1. サイトTOP>
  2. 『ミリアサ』最新作『叛逆性ミリオンアーサー』はなぜ中国で配信?日本配信の可能性は?岩野Pにその真相を訊く

『ミリアサ』最新作『叛逆性ミリオンアーサー』はなぜ中国で配信?日本配信の可能性は?岩野Pにその真相を訊く

2017-03-22 16:00 投稿

『ミリアサ』シリーズ最新作の謎に迫る

312f353e-b754-41cd-bd6a-bfdf70362cd0
c8e103c8-0141-4959-83db-df89cb10b607

2017年3月21日、突如中国で発表された『ミリオンアーサー』(以下、『ミリアサ』)シリーズ最新作『叛逆性(はんぎゃくせい)ミリオンアーサー』(以下、『叛逆性』)。

スマートフォン向けゲームという意味(※1)では、『乖離性ミリオンアーサー』(以下、『乖離性』)に続くシリーズ最新作にあたるタイトルだ。

(※1)アーケード向けの『ミリオンアーサー アルカナブラッド』が、今秋稼動予定であると発表されているため。

しかも驚くべきは、配信地域が中国のみとなっている点である。2017年3月22日時点で日本国内での配信については具体的なコメントはなく、「日本では配信されないのか?」といった意見がネット上には溢れていた。

そこで今回は、『ミリアサ』シリーズプロデューサーの岩野弘明氏に直撃インタビューを敢行。『叛逆性』の日本での配信の是否や、立ち上げまでの経緯について話を伺った。

岩野弘明氏

岩野_叛逆

『叛逆性』は日本で配信されるのか?

――まず最初に、読者がいちばん気になっていることをお聞きします。『叛逆性』は日本でも配信されるのでしょうか?

岩野 まだ検討中……としかお答えできないですね。『叛逆性』は企画段階から中国での配信を軸に据えていたので、日本でもいけそうなら配信されるかも……といったところです。逆にこれは決定事項なのですが、中国と日本の同時配信はありません。たとえ日本で出すことになったとしても、中国で配信されたものをそのまま日本で出すことは難しいかもしれません。やはり国ごとでお客様のニーズや文化も違いますので。

――なるほど……。中国での展開がメインとのことですが、そもそもどういった経緯で『叛逆性』の企画が立ち上がったのでしょうか?

岩野 以前、中国で開催された『乖離性』のイベントに出席させていただいたのですが、そこで中国版『乖離性』の運営会社であり、『陰陽師』などの開発会社でもあるネットーイースの方とお会いしたことがきっかけですね。

――そこで岩野さんから話を持ち掛けた、と?

岩野 そうですね。そもそもネットイースさんは、自社タイトルを内製で開発されているので技術力がめちゃくちゃ高いんです。だから「『ミリアサ』の新作を作ってくれませんか?」と相談した感じです。

――中国のみでの展開について、具体的な理由を教えていただけますか?

岩野 もともと『ミリアサ』シリーズは、ありがたいことに『拡散性』のころから中国のお客様にご好評いただいているIPになります。今回の『叛逆性』はネットイースさんと協力して開発したタイトルであり、中国でとくに人気のある”MMO”というジャンルです。それならばと、まずは中国市場に重きを置いて展開していくことになりました。

――岩野さんらスクエニさんサイドと、ネットイースさんとの役割分担はどのようになっているのでしょうか?

岩野 ゲームの素案や世界観、ストーリーなどのIP部分のプロデュースや、グラフィック全般の監修を僕らが担当して、細かな企画への落とし込みや一部グラフィック素材制作、プログラム全般をネットイースさんにお任せしています。

――世界観などは岩野さんたちが担当されているのですね。

岩野 『ミリアサ』シリーズの一作なので、世界観やストーリーといった部分は我々が考えています。もちろん鎌池(和馬)さんにも、プロットの監修時にご参加いただいています。ただ中国で配信するゲームなので、システム面やUIなどは、ネットイースさん主導でブラッシュアップをしていただいている感じですね。

――岩野さんが世界観原案、鎌池さん監修となれば、俄然”『ミリアサ』の新作”という感じが強くなってきますね。

岩野 配信先は中国ですが、れっきとした『ミリアサ』シリーズの新作として制作をしています。もともと『ミリアサ』のアクションRPGを作りたかったので、”その企画をネットイースさんに実現していただいた”というのが正しい言いかたかもしれませんね。

――なるほど。ちなみに『叛逆性』は『ミリアサ』シリーズの新作にあたるわけですが、ユーザー的には『乖離性』の運営への影響、極端な話だと配信終了への懸念もあると思います。そちらについては、どのようなお考えをお持ちですか?

岩野 おそらく多くの方の脳裏に、『乖離性』配信時のこと(※2)がよぎったと思います。仮に『叛逆性』が日本で配信になったとしても、『乖離性』はこれまでどおり継続して運営を行ない、即サービス終了するといったことはありませんので、ご安心ください。同じIPでもまったく異なるゲーム性になっているので、それぞれを楽しんでいただければと思っています。

(※2)『乖離性』配信時のこと:『乖離性』が配信された2014年末、多くのファンに支持されていた『拡散性ミリオンアーサー』のiPhone、Android版が、やむを得ない事情により突如配信終了を発表した。

KO6_3614

『叛逆性』は新たなアーサーが登場する”オンラインアクションRPG”

――先ほど「アクションRPGを作りたかった」、「異なるゲーム性」とおっしゃっていましたが、もう少しゲームシステムについて詳しく教えていただけますか?

岩野 『叛逆性』は、これまでの『ミリアサ』シリーズ作とはゲーム性が大きく変わった“オンラインアクションRPG”になります。先ほど”MMO”と言いましたが、日本の方には”オンラインアクションRPG”のほうがしっくりくると思います。

――ゲーム性同様世界観も大幅に変わっているのでしょうか?

岩野 世界観・時間軸ともに、シリーズ作と同じになっています。ブリテンが舞台で、『拡散性』や『乖離性』と同じ時代です。

――本作オリジナルのアーサーも登場するのでしょうか?

岩野 これまで以上の数の新たなアーサーが登場します。『乖離性』でも物理攻撃の”傭兵”、回復役の”歌姫”といった役割分担がありましたが、『叛逆性』はオンラインアクションRPGなので、その役割分担がさらに細分化されてもう少し増える形になりました。

――そのお話だと、ストーリーありきで登場した感じではなさそうですが?

岩野 そうですね。ゲーム上での役割分担を事前にきっちり整えておかなければならなかったので、今回はゲームありきでキャラクターを作る方法を採りました。

――シリーズ過去作のキャラクターは登場するのでしょうか?

岩野 もちろん登場します。舞台がブリテンなので、これまでの作品の騎士たちも多数登場予定になっています。ただそれ以上はお話できないため、彼らの登場のさせかたなどについては、もう少し情報が出せる時期になってからお知らせできればと思っています。

『拡散性』のリリース以来、これまでずっと苦楽をともにしてきた『ミリアサ』シリーズ。新作が発表されれば自分のことのように歓喜し、編集部の面々もこぞってプレイをしてきた。

今回の『叛逆性』は中国での配信とのことだが、いち『ミリアサ』ファンとしては、本作の日本での配信を切望する。

『叛逆性』公式サイト(※中国語)

叛逆性ミリオンアーサー

ジャンル
オンラインアクションRPG
メーカー
スクウェア・エニックス
配信日
未定
価格
未定
対応機種
スマートフォン

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧