1. サイトTOP>
  2. 新作舞台はアニメ最終回直後から!“少女☆歌劇 レヴュースタァライト -The LIVE-#2 Transition”ゲネプロ&事前記者会見リポート

新作舞台はアニメ最終回直後から!“少女☆歌劇 レヴュースタァライト -The LIVE-#2 Transition”ゲネプロ&事前記者会見リポート

2018-10-13 15:00 投稿

新たな波乱が聖翔音楽学園に迫る!

2018年10月13日、東京・天王洲 銀河劇場にて『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』(以下、『スタァライト』)の新作舞台“少女☆歌劇 レヴュースタァライト -The LIVE-#2 Transition”の初日昼公演が無事開演された。

そんな新作舞台のゲネプロ(本番同様に舞台上で行う最終リハーサル)ならびに事前記者会見が前日(10月12日)に実施されたので、本記事ではそちらの模様をリポートしていく。

star_01

事前記者会見リポ

ゲネプロ実施の前に、“少女☆歌劇 レヴュースタァライト -The LIVE-#2 Transition”に関する事前記者会見が行われた。

■記者会見出演者(※順不同)
小山百代(愛城華恋役)、三森すずこ(神楽ひかり役)、富田麻帆(天堂真矢役)、佐藤日向(星見純那役)、岩田陽葵(露崎まひる役)、小泉萌香(大場なな役)、相羽あいな(西條クロディーヌ役)、生田輝(石動双葉役)、伊藤彩沙(花柳香子役)

star_02

▲下段左から岩田陽葵さん、三森すずこさん、小山百代さん、佐藤日向さん。上段左から富田麻帆さん、相羽あいなさん、小泉萌香さん、生田輝さん、伊藤彩沙さん。

記者会見では出演者9名が新作公演開幕へ向けて、以下のようなコメントを送ってくれた。

■小山百代さん
#1から約1年経ち、#2の幕が上がるということで、前作よりもパワーアップしたところを皆さんにおみせできるよう精一杯みんなで力を合わせて頑張ります。応援よろしくお願いします!

■三森すずこさん
アニメ放送後初の舞台ということで、お客さんの期待も高まっていることと思います。その期待に応えられるよう頑張ります!

■富田麻帆さん
この舞台は全キャストが女性ということで、女性だけで殺陣や歌やダンスがあったりと、目まぐるしい時間をお届けできるのではないかな……と思います。女性ならではのキラめきがたくさん詰まっている公演です。怪我なく体力勝負で最後まで駆け抜けたいと思います!

■佐藤日向さん
アニメを経て、アニメを背負い、アニメから飛び出して、今度は私たち自身が舞台の上でキラめきたいと思います。皆さん最後まで応援よろしくお願いいたします!

■岩田陽葵さん
『スタァライト』という作品は舞台から始まって、この夏にアニメがあって、またこうして舞台の上に立てることが本当に幸せです。最後まで全員で頑張りますのでよろしくお願いします!

■小泉萌香さん
今回#2ということで、前作よりももっともっといい作品にしたいなと思います。私たちも長く一緒の時間を過ごしているので、そういう絆などもみせられたらと思います。新キャストも含めて素敵な作品にしたいです。精一杯頑張ります!

■相羽あいなさん
#2ということで、歌もダンスもお芝居も殺陣もみんなの体力もキャラクターへのイメージも、何もかもすべてにおいてパワーアップしております。それを皆様にお伝えできるように全力で頑張ります。よろしくお願いします!

■生田輝さん
この舞台を観終わったお客様が「またここに来たい」、「私たちに会いに来たい」。そう思えるようなキラめき溢れる舞台にしたいと思います。石動双葉、気合入れて突っ走ります!

■伊藤彩沙さん
『スタァライト』がさまざまなところで広告を出していて、それを見て私たちも緊張するのですが、それだけ期待されている……それに応えられるように頑張りたいと思います。よろしくお願いします!

続いて質疑応答が行われた。その中から一部の回答を抜粋してお届けする。

Q:2018年7月から放送されていたテレビアニメが終わり、新作公演が始まります。アニメから舞台へつなげることについての心境はいかがですか?

A(回答者:三森すずこさん)
アニメから『スタァライト』を知った方々がたくさんいらっしゃると思います。今回の新作公演はアニメの後の物語ですので、アニメで好きになってくれたファンの方々も納得し、楽しめる舞台になったと思います。新作舞台を見て、改めて「『スタァライト』っていいよね」と再確認してもらえればうれしいです。

Q:第1回目の舞台公演からパワーアップしたなと思える点があれば教えてください。

A(回答者:富田麻帆さん)
シンプルな回答になりますが、曲の数が増えております。あとは、殺陣の動きもよりダイナミックになっています。ですので各演者の背負うものは確実に増えていると思いますので、そちらに注目していただければうれしいです。

ここまで終えたところで司会の紹介のもと、女子プロレスラーの万喜なつみさんがスペシャルゲストとして登壇。過去に相羽あいなさんと同じ団体に所属していた縁で応援に駆け付けたという。

そんな彼女は舞台成功を祈願しようと、相羽さんに景気づけの一撃を見せてほしいと提案。これにのっかった相羽さんの渾身の一撃は、現役女子プロレスラーを地べたに転倒させるほどの威力でした(汗)。

star_03

▲あまりの重い一撃に倒れる万喜さん。

最後に事前登録受付中のゲームアプリ『少女☆歌劇 レヴュースタァライト -Re LIVE-』の配信日について、Android版が本公演千秋楽と同日の10月21日に。iPhone版はそこから1週遅れて10月28日となったことが発表され、事前記者会見は終了となった。

star_04

▼関連記事

ゲネプロリポ

公演は2部制となっており、1部がミュージカル、2部がライブという形で実施された。

※以下、一部公演内容に触れているため、ネタバレOKの方のみチェックしてもらえればと思う。

■ミュージカルリポ

事前記者会見での三森さんのコメント通り、アニメ最終回で9人が演じた“スタァライト”のシーンから始まる新作公演。ここはアニメさながらのフローラとクレール、そして女神たちを各演者たちがアニメと寸分たがわぬ熱演で感動を再生産していた。

star_05

▲アニメ最終回の感動をしょっぱなから味わう羽目になるとは……。取材担当も思い出し涙が。

場面は進み、第100回聖翔祭の“スタァライト”を見学に来ていた青嵐総合芸術院なる学校の生徒3名(七木奏音さん、佃井皆美さん、門山葉子さん)と3人に演技指導を行っている教師(小林由佳さん)が登場。彼女たちも“スタァライト”に想いを馳せているようだが……。

今回の新作公演のキーマンであることは間違いないので覚えておこう。

star_06

▲青嵐の生徒(左から門山葉子さん、七木奏音さん、佃井皆美さん)。他校ということもあり、制服デザインも異なるものに。ファミ通Appとしては、配信日も発表された『スタリラ』への逆輸入はあるのか気になるところです。

さらに場面は進み、9人は青嵐の3名と合同演習を行うことに……。ここから物語は激流の如き急展開を迎えていくのだが、これ以上のネタバレはこれから舞台を見にいく皆さんのことを考え控えさせていただくとしよう。

以下、ゲネプロ写真からいくつか抜粋して掲載していく。これらで想像を膨らませ、新作公演をより楽しんでもらえれば幸いだ。

star_07
star_08
star_09

■ライブリポ

ミュージカル終了後、15分の休憩をはさみ、出演者たちによるライブが実施された。このパートでは、ペンライトを用いた応援が可能となっているので、参加予定の皆さんはペンライトの準備もお忘れなく。

9人で披露する楽曲もあれば、メンバーを絞って披露する楽曲、公演ならではの組み合わせで披露された楽曲などもあったのでこちらもお楽しみに。

以下、ゲネプロのライブ時の写真および披露されたセットリストを掲載する。

star_10
star_11
star_12

【セットリスト】
M1:星のダイアローグ
M2:ディスカバリー!
M3:Circle of the Revue
M4:舞台少女心得
M5:Star Divine
M6:Green Dazzling Light
M7:99 ILLUSION!
M8:Glittering star

『スタァライト』関連情報

■2ndスタァライブ、12月22日開催

2018年12月22日に神奈川・パシフィコ横浜大ホールにて、2回目となるスタァライブの実施が予定されているぞ。チケットに関する情報は以下リンク先にてチェックしてもらえればと思う。

2ndスタァライブの詳細はこちら

©Project Revue Starlight

少女☆歌劇 レヴュースタァライト -Re LIVE-

対応機種iOS/Android
このゲームの詳細を見る
メーカーブシロード
公式サイトhttps://revuestarlight.bushimo.jp/preregistration/
配信日配信中
コピーライト

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧