1. サイトTOP>
  2. 映画『ねこあつめの家』主演の伊藤淳史が猫に癒される! 史上初の猫カフェ試写会にいってきた

映画『ねこあつめの家』主演の伊藤淳史が猫に癒される! 史上初の猫カフェ試写会にいってきた

2017-02-21 19:42 投稿

伊藤淳史が猫カフェに感動『ねこあつめの家』

人気スマホアプリ『ねこあつめ』が実写映画化され、『ねこあつめの家』というタイトルで2017年4月8日から全国で放映される。

本作の公開に先駆け、本日2月21日に東京の猫カフェきゃりこ新宿店にて試写会イベントが行われ、主演の伊藤淳史らが登壇した。

▼『ねこあつめ』ってどんなゲーム?
ネコアプリ『ねこあつめ』がかわいすぎる

IMG_6556

本映画で描かれるのは、大スランプに陥って田舎町へ住処を移した小説家・佐久本(伊藤淳史)と編集者・ミチル(忽那汐里)を中心に、個性豊かな登場人物たちが織り成すハートフルストーリー。作中には、タイトル通りたくさんの猫が登場するので、猫好きの人は見逃せない!

▼ストーリーをもっと知るには
『ねこあつめ』が映画化! 伊藤淳史に続き田口トモロヲ、木村多江、大久保佳代子が出演決定

今回のイベントには、本作の宣伝アンバサダーに選ばれた、劇中に登場する猫“シナモン”と“ドロップ”も登場。その就任式が会場にて行われ、任命状の授与と宣伝アンバサダーからの報酬として、キャットフード1年分がプレゼントされた。

6476

トークイベントにて伊藤は「自然に笑顔になっちゃいますよね。とてもかわいいです」と笑顔で2匹を見つめ、「撮影の待ち時間もずっといっしょにいて、たまに座っていると膝の上に乗ってきてくれて、僕たちを癒してくれました」と本作の撮影風景を語り、共演した猫たちに感謝の言葉をかけた。

シナモン
▲少し眠たそうな“シナモン”。
ドロップ
▲猫じゃらしに興味深々の“ドロップ”。

続けて、プライベートで猫と触れ合う機会があるか、という質問に対して「じつは家で犬を飼っていて……。いや、猫も大好きですよ!」と慌てたように返し、会場の笑いを誘った。

本作を通して猫との触れ合いかた、付き合いかたを学んだという伊藤は「ふだん、猫に近づくとすぐに逃げられていたんですが、最近はあえて無視して歩くようにしました。そしたら、あっちから近づいてきてくれたりして。猫に対する接しかたを知ることができましたね」と、自身のエピソードも披露。

IMG_6505

猫カフェに訪れたのも初めてということで、「新宿の真ん中にこんな素敵な空間があるとは思いませんでした。ぜひまた来てみたいです」と楽しげに感想を述べた。

最後に『ねこあつめの家』の見どころを聞かれると、「本作の主人公は、心の揺れや悩みの中で、人間はひとりでは生きていけないということ知っていきます。そんな人間模様が描かれた映画となっているので、猫を飼っている方、飼っていない方もぜひ劇場へ観に来てくれたらうれしいです!」と本作をアピールし、試写会イベントは終了した。

IMG_6542

最後は猫たちがお見送り

イベント終了後、何匹もの猫たちが報道陣たちをお見送り。ついつい笑顔がこぼれてしまうほどのかわいらしい仕草に、取材班も夢中に。日々の疲れを癒したい人は、ぜひ足を運んでみては?

⇒猫カフェきゃりこ 新宿店

IMG_6414
IMG_6419

『ねこあつめ』とは

『ねこあつめ』は2014年10月にリリースされたスマホアプリ。庭先に訪れる猫たちを眺めて楽しむゲームだが、猫あるあるを盛り込んだ内容にファンが急増。あのCNNでも特集されるなど世界中で愛されるアプリとなった。

neko-01

▼ねこあつめ関連記事はこちら
ニャンともかわいい放置ゲー『ねこあつめ』
『ねこあつめ』開発者にアレコレ聞いてみた!
【注目】もはや”ネコ好きホイホイ!”『ねこあつめ』ました日記
あの『ねこあつめ』が実写映画化! 伊藤淳史×スター猫たちの共演で2017年全国公開
『ねこあつめ』原作の映画『ねこあつめの家』予告編解禁! 伊藤淳史と忽那汐里が……!?

ねこあつめ

ジャンル
放置ゲーム
メーカー
Hit-Point
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧