1. サイトTOP>
  2. ポノス新作『ファイトクラブ』メディア対抗戦リポート!ファミ通App編集部の結果はいかに!?

この度の西日本を中心とする豪雨により被害を受けられた皆様に、心からお見舞い申し上げます。 皆様の安全と被災された地域の一日も早い復興を心よりお祈りいたします。

ファミ通App編集部

ポノス新作『ファイトクラブ』メディア対抗戦リポート!ファミ通App編集部の結果はいかに!?

2018-01-24 23:53 投稿

ゲームメディア8媒体がガチバトル!

2018年1月24日、ポノスの新作対戦アクション『ファイトクラブ』を使ったメディア対抗戦“ゲームメディア企業対抗戦 -世界最速No.1は弊社だ!-”がYoutube Gamingにて開催された。

SS_0059_レイヤー 2

『ファイトクラブ』は、『にゃんこ戦争』を作ったポノスの最新作。シングルラインで行われる1vs1の対戦型アクションゲームとなっており、間合いやアクションの熱い駆け引きが楽しめる作品となっている。

ここでは、我々ファミ通Appを初めとしたゲームメディア8社が集い、自身らの威信を賭けて戦った白熱のメディア対抗戦の様子をリポートしていくぞ。

我々がこの戦いに送り込んだ刺客、松脇さんばは果たしてどのような戦績を残したのか!?

000
▲生放送本番直前まで入念に『ファイトクラブ』をやり込む松脇さんば。

優勝の栄光はどのメディアに?

イベントはまずゲーム紹介から行われ、その後メディア対抗選へ。

SS_0051_レイヤー 10
SS_0051_レイヤー 10
SS_0049_レイヤー 12

今回この激闘参戦に手を挙げたのは、我らファミ通Appを含めた8メディア。事前にアプリのデータを配布されていたわけではなかったので、ゲームに触れるのは全員本日が初。練習に許された時間は、最大でも本日15時からの5時間のみとなっていた。

この限られた時間でどれだけゲームの情報を集め、どれだけ動きを最適化できるのかが、ゲームメディアとしての腕の見せ所だが……。

SS_0025_レイヤー 36

ちなみに、松脇さんばは試合前に「今日は誰よりも早く練習をしに会場入りして、誰よりも長く練習してきたので、負けません。勝ちに行きます! ただ、半袖なので寒いです……」とコメント。勝利への意欲は示しつつも、薄手のTシャツで来たことに後悔の色を見せていた。

SS_0024_レイヤー 37

そうして始まった1回戦第1試合はAppliv Games vs App Bank。こちらの戦いは、リーチの長い武器を使ったAppliv Gamesの攻撃をうまくガードして懐に入り込むプレイを見せたApp Bankの勝利。

続けて行われた第2試合は、インサイド vs ファミ通App。松脇さんばの初試合となったこの勝負は、お互いにリーチの長い武器を使い、お互い押しつ押されつの攻防を見せるも、ラスト30秒で松脇さんばが相手を押し返し、判定ながらも見事逆転勝利。準決勝へと駒を進めた。

SS_0013_レイヤー 48
SS_0012_レイヤー 50

第3試合はIGN JapanとGamewithの勝負。こちらは、お互いが壁を蹴ってダメージを回避するという高等テクニックを身に着けており、高等テクニックの応酬となった。しかし、最終的にはIGN Japanが勝利を収めた。

第4試合はGame8 vs 4Gamer.net。こちらの試合は、4Gamer.netが圧倒的な力の差を見せつけ、あっという間に決着。ゲーム8は見せ場を作れないままの敗退となってしまった。

準決勝第1試合は、App Bank vs ファミ通App。ゲーム中盤まではファミ通App松脇さんばが攻勢を見せるも、途中からガードのタイミングを掴んだApp Bankが一気に松脇さんばの懐に入り込み、あれよあれよという間に押し込む形に。松脇はそこから抜け出すことができず、そのまま敗退となってしまった。

SS_0001_レイヤー 61

松脇は敗戦を受けて「懐に入られたのがキツかったです。間合いで勝っていても、タイミングを読まれたら負けますね」とコメントし、読み合いの深さを語っている。

その後試合は進み、IGN JapanとApp Bankによる決勝戦がスタート。今大会唯一の短リーチ武器を使用していたApp Bankは壁蹴りや完璧なタイミングのガードなど、高いテクニックを見せてくれたが、IGN Japanもまたそれらを当たり前のように使いこなし、僅差ながらもIGN Japanが勝利を掴んだ。

SS2_0005_レイヤー 13

今回の試合は、どの試合をとってもハイレベルなものとなっており、板垣プロデューサーをして「まだリリース前とは信じられないほどの修練度を見せてくれて驚きました」と大会終了後にコメント。

大会に参加したメディアの面々も、試合後に「熱かった!」、「おもしろかった!」とお互いの健闘を称えつつ、ゲームのおもしろさを確認していた。

SS2_0004_レイヤー 14
▲優勝メディア予測を外したことで罰ゲームを受ける板垣P

さて、そんな本作は今春リリース予定。1月26日より開催される格闘ゲームイベント“EVO Japan 2018”にも出展される予定となっており、プレイアブル端末も用意されるとのことなので、気になる人は会場に足を運んで、『ファイトクラブ』に触ってみるといいぞ。

ファイトクラブ

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
メーカーポノス
公式サイトhttp://fightclub.fun/
配信日配信中
コピーライト

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧