1. サイトTOP>
  2. URLひとつでゲームが遊べる時代へ。“Yahoo!ゲーム ゲームプラス”発表会で有力メーカーの新作が続々公開

URLひとつでゲームが遊べる時代へ。“Yahoo!ゲーム ゲームプラス”発表会で有力メーカーの新作が続々公開

2017-07-19 02:20 投稿

カジュアルなゲームからハイエンドなゲームまで、いつでも遊べる新サービス

2017年7月18日、恵比寿ガーデンルームにてヤフーの次世代ゲームプラットフォーム“Yahoo!ゲーム ゲームプラス”(以下、ゲームプラス)のメディア向け発表会が行われた。

“ゲームプラス”は、HTML5およびクラウド技術により、スマホやタブレット、PCなどのデバイスでデータをインストールすることなく高品質なゲームがプレイできる新たなプラットフォーム。

発表会では、Google PlayやAppStoreに続く新たなプラットフォームとして注目が集まる“ゲームプラス”の概要と配信タイトルの魅力が語られた。

001b002b
▲スクウェア・エニックス代表取締役社長 松田洋祐氏や、コーエーテクモゲームス ゼネラルプロデューサーのシブサワ・コウ氏なども登壇。
003
▲お笑いコンビ“インパルス”の板倉俊之、堤下敦やグラビアアイドルの倉持由香、棋士の加藤一二三九段、女優の佐野ひなこ、声優の花江夏樹なども登場し、発表会を盛り上げた。

ファイナルファンタジーの新作や『魔女とネコ』、『Turn』など新作情報が続々発表

冒頭挨拶では、ヤフーの副社長執行役員を務める川邊健太郎氏が登壇し、「ゲームの環境は驚異的なスピードで多様化しており、ユーザーの遊びかたも大きく変化している。これまでのゲームの常識を超える新たなプラットフォームを提供することで市場規模を広げ、ゲーム業界に貢献していきたい」とアピールした。

004
▲「ハードに縛られていたゲームがWebで遊べるようになる。これは新たな挑戦」と語る川邊氏。
005
▲続いて登壇したヤフーのゲームプラス事業部 部長の須藤 岳氏が“ゲームプラス”の概要を説明。「人類には、娯楽が必要だ。ゲームプラスはその夢を叶えるためのサービスにしたい」と意気込みを語った。

そして、ゲームプラス事業部 ビジネスプロデューサーの脇康平氏は、「すべてのゲームはWebでやれ!」という謳い文句の通り、幅広いジャンルのゲームを全52社の参画ゲームメーカー(2017年7月18日現在)の協賛によって取り揃えていると発表。続いて、参画メーカーの代表者より、ゲームプラスへのコメントと、自社の配信タイトルについて語られた。

007
008
019
▲ロンチタイトルはHTML5タイプのゲームが12本、クラウドタイプのゲームが27本で、計39本ものゲームが7月18日に配信。

▼ロンチタイトルの詳細はこちら

1iヤフーの新プラットフォーム“ゲームプラス”発表!スクエニ最新作『アンティーク カルネヴァーレ』や『FFX』がスマホでプレイ可能に

スクウェア・エニックスはゲームプラス向けの『FF』新作についても言及

参画メーカーとして最初に登壇したスクウェア・エニックスの代表取締役社長 松田洋祐氏は、『ファイナルファンタジーXIII』シリーズや、『ラストレムナント』、『いけにえと雪のセツナ』を配信タイトルとして発表。また、『ファイナルファンタジー』の新作をブラウザゲームとして開発中とも言及した。

010
▲「現在はネイティブアプリ全盛の時代であるが、再度ブラウザゲームに注目が集まるのは想像に難くない」と語る松田氏。

また、スクウェア・エニックスは完全新作の『アンティーク カルネヴァーレ』についても発表会にて詳細を公開した。

011

▼『アンティーク カルネヴァーレ』の詳細はこちら

1i【新作】スクエニのRPG『アンティーク カルネヴァーレ』配信開始!ヤフーのゲームプラスに登場

【『アンティーク カルネヴァーレ』最新情報まとめ】

タイトーは女性に人気の『パズルボブル』新作の配信を発表

タイトーからは、第一弾配信タイトルとして、男性だけでなく女性にも人気の『パズルボブル』の完全新作を発表。

タイトー代表取締役社長 山田哲氏は、「アーケードは厳しい状況だと指摘されるが、幅が拡がることでこれをチャンスと捉えて展開していく。近いうちにまた新しい仕掛けを皆さまに発表できれば」とコメントした。

012
▲山田氏は「アーケード業界の雄として、ご期待していただいてますので、ヤフーさんといっしょにゲーム業界を盛り上げていきたいと思っています」とコメント。

女性向けゲームを投入するサイバード

今年で5周年を迎え、累計会員数1700万人を誇る女性向け『イケメン』シリーズが好調のサイバードからは、シリーズの中でもっとも高い人気を誇る『イケメン戦国◆時をかける恋』を配信することを発表。サイバード代表取締役社長の内海州史氏は、「女性向けゲームで急激に成長しているこのタイミングで“Yahoo!ゲーム ゲームプラス”と提携することで、マーケットを拡げることができる」と主張した。

013
▲『イケメン戦国◆時をかける恋』は7月18日より事前登録開始。そして8月14日にサービス開始予定だ。

『ルートレター』と『魔女とネコ』を発表した角川ゲームス

角川ゲームスは8月下旬ごろに配信予定のビジュアルノベル『ルートレター』のほか、HTML5ゲームとして配信する完全新作『魔女とネコ』を発表。

ふだんゲームに触らない人でも遊べるゲームとして制作中とのことで、詳細は後日発表される。

 018
015
▲角川ゲームスの安田善巳氏。ゲームプラスの魅力は、シームレスなゲーム環境、さらに全年齢の男女に対して新しいゲーム体験を提供できる点だと説明。

コーエーテクモゲームスはファンタジーを題材にした新作を発表

世に送り出したゲームタイトルを振り返る特別ムービーとともに登壇したコーエーテクモゲームス ゼネラルプロデューサーのシブサワ・コウ氏は、コードネーム『Turn』と呼ばれる同社初のHTML5対応ゲームの制作を発表。

016

シブサワ・コウ氏によると、『Turn』は得意とする歴史シミュレーションのゲームではなく、ファンタジーを題材にした作品であるとのことだ。

017
▲「HTML5のゲームでありながら、ネイティブアプリ並の快適さを誇るゲームプラスはゲームクリエイターとしてもワクワクします」コメントするシブサワ・コウ氏。

実機プレイも行われたトークセッションの模様

発表会の後半となるトークセッションでは、ローンチタイトルの『アンティーク カルネヴァーレ』や、『揃えて消してマカロン ぽちゃもぐ』、『ファイナルファンタジーX』の実機プレイもお披露目された。

さらには、最後に3Dゲームがブラウザ上で軽快に動作するデモンストレーションが行われ、ネイティブアプリに勝るとも劣らないゲームプラスの可能性に、登壇者らも驚きの表情を見せた。

020
021
022
023
024

7月18日18時よりサービス開始

026
▲「足がけ3年かかりましたが、皆さまからの期待の大きさ、そして責任の重さを感じております。スマートフォン市場、HTML5のブラウザゲーム市場を、各社さまとよりよい体験を、多くのゲームをお届けしたいと思っています。どうぞご期待ください」と締めくくるヤフーの事業戦略本部長 米谷昭良氏。
025
▲登壇者によるテープカットとともに、ゲームプラスのサービスが開始。
【『Yahoo!ゲーム ゲームプラス』はこちら】

▼ゲームプラス関連記事をチェック!

1i【新作】スクエニのRPG『アンティーク カルネヴァーレ』配信開始!ヤフーのゲームプラスに登場
2017年7月18日、スクウェア・エニックスはYahoo!の新プラットフォーム“Yahoo!ゲーム ゲームプラス”にて、新作HTML5ゲーム『アンティークカルネヴァーレ』の配信を開始した。
1iヤフーの新プラットフォーム“ゲームプラス”発表!スクエニ最新作『アンティーク カルネヴァーレ』や『FFX』がスマホでプレイ可能に
ヤフーがゲームプラットフォーム“ゲームプラス”を発表。スクエニ最新作『アンティーク カルネヴァーレ』や『いけにえと雪のセツナ』、『FFX』、『FFXIII』などがPC、スマホでプレイ可能に!

【『アンティーク カルネヴァーレ』最新情報まとめ】

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧