1. サイトTOP>
  2. 【今日の編集部】『メギド72』がスマホRPGの楽しみかたを思い出させてくれた

【今日の編集部】『メギド72』がスマホRPGの楽しみかたを思い出させてくれた

2019-01-19 01:17 投稿

久々の個人的ヒットRPG

【本日の担当:おこめちん】
IMG_2198 (1)

僕は新しいゲームをプレイする時は必ずといっていいほど、“リリース初期”からがっつりプレイして、スタートダッシュを決めるべく先頭を突っ走る。

なぜか。

お得だからである。

昨今のスマホRPGは大抵ランキング制度であったり、PvPだったりの要素が盛り込まれており、上位数%に食い込むことできれば継続的な恩恵(ゲーム内アイテムや通貨)を得られるものが多い。

そういった恩恵がないものでも、スタートダッシュを決めることで上位のコミュニティ(ギルドやチーム)に属しやすくなり、トップ層が集まるそのコミュニティならではの最新情報、攻略情報が得られることが往々にしてあるのだ。

つまりお得なのである。スタートダッシュは正義。そう思っていたころが僕にもありました……。

でもね、そんなのをくり返していくうちに消耗していくんです。その根を詰めていたゲームに飽きが来て、また新しいゲームに。飽きがしばらく来ずとも、トップ層を維持することに疲弊して、次第にゲームから離れていく。

そんなことをくり返すうちに、僕はスマホRPGをプレイしなくなっていきました。結果、アクションやMOBA、RTSといったジャンルのゲームを好んでプレイするようになり、RPGから離れていったのだ。

でも、それは“RPGが嫌いになった”のではなく、自分のプレイスタイルに問題があった。そう気付かせてくれたのが『メギド72』。

『メギド72』のリリース日は2017年12月7日。リリースしてからすでに1年以上経過しているスマホRPGだ。

これまでの自分だったら、まず“プレイするという選択肢がない”と言える期間が経過したゲームと言えるだろう。リリース日からプレイしている先駆者とは1年以上のプレイ期間の差がついており、ゲーム内資産や知識に於いて、追い付くことは不可能に近い。

そんな、従来の僕であればダウンロードもしないであろうゲームをなぜプレイする気になったのか。

答えは、パラパラだ。

パラパラとは?

パラパラとは、1980年代後半に日本で発祥したダンスの一種。上半身は手や腕を動かす一定の振り付け(以下、パーツと称する)の組み合わせ、下半身は2ステップと称される左右移動によって構成される特徴があり、おもにユーロビートなどのダンスミュージックを音楽として、ディスコやクラブといった場所を中心に踊られている、というもの。

つまり、パラパラとは要約するとダンスの一種だ。めっちゃ簡易なダンス。僕が中学生くらいのころは第三次ブームが来ていた。

いまの若い子はパラパラという概念を知らないのかもしれない。ガングロのパンダメイクをしたギャルが、ひたすらに左右一定のリズムでステップを刻みながら、手をクネクネ動かす。それがパラパラだ。

踊っている対象はガングロでなくても、パンダメイクをしていなくとも、ギャルでなくともパラパラは成立するという点については留意したい。

なぜ、ここまでパラパラが一大ブームを築いたのか? パンダメイクがよかったのか、ガングロがよかったのか、ルーズソックスがよかったのか、スマスマの“バッキー木村”がよかったのか。

成功要因はいろいろと考えられるが、恐らくはそのダンスの簡易性だろう。

一般的なダンスと呼ばれるものは、標準以上のリズム感と高度な振り付けが前提で成り立っているものが多く、素人目には敷居が高いように映ってしまう。

その点、パラパラは初見で「あ、これなら私でも踊れるかも」と思わせてくれる。そんな簡易性がある。

さらに言うと、パラパラは集団で踊ると、なお楽しい。ひとりで踊るよりふたり。ふたりより三人。その楽しさは人数の増加とともに加速度的に上昇していく。その加速度的な上昇の結果、社会的パラパラブームを引き起こしたのだ。パラパラの夜明けである。

スマホRPGの夜明けである。

なぜ、恐らくウィニングポーズであろうが、彼女は戦闘に勝利した後にパラパラを踊っているのか。そして、そのパラパラのキレは僕が中学生時代にリアルタイムで体感したソレであり、僕を『メギド72』のストアページへ誘ったアレでもある。

そのアレが『メギド72』と複雑なケミストリーを引き起こし、結果、ハマった。

そう、僕は『メギド72』にハマったのだ。

(編集部/おこめちん)

編集部の今日の1枚

貝でマグロの身をすくって食べるという中々に粋な食べかた。シンプルにおいしい。さすが築地。

IMG_5439

1月18日の注目記事ダイジェスト

バンダイナムコエンターテインメントが手掛ける『ハンター×ハンター グリードアドベンチャー』が、ついにサービスを開始した。

 ロゴ
キービジュアル

▼最新の記事ランキング、新作&事前登録まとめはこちら!
人気ランキングトップページへ

前へ

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧