1. サイトTOP>
  2. 【独占】『デュエル エクス マキナ』新カードセット“メフィスト”の一部カードを先行公開!

【独占】『デュエル エクス マキナ』新カードセット“メフィスト”の一部カードを先行公開!

2017-10-16 12:00 投稿

新カードセットの情報を独占入手

DeNAから配信中の、スマホ向け本格デジタルTCG『DUELS X MACHINA(デュエル エクス マキナ)』。

2017年11月2日より、“メシーカ 覚醒する大地”に続く第2弾大規模カードセット“メフィスト- 迷い子の鎮魂曲(レクイエム)-”が登場。

そこで今回、ファミ通Appではこの新カードセットの情報を独占入手! カード実装に先駆けて、新カードの一部を独占公開。

能力者の力が宿る“仮面”遣い、相手ユニットを奪い取る“踊り子”、契約のライフを支払い力を得る“悪魔”、相手のカードを手に入れる“メフィスト”の力……など、本作に新しい駆け引きが誕生。
絵画のような美しいイラスト、魅惑的なボイス、そしてまったく新しい“トリック&ホラー”な能力の数々に期待しよう!


メフィスト- 迷い子の鎮魂曲(レクイエム)-特設サイトはこちら

第2弾大規模カードセット“メフィスト”ストーリー

収穫の季節。デュナミス各地では、
死者の魂を灯籠に乗せて送り出す、
「魂送祭」が開催されていた。ところが、突然空にゲートが開き、
すべての灯籠が吸い込まれてしまう。灯籠が行き着いたのは、
赤い月が浮かぶ奇妙な街「アーモロート」。歌や踊りで賑わうその街に、
ひとりの迷い子の少女がいた。彷徨う中で、少女は街の真実を知っていく。
そして少女の前に、アーモロートの支配者、
「メフィスト」が姿を現した――

▼コンセプトアート

Concept02

“メフィスト”主要キャラクター紹介

▼魔領主 メフィスト(声:石田彰)

Character01
▲迷える魂を操る黒き城の王。相手の魂を操る術に長け、享楽的な声が人々を魅了する。

▼アーモロートの迷い子(声:加藤英美里)

Character02
▲アーモロートの街をあてどもなく彷徨う謎の少女。可憐な見た目、台詞の裏にあるものとは。

▼魔将軍 バエル(声:安元洋貴)

Character03
▲メフィストに仕える最強の悪魔。強大なその力を引き出すには、自身を滅ぼしかねないほどの代償を捧げなければならない。

▼夜魔 リリス(声:遠藤綾)

Character04
▲メフィストと行動をともにする夢魔。他者の献身を受け、より美しく、より強くなる彼女に、惜しげもなく身を捧げる者は多い。

▼黄泉神 イザナミ(声:名波翼)

Character05
▲本セットで重要な意味を持つイズモの“魂送祭”を取り仕切る女性。ふだんは穏やかだが、ひとたび戦場に立てば、生者を滅ぼす悪鬼と化す。

※声優の名波翼さんは、9月に行われたSHOWROOM声優オーディションにて1位を獲得し、本キャラクタボイスに選ばれました。

▼舞姫 グレートヒェン(声:中恵光城)

Character06
▲メフィストに憧れる踊り子。敵をも魅了し、その舞に巻き込む彼女の流麗なステップは、戦場をダンスホールへと変える。

“メフィスト”で実装される新カード10枚を先行公開!

冥路神 ペルセポネー

Card01

【レアリティ】 5:レジェンダリー
【カードタイプ】 ユニット
【勢力】 オリンポス
【タイプ】 神
【マナコスト】 7
【ATK / HP】 4 / 3

【スキル】 召喚時、自分の場の全マスに竜牙兵 スパルトイ(ATK1/HP1、速攻自ターン終了時、このユニットを破壊する)を出す。

~カードの特徴~
カードセット“メフィスト”のテーマである“トリック&ホラー”を体現する、オリンポスのレジェンダリー。“冥路神 ペルセポネー”が引き連れてくるスパルトイたちは、単純なダメージソースとしてはもちろん、ユニットの出現や破壊をトリガーとした多くのカードと強力にシナジーする。

冥門神 セケル

Card02

【レアリティ】 5:レジェンダリー
【カードタイプ】 ユニット
【勢力】 ルクソール
【タイプ】 神
【マナコスト】 8
【ATK / HP】 4 / 2

【スキル】 召喚時、選択した相手ユニット1体に、自分の手札の数だけダメージを与える。相手ユニットが破壊された時、同じ横列のランダムな自分の場1マスにミイラの雑兵(ATK2/HP1)を出す。

~カードの特徴~
カードセット“メフィスト”のテーマである“トリック&ホラー”を体現する、ルクソールのレジェンダリー。スタッツこそ控え目だが、ルクソールが得意としているドローによって強化される除去能力と、破壊したユニットをミイラとして自らに従える、非凡な盤面形成能力を併せ持つ。ミッドレンジからコントロールまで幅広く採用できる、汎用性の高いフィニッシャーとなるカード。

堕天使 サマエル

Card03

【レアリティ】 5:レジェンダリー
【カードタイプ】 ユニット
【勢力】 トリニティ
【タイプ】 天使
【マナコスト】 9
【ATK / HP】 5 / 8

【スキル】 相手ユニットが破壊された時、相手ガーディアンに2ダメージを与える。他の自ユニットが破壊された時、このユニットのATKを+1する。

~カードの特徴~
カードセット“メフィスト”のテーマである“トリック&ホラー”を体現する、トリニティのレジェンダリー。ユニットの破壊を糧とする攻撃的なカードで、“堕天使 サマエル”の力を上手く発揮させる事ができれば勝利は目前。従来通りのランプデッキのフィニッシャーとしての採用はもちろん、専用デッキを組んでみるのも一興といった、エキサイティングなカード。

魔獅子 サブナック

Card04

【レアリティ】 4:エピック
【カードタイプ】 ユニット
【勢力】 ニュートラル
【タイプ】 悪魔
【マナコスト】 4
【ATK / HP】 3 / 3

【スキル】 召喚時、自ガーディアンに3ダメージを与える。自ターン終了時、同じ縦列のランダムな相手ユニット1体に2ダメージを与える。

~カードの特徴~
対価としてライフを差し出すことで強大な力を借り受けることができるタイプ“悪魔”のユニット。強固なスタッツと永続的な除去能力を併せ持ち、圧倒的なレーン制圧力を持つ。汎用性が高いユニットだが、ライフの残量には注意が必要。

魔淑女 グレモリー

Card05

【レアリティ】 4:エピック
【カードタイプ】 ユニット
【勢力】 ニュートラル
【タイプ】 悪魔
【マナコスト】 3
【ATK / HP】 2 / 2

【スキル】 召喚時、同じ横列に魔淑女 グレモリーを2体出す。破壊時、同名の全自ユニットを破壊する。

~カードの特徴~
カードセット“メフィスト”で新しく追加されるタイプ“悪魔”の内の1体。1体でも破壊されると全員破壊されてしまう関係上、守備的に機能するタイミングはあまりないが、“魔淑女 グレモリー”たちを守り切り、アタックを通すことができれば、3マナで6点という大きなダメージソースになる。また、ユニットの出現や破壊をトリガーとしたカードと強力にシナジーするため、このセットに相応しいトリッキーな1枚。

冥犬 ガルム

Card06

【レアリティ】 3:レア
【カードタイプ】 ユニット
【勢力】 アスガルド
【タイプ】 なし
【マナコスト】 5
【ATK / HP】 2 / 3

【スキル】 護衛:召喚時、氷河にいる選択した他の自ユニット1体を破壊する。その後、このユニットのATKとHPを、破壊したユニットの2倍の値にする。

~カードの特徴~
味方ユニット1体を捕食することによってスタッツを爆発的に上げる事ができる、氷河デッキにおけるユニークなフィニッシャー。戦力として貴重な高スタッツユニットを犠牲にしなければいけないため扱いは難しいが、既存カードの中に数枚ある、氷河の上にいると大きくなるユニットや、アスガルドが得意としているバフ能力を駆使することで規格外のサイズを実現できる、ロマン溢れるカード。

カマイタチの退却

Card07

【レアリティ】 3:レア
【カードタイプ】 スペル
【勢力】 イズモ
【タイプ】 なし
【マナコスト】 2
【ATK / HP】 0 / 0

【スキル】 自ユニット1体を手札に戻す。その後、同じ縦列の全相手ユニットに2ダメージを与える。

~カードの特徴~
イズモに新しく追加される除去スペル。効果は強力ながら、使うと大きくテンポを損なってしまう。しかしながら、召喚時に強力な効果を発揮するイズモの軽量ユニットたちと合わせることによって、デメリットをメリットへと転換できる可能性を秘めている。イズモらしいトリッキーな一枚。

吸血公 ヴラド

Card08

【レアリティ】 3:レア
【カードタイプ】 ユニット
【勢力】 トリニティ
【タイプ】 なし
【マナコスト】 4
【ATK / HP】 1 / 4

【スキル】 禁忌の儀式:召喚時、ランダムな相手ユニット1体のHPを-3し、このユニットのATKを+3する。

~カードの特徴~
トリニティに新しく追加される中量ユニット。味方ユニット1体の血(HP)を糧とする事で外敵の排除と自身のパワーアップを両方行うことができる、正に護国の英雄といったユニット。強力なスキルを持っているが、一方で発動できないときのスタッツは心許ないため、うまく発動できるよう、構築に気を遣う必要がある。

アーモロートの収穫者

Card09

【レアリティ】 3:レア
【カードタイプ】 ユニット
【勢力】 ニュートラル
【タイプ】 なし
【マナコスト】 4
【ATK / HP】 2 / 1

【スキル】 召喚時、選択したATK2以下のユニット1体を封印し、破壊する。

~カードの特徴~
カードセット“メフィスト”で新しく追加された、相手のユニットを任意に選択することができるスキルを持つユニット。スタッツは低いものの、破壊時スキルを持つ相手ユニットを無力化して処理できるため、彷徨う石像のようなカードに対してのメタカードとして機能する。また、単純に小さいユニットを除去できるので、システムユニットの処理が苦手だったデッキではありがたい一枚。

グレートヒェンの輪舞

Card10

【レアリティ】 3:レア
【カードタイプ】 スペル
【勢力】 ニュートラル
【タイプ】 なし
【マナコスト】 1
【ATK / HP】 0 / 0

【スキル】 自ユニット1体を、ランダムな相手の場1マスに移動させる。その後、カードを2枚引く。

~カードの特徴~
カードセット“メフィスト”で新しく追加された、ユニットの所有者を変更するカードの内の1枚。極めて軽いコストでカードを2枚引くことができるが、単純に使ってもアドバンテージを得ることができない。しかし、役割を終えた自ユニットを譲渡してコストを実質的に軽減したり、デメリット効果を持つユニットを相手に押し付けることで、デメリットをメリットへ転換させられる。カードセット“メフィスト”を象徴するような、トリッキーな一枚。

田中Pからのメッセージも到着!

今回も、みなさまに新しいカードと物語をお届けすることができ、たいへんうれしく思います。
第2弾大規模カードセット“メフィスト”は、コンセプトアートを見ていただくとわかる通り
前弾“メシーカ”の明るさからは一転し、少々“大人向け”な雰囲気になっています。
ときにメインキャラクターである“悪領主 メフィスト”(CV:石田彰さん)の“欲望”に訴えかける台詞は非常に魅惑的でゲーム中、まるで本当にメフィストに出会ってしまったかのような感覚を味わえます。

また、今回お届けした新カードは、いずれもメフィストを代表するような強力な能力を持っています。
トリニティのレジェンダリーである“堕天使 サマエル”は、相手をじわじわと追い詰め、バトル後半を圧倒できる強さを秘めています。
そのほか、ニュートラル“アーモロートの収穫者”はATK2以下の能力という条件はありつつ“選択して、封印して破壊する”という能力を持っており破壊時の能力を無効化して処理できる、非常に使い勝手の良いカードです。

カードセット全体を通してのテーマは“トリック&ホラー”。いままで以上に1枚1枚のカードに“魂”を込めました。
見つめていると、まるで吸い込まれてしまいそうな、絵画のような美しいイラスト、魅惑的なボイス、そしてまったく新しい“トリック&ホラー”な能力の数々。
『デュエル エクス マキナ』チームとしても、かなりの自信を持ってお送りする新弾です。
“メフィスト”新カードたちが紡ぐ、楽しいけど、少し怖い、少し怖いけど、おもしろい、そんな“トリック&ホラー”な戦いをこの秋の夜長に楽しんで頂ければと思います。

デュエル エクス マキナ

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルカードゲーム
メーカーDeNA
公式サイトhttps://duelsxmachina.com/jp/
配信日配信中
コピーライト

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧