1. サイトTOP>
  2. 【新作】相容れない種族に侵略された大陸を奪還していくタップ系ファンタジーRPG 『レダ戦記』

【新作】相容れない種族に侵略された大陸を奪還していくタップ系ファンタジーRPG 『レダ戦記』

2017-10-03 12:00 投稿

何度倒れても立ちあがる命がけの大冒険

レダと呼ばれる大陸は長きにわたりさまざまな種族間で侵略がくり返されてきた。

そんな中、秘密組織“アドゥラステア”を結成した種族が、同族の生存と繁栄に向けた戦いを乗り出す。

『レダ戦記』は異種族どうしが領土を求め、戦闘や経済、研究を通じて終わりなき戦いに身を投じていくタップ系のファンタジーRPGだ!!

IMG_2667
ゲームの見どころ
●3つのコマンドを駆使したノンストップバトル
●領土を奪って得る特産品で兵力を強化
●退却から始まるリスタートで組織力を高めよう

3つのコマンドを駆使したノンストップバトル

本作最大の目的は敵に奪われた領土の奪還だが、それを達成するにはハンターや修道士、賢者や見習い騎士などさまざまな兵士の上手に扱う指揮系統が必要だ。

基本はセミオートバトルで放置していれば勝手に戦ってくれるが、強敵を相手する場合は個々の特性を活かした間合いで立ち回りたい。そこで役立つのが各兵士に突撃、後退、待機という3つの命令を下せるコマンド操作だ。

redasenki02書き込みredasenki03書き込み

見ているだけの放置ゲームでは、一方的にやられていくのを傍観するしかないが、本作ではプレイヤーみずから個別に指示を出せるので、作業的になりがちなバトルも退屈しない。

もちろん、最終的には放置プレイで耐えられるだけの強化が求められるが、「もしかすると形勢逆転を狙えるかも!?」っと、コマンドを駆使した作戦を立てたくなる仕組みはとてもいいぞ!!

redasenki04書き込み redasenki05書き込み
redasenki06書き込みredasenki07書き込み

領土を奪って得る特産品で兵力を強化

戦いの舞台であるレダ大陸には複数の国境があり、それぞれの領土を色で区分したマップが画面右上に表示されている。

それら領土に設定されている特産品を奪い、製造することで各種強化に欠かせないゴールドを定期的に獲得できるようになるのだ。

redasenki08書き込みredasenki09書き込み

特産品の価値を上げる“生産”や各兵士のステータスを強化する“戦闘”、それら全体に影響を与える“技術”や新たな兵士の雇用などもできる“商店”など、多くの場面でゴールドは役立つ。

また、特産品をタップで回収する面倒な操作も、ゴールドでオート機能を解放すればそうしたジレンマもスッキリ解消してくれる。

redasenki10書き込みredasenki11書き込み
redasenki12書き込みredasenki13書き込み

どんな手順で強化していけば効率よくゴールドを稼ぐことができるか、この世界の物価と回収までの時間を参考に大いに悩んでもらいたい!!

redasenki14書き込みredasenki15書き込み

退却から始まるリスタートで組織力を高めよう

タップゲームではおなじみ、特定のポイントのみを引き継いでレベル1からリスタートする転生するシステムを、本作では“退却”と呼んでいる。

退却を行うことで各兵士のレベルやゴールドがリセットされるのだが、それと引き替えにスターという特別なポイントを獲得できるのだ。

redasenki16書き込みredasenki17書き込み

スターはおもに各兵士の基本ステータス“技術”の強化に必要で、それらはリスタートしても継続できるのが最大のメリット。

どんなにゴールドで強化しても勝てそうにないと感じたら迷わず退却でスターを獲得し、それを使って手堅く地盤を固めていくのが重要だ。

また、部隊の編成によっても戦況は大きく変わり、国境を越えて勢力を拡大していけば新たなコンテンツをアンロックすることもできる。

領土を自軍の色で染めていく侵略の様子は、これまでのタップゲームや放置ゲームにはない達成感を味わえるはずだぞ!!

redasenki18書き込みredasenki19書き込み

P.N.深津庵
※深津庵のTwitterはこちら

動画でも新作紹介しています

気に入ったものがあったら更新
角満&中目黒のこれ、知ってる?


毎日更新午前7時
に更新中

編集長!これ、どうでしょう!?


YouTubeチャンネル登録して動画をいち早く見よう!

ファミ通AppのTwitterをフォロー

レダ戦記

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルシミュレーションRPG
メーカーStudio JwP
配信日配信中
コピーライト

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧