1. サイトTOP>
  2. 【先行プレイ】役割分担がキモ!『戦国炎舞 -KIZNA-』のサムザップの新作スマホMORPG『戦国ASURA』がガチだった

【先行プレイ】役割分担がキモ!『戦国炎舞 -KIZNA-』のサムザップの新作スマホMORPG『戦国ASURA』がガチだった

2017-09-26 00:00 投稿

【Amazonでこの本を購入する】

注目作を先行体験

『戦国炎舞 -KIZNA-』でおなじみのサムザップより今秋に配信を予定している、全国のプレイヤーと協力プレイを楽しめるMORPG(マルチプレイヤーオンラインRPG)『戦国ASURA』。

1i【事前登録】歴戦武将を操ってアツい4人協力マルチプレイ!サムザップのスマホ新作RPG『戦国ASURA』
サムザップは2017年8月22日、スマートフォン向け新作アプリ『戦国ASURA』を2017年秋に配信することを発表。これに併せて、事前登録受付が開始された。

戦国時代を舞台に最大4人まで協力プレイが楽しめる本作を、先んじて体験する機会を得ることができた。

そこで今回は、『戦国ASURA』を一通りプレイしての所感と、注目ポイントについて紹介していこう。どのようなゲームなのが気になっている方は、ぜひとも注目してほしい!

【『戦国ASURA』事前登録はこちら】

◆戦国ASURAの見どころ
●武器ごとの役割分担がキモ!
●ギミック満載のステージ
●覚醒や限界突破と育成要素も完備

※本記事内の画像は、すべて開発中のものです。配信時には異なる可能性があります。

武器ごとの役割分担がキモ!

『戦国ASURA』では、刀、弓、槍という3つの武器が登場。武器ごとにロール(役割)が決まっていて、刀を使う武将(キャラ)はアタッカー、弓はヒーラー、槍はタンクという具合に立ち回りが大きく変わってくるのが特徴だ。

それぞれがどんな役割を果たすのかイマイチわからない人のために、ざっくり説明すると以下の通りとなる。

【アタッカーとは?】
・敵に大ダメージを与える攻撃役
・攻撃力は高いがHPや防御力はあまり高くない
・多彩な攻撃スキルを使いこなす
・敵を効率よく倒していく
02
▲上杉謙信はふたつの攻撃スキルのほか、移動速度を上昇させる技も使いこなす。
【ヒーラーとは?】
・傷ついた仲間を癒やす回復役
・回復などに影響する特殊が非常に高い
・攻撃力が低く、敵にダメージを与えることは、あまり期待できない
・バフなど、後方から支援もこなす
03
▲かわいい明智光秀。指定した味方を回復させつつ、毒攻撃でバックアップ可能。
【タンクとは?】
・味方が攻撃されないように引きつける盾役
・HPや防御力が高く頑丈
・ヘイト(敵視)を集めるスキルを持つ
・道中の先導役も果たす
01
▲本多忠勝がお気に入り。炎属性の攻撃や自身の被ダメージを軽減するスキルを持つ。

多くのMORPGでは攻撃も回復もこなす、オールマイティーなキャラクターを育成できることもあるが、本作は各ロールの役割が顕著。筆者が扱った範囲の武将では何でもこなせるキャラクターは存在せず、各プレイヤーがロールに応じた働きをしないと、パーティーはすぐに危ない状況に陥ってしまう。

ゆえに、ひとりひとりの責任は重くなってしまうのだが、だからこそバトル(合戦)がおもしろかったとも言える。適度な緊張感がつねに漂っているため、ハラハラとドキドキなバトルが体験できて、これがじつに心地いいものだった。

1_2
▲スキルにはクールタイムがあり、再使用可能になるまで待つ必要がある。
7
▲仲間を指定して回復するスキルや、魔法陣を使って回復するスキルなど、回復方法も武器によって異なる。つねに仲間のHPには気を配ろう。

なお、それぞれのロールごとの立ち回りを学べる“合戦訓練場”というモードも存在する。

これらをプレイしておけば、それぞれのロールがどのような動きをすべきか把握できる。仲間との連携を強固にするために、自分がやらないロールについても、学んでおきたいところ。

0607
▲タンク入門に挑戦。仲間が攻撃を受けないようにする立ち回りが学べる。

ギミック満載のステージ

本作のステージは4つほどのエリアで構成されていて、各エリアにいる敵を全滅させるとつぎのエリアへ自動的に進行。最後に控えるボスを倒せばステージクリアーとなる仕組みになっている。

エリアの広さはどちらかと言えば小さめに抑えられているのだが、これがストレスを感じない絶妙な広さ。バシバシと敵を倒しながらテンポよく進められるのがよかった。

2
▲毎回ミッションが提示されるので、これらに挑戦するのもおもしろい。

道中にはダメージを受ける沼地や毒を吹き出すツボ、火炎放射の罠などのイヤ~な感じのギミックも多数存在。

うっかりトラップに引っかかってしまう仲間のために、あらかじめ炎を軽減するスキルを使ってあげたり、毒を浄化してあげたり、十分なケアをしてあげることも重要になる。

特殊なスキルを持つ武将で遊ぶ際の腕の見せどころといった感じだろう。

6
▲炎の吹き出す位置が一定時間ごとに変化するので、うっかり食らいがち。
3
▲ボス戦の手ごたえも十分! 4人でプレイすれば思わずワーキャーと声をあげてしまうほどだ。

覚醒や限界突破と育成要素も完備

RPGでハマってしまう要素と言えば、やはりキャラクターの育成。そのあたりはこの『戦国ASURA』も当然ながら抜かりなし。

本作では武将のほかに武器も強化可能なので、やり込み度は非常に高い。

無論、覚醒や限界突破といったおなじみの要素のほか、武器に限ってはアビリティを別の武器に引き継ぐ“継承”や、限界突破のアップグレード版の“鍛錬”といった要素も存在。苦しくも楽しい、無限の育成ロードが待っている。

能力を底上げするためのサブスロットには余った武将や武器を装備できるので、そちらの育成もこなさなくてはならない。育成好きなプレイヤーにとっては、やることが多すぎてうれしい悲鳴といった感じではなかろうか。

1516
▲左が武将、右が武器の強化をしてくれるナビキャラ。素材やお金に余裕ができたら、入り浸ることになりそうだ。
17
▲覚醒はレベル上限だけでなくレアリティーもアップする。

難度は高めだが挑戦する価値あり

一通りプレイして感じたのは、『戦国ASURA』は役割分担がかなりハッキリしているゲームということ。

筆者は長年、PCやコンソールゲームでオンラインRPGを遊んできたので、そういうゲームが非常に好み。(まだ調整段階だからかもしれないが)予想していたよりも難度が高めに設定されていた点も気に入っている。

ステージ構成は、比較的シンプルながらも、各ロールがいろいろと活躍できる要素が用意してあって好印象。テンポよくゲームが進むのに、ちゃんとロールプレイできるのが非常に楽しく満足できたといっていい。

今回紹介した要素の中にひとつでも響くものがあったなら、正式サービス開始のあかつきには『戦国ASURA』に挑戦してみてほしい。配信時期は2017年秋(予定)。

役割を分担して戦う、ヒリヒリしたバトルの楽しさを、友だちを誘ってぜひともみんなで味わってもらいたいところだ。

【『戦国ASURA』事前登録はこちら】

戦国ASURA

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG
メーカーサムザップ
公式サイトhttp://www.sumzap.co.jp/service/sengokuasura/
配信日2018年
コピーライト

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧