1. サイトTOP>
  2. “ファミ通アワード2016″受賞作品発表! スマホは『ポケモンGO』や『シャドバ』『モンスト』など計5タイトルが受賞

“ファミ通アワード2016″受賞作品発表! スマホは『ポケモンGO』や『シャドバ』『モンスト』など計5タイトルが受賞

2017-04-21 20:47 投稿

『ポケモンGO』は怒涛の3冠!

2017年4月21日、“ファミ通アワード2016”の授賞式が執り行われた。本アワードは、2016年に発売・配信もしくはサービス中のゲームから、その年を代表するゲームをファンの投票によって選ばれる。スマホアプリでは、4部門で5つの作品が受賞した。

なお、ゲーム・オブ・ザ・イヤーにはニンテンドー3DSソフト『ポケットモンスター サン・ムーン』が選ばれた。

ファミ通アワード2016ロゴ400

授賞式の様子

S__7127049
ファミ通アワード2016
ファミ通アワード20162
ファミ通アワード20165
ファミ通アワード20163
ファミ通アワード20164
ファミ通アワード20166

受賞作品(スマホアプリを抜粋して掲載)

<優秀賞>
ゲームの世界観や斬新さ、奥深さ、ゲームファンを惹き付ける魅力など、全体を通して優れている作品を選出。

『グランブルーファンタジー』(サイゲームス)
『シャドウバース』(サイゲームス)
『ポケモンGO』(ナイアンティック)
『モンスターストライク』(ミクシィ)

<ムーブメント賞>
ゲーム業界のみならず、テレビやニュースといった一般社会において広く話題となった作品を選出。

『ポケモンGO』(ナイアンティック)

<フェイバリットアプリ賞>
インターネット調査からゲームのプレイ人数、累計プレイ時間の集計をもとに、2016年の1年間にもっとも愛されたゲームアプリを選出。

『LINE:ディズニー ツムツム』(LINE)

<ルーキー賞>
移植や続編ではない新規タイトルの中でとくに優秀であったものを選出。

『シャドウバース』(サイゲームス)
『ポケモンGO』(ナイアンティック)

▼ファミ通アワード2015 受賞作品をチェック
“ファミ通アワード2015″受賞作品発表! スマホは『モンスト』や『白猫』、『グラブル』など計6タイトル受賞

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧