいと思います! ぜひ皆さんもこれを機に、ハクスラの魅力にどっぷり浸かってください!

というわけで、かなり楽しんでプレイした様子。いい意味でスマホ向けタイトルらしからぬトレジャーハント要素を備えつつも、“スマコマ”による直感操作でストレスフリーなハクスラ体験が楽しめる『ラストイデア』。

ハクスラ初心者からコアゲーマーまであらゆるゲームファンをうならせてくれるだろう。これを読んで興味を持った人は、ぜひ『ラストイデア』をインストールして遊んでみて欲しい。


▼動画でも『ラストイデア』を紹介しています

LAST IDEA(ラストイデア)

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG
メーカースクウェア・エニックス
公式サイトhttps://www.lastidea.jp
配信日配信中
コピーライト

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧