1. サイトTOP>
  2. 松岡禎丞と小澤亜李らが1年を振り返る『ソードアート・オンライン インテグラル・ファクター』オフラインイベントリポート

松岡禎丞と小澤亜李らが1年を振り返る『ソードアート・オンライン インテグラル・ファクター』オフラインイベントリポート

2018-12-23 04:45 投稿

クイズあり! 新情報あり! 豪華プレゼントあり!

バンダイナムコエンターテインメントの『ソードアート・オンライン インテグラル・ファクター』のサービス開始1周年を記念したオフラインイベントが、2018年12月22日に開催された。本記事では、キリト役の松岡禎丞さんとコハル役の小澤亜李さんを迎え、本作のプレイヤーとの交流を楽しむことを目的としたこのファンイベントの模様をリポートしていく。

01
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

▲左から、コスプレイヤーの霜月めあさん、松岡禎丞さん(キリト役)、小澤亜李さん(コハル役)、竹内智彦プロデューサー。

なお、オフラインイベントの模様はYouTubeにてアーカイブ配信されているので、見逃した人はこちらからチェックしよう。

会場には、プレイヤーから募集したスクリーンショットで作成されたモザイクアートのパネルが展示されていた。合計で4万枚ほどのスクリーンショットが使用されているらしく、遠目からは精巧なビジュアルとして見ることができる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

▲近くから見ると、ゲーム画面がびっしり。

1周年を振り返りつつ松岡さんに無茶振りが!?

最初は、本作の1年の歩みを年表で振り返るコーナーがスタート。“リリース直後に「ログインが…」事件”は、リリース開始直後にアクセスが殺到したため、ログアウトではなくログインできなくなったという出来事。竹内プロデューサーは、「いまだから話せますけど、たいへんだったんです」とコメントした。

009

続いての“「なんでや!スタンプそのまま実装」事件”とは、イベントにて松岡さん描いたイラストをそのままゲーム内にスタンプとして実装してしまったという内容。使用するプレイヤーも多く好評で、「かなり英断でした」と竹内プロデューサーは語る。

021

好評だったので、このイベントでもつぎに実装するスタンプを松岡さんと小澤さんに描いてもらうことに。松岡さんは“ただいま”をテーマに、小澤さんは“おかえり”をテーマにイラストを描いてもらった。おふたりとも絵心があり、なんともステキなスタンプのイラストが完成。こちらは今後のバージョンアップで実装される予定。「年内は難しいですが、近いタイミングで実装できるといいな」とのことなので、楽しみに待ちたい。

007
 16

さらに、以前のイベントで、小澤さんにゲーム内の衣装をデザインしてもらうという企画の進捗が発表された。衣装はもちろんだが、キャラクターの周囲のキラキラエフェクトをどう表現するのかに苦労しているようで、実装はまだ先になりそうと竹内プロデューサーは語る。イベントでは作成途中の衣装が公開され、サンプルながらキラキラエフェクトのアニメーションを観ることができた。

 019
 

“「1周年CMでキリトに頼りすぎた」事件”では、1周年CMの制作秘話を暴露。松岡さんによる早口ナレーションで構成された映像なのだが、「過去最高に緊張しました」と松岡さんは語る。どんなCMなのかは以下にてチェック。

さらに、今回は小澤さんもいるので、松岡さんと小澤さんによるこのCMの生アテレコを実施。いろいろな声色で「1周年」と叫ぶ松岡さんは必見の内容だ。公開されているCMとの違いを楽しむべし。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

みんなで協力してクイズに挑め!

続いてのコーナーは、“SAOIFカルトクイズ大会!”。これは松岡さんと小澤さんが本作に関するカルトクイズに挑み、正解率が50%を超えれば現在開催されているガチャ無料期間を延長して、追加で毎日1回無料でガチャを引けるというプレゼントがプレイヤー全員に配られるというもの。回答にはイベントの来場者の挙手制のヒントや生放送のコメントを参考にしてもよいとのことなので、参加者が一体となってクイズに挑んでいった。

004
003
 018

▲まだ公開されていないコハルの本名や、ボスの正式名称を答えるというかなりコアなクイズが連続して出題。

最後のクイズは、「コハルの誕生日はどれにする?」という内容。コハルの誕生月は2月と決まっているが、日にちまでは決めていなかったため、この場で小澤さんに決めてもらおうというもの。来場者の意見も聴きつつ、小澤さんのひと声でコハルの誕生日が2月23日に決定した。ちなみに、このクイズも正解という扱いに。

 002

全問を終えての結果はというと、まさかの全問正解を達成! 全問正解したので、さらにプレゼントを増やして! という声があり、竹内プロデューサーからプレゼントの追加が発表された。追加プレゼントの内容は、アルカナジェムを計3000個、バーストスキルのガチャの初回割引を復活に決定。また、開発と相談してもうひとつプレゼントを検討するのことなので、今後の発表に期待しよう。

第十二層が発表!

イベントの最後には、本作の最新情報を発表するコーナーに。2019年の1月の下旬に実装予定の第十二層が発表された。海をテーマにしたフィールドになっており、現在絶賛シナリオなどの内容を作成中。いままでにないギミックも登場するらしく、プレイヤーは実装を期待して待ちたいところだ。

017
011
 012

▲実際にフィールドを歩いているムービーも公開。夕焼けの海辺を再現した背景は、写真映えしそうだ。

さらに、第十二層には新キャラクターが登場。今回はシルエットのみの発表となったが、長身の男性キャラクターが新たに追加される。どんなキャラクターなのかはお楽しみとのこと。コアな『ソードアート・オンライン』ファンなら誰だかわかる!?

013

続いては、プレイヤー待望の新システムを発表。武器の性能はそのままに、異なる武器のグラフィックに変更できる“武器アバター”の生産が第十二層の実装後から解放されることとなる。キャラクターの見た目のグラフィックはすでに同様の仕組みが導入されているが、これまでは武器の見た目を変えることはできなかった。武器もいっしょにコーディネートしたいという声が多くあったため、このタイミングで実装されることにしたとのこと。この発表は待望されていただけあり、発表時には会場や生放送のコメントがかなり賑わっていた。

001

ゲームの最新情報が発表され、生放送もいよいよフィナーレに。松岡さんからは「思い起こせばいろいろなことをやってきたと思います。2周年3周年と続けていきたいので、よろしくお願いいたします」、小澤さんからは「皆さん本当にゲームを楽しんでくださっているんだなと直に感じました。まだ1周年ということで、これからもがんばってくださると思うので、引き続き楽しんでください」と今後のゲームに期待する気持ちを語った。竹内プロデューサーは、「周年記念イベントなどで、皆さんとお会いして感謝の気持ちを伝えたいなと思っていました。これからも引き続きよろしくお願いいたします」と感謝の気持ちをつづり、大盛り上がりのまま生放送は終了となった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

生放送後には、イベント会場の来場者へのお土産としてプレゼント抽選会を開催。今回イベント用に用意された60面サイコロを使って、出た目の番号の来場者にプレゼントが贈られた。プレゼントはフィギュアやサイン入りポスター、コンビニの一番くじのフルコンプセットなど、かなり豪華なものになっており、当選者からはつぎつぎと喜びの声が挙がった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さらに、来場者全員のプレゼントとして、非売品のグッズを同梱したオリジナルバッグが贈られた。なかには1周年記念のカンバッジや未公開の開発設定やビジュアルが掲載された資料集が入っている。加えて最後に、来場者限定のゲーム内でつけられる称号がプレゼントされることが発表された。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

松岡さんはイベントの最後に、「最低でも5周年!」と今後に期待する言葉をコメント。今後のゲームの発展に期待大だ。現在ゲームは1周年記念イベントも開催中で、さらに今回のイベントで決定したプレゼントも配布される。かなりオトクにゲームが楽しめる期間になっているので、ゲームを休止していた人は、この機会に復帰してみてはいかがだろうか?

ソードアート・オンライン インテグラル・ファクター

対応機種iOS/Android
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG
メーカーバンダイナムコエンターテインメント
公式サイトhttps://sao-if.bn-ent.net/
配信日配信中
コピーライト

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧