1. サイトTOP>
  2. 【速報】『チェインクロニクル』に続くシリーズ新タイトル『ワールドチェイン』発表!

【速報】『チェインクロニクル』に続くシリーズ新タイトル『ワールドチェイン』発表!

2016-08-08 14:26 投稿

事前登録640

【事前登録一覧はこちら】

今度の『チェイン』は学園モノ!

セガゲームスは、2016年8月8日、東京赤坂で行われたメディア向け発表会で、新作タイトル『ワールドチェイン』を配信予定であることを発表した。本作は同社の人気スマホアプリ『チェインクロニクル』に続く『チェイン』シリーズとして開発された新タイトルである。本日、事前登録も開始された。

titlelogo

【『ワールドチェイン』事前登録はこちら

イベントの冒頭、『チェイン』シリーズの総合プロデューサーである秋山隆利氏から、『チェイン』シリーズの今後の展開について語られた。2013年7月より配信した『チェンクロ』は、国内で500万、海外で750万DLの実績を残す大きなタイトルに成長し、現在もさまざまなチャレンジをしている。

▼『チェンクロ』ファンミーティングで発表された今後
カイン、フィリアナ、リリスの成長した姿に『サクラ大戦』コラボも!新情報まとめ

IMG_2075

今回の新作『ワールドチェイン』は、『チェンクロ』の中では表現しきれない『チェンクロ』のテーマである“絆の友情”を、異なる切り口で表現した作品であるという。

いままでセガが行ってきたゲームづくりの経験を活かして、“ゲーム体験そのものが楽しいコンテンツ”であること、また、“それらを共有することで楽しめるコンテンツ”であることにこだわって作品を作っていく、といった今後のゲーム開発への展望が語られた。

IMG_2076
▲『チェンクロ』シリーズが目指すゲームとは?

「ひとりでも複数でも楽しめる、“セガらしい”良質なゲーム体験をしてもらいたい」と語り、今回の新作『ワールドチェイン』も、そういう中から生まれた作品であるということが説明された。

01main

学園ジュブナイル×歴史IF

続いて、同社の人気スマホアプリ『チェインクロニクル』(以下『チェンクロ』)のシリーズ総合ディレクターである松永純氏と、『ワールドチェイン』を手掛ける殿崎悟氏が登壇し、新作スマホアプリ『ワールドチェイン』の世界観とゲームシステムの紹介があった。

▲PVはこちら!

世界観とストーリー

舞台は何者かの手によって歴史がゆがめられた世界。プレイヤーは、人の消えた学園都市で目を覚ました主人公が手にしていた、謎のスマートフォン“チェインドライバー”を使い、時間を超えて歴史を修正する“リライター”として旅に出る。

街から消えた人々はどこに? 歴史をゆがめたのは誰なのか? さまざまな時代の英雄たちとの出会いにより、少年少女たちは成長し、やがて謎が解き明かされていくという。

学園ジュブナイルと歴史IFの組み合わせによる新感覚のストーリーや、“リライター”の仲間と英雄たちすべてに用意された個別ストーリー、さらには新感覚のバトルやアドベンチャーパートなど、多彩な要素が楽しめる。

松永氏曰く、“本能寺の変”や“桶狭間の戦い”といった、おなじみの歴史が出てきて、その歴史の真実を突き止める、いわば“歴史の刻”を描くストーリーになるという。さらに、その時代の英雄である登場人物が、本作の主人公たちと関わっていく人間模様が描かれる、いままでありそうでなかった正統派RPGであるという。

IMG_2120
▲歴史のゆがみで学園都市にとじこめられたところから始まる。
IMG_2122
▲物語の主役は、学園都市に暮らす学生たち。
IMG_2123
▲主人公たちはタイムトラベルをすることになるという。
IMG_2124
▲歴史がテーマとはいえ、カッチリとしすぎないよう、ストーリーの中で、少年少女が成長していく人間ドラマにも注目したい。
IMG_2126
▲メインストーリーを進めると主人公たちが増えていく。さらに仲間同士の絆ストーリーも、メインストーリーとはべつに、個別で用意されている。
IMG_2128
▲味方になる英雄は現状130から140体いるという。英雄それぞれにストーリーが用意されている。仲間と英雄、それぞれのストーリーがチェインする!

キャラクターは美麗なグラフィックで描かれているが、戦国時代や三国史時代はセガの人気作品である『戦国大戦』シリーズや『三国志大戦』シリーズからキャラクターが登場しているという。それぞれアーケードにおいて人気のある作品だが、今回はそれをも超えるグラフィックになるということで、目でも楽める!

バトルはリアルタイムディフェンスバトル!

バトルシステムはリアルタイムのディフェンスバトルとなり、“R・A・D(リヴァイブ・アクション・ディフェンス)”という独自のシステムを用いている。

物語に登場する主人公たち“リライター”が、過去の英雄たちを召喚することを、ゲーム内では“リヴァイブする”、と呼ぶのだが、このリヴァイブによって、一定時間英雄たちがバトルで戦ってくれるという。

多くのディフェンスバトルのゲームは、技を使ったり、建物を建てるといった行動が多いが、本作は英雄たちを召喚する、ということころがいちばん大きな違いとなる。リアルタイムで戦況が移り変わる中で、リバイブするタイミングを見計らう、キャラクターを動かす、といった、アクション性もある。

また、シナリオを中心に楽しみたいユーザーにとってはうれしい、オートバトルに対応している。とはいっても、セミオートバトルに近いイメージで、オート中に、必要であればキャラクターの操作もできるようになっているので、ふだんは放置しつつも。“マズイ!”と思ったときは操作をしてあげることができる。

ここもは、同社のアーケードの開発スタッフも携わっており、アクション性と快適さのバランスが非常にいいものになっているとのことだ。

IMG_2130
▲本作独自の“R・A・D(リヴァイブ・アクション・ディフェンス)”!
IMG_2135
▲主人公たちに英雄をセットすることができる。それぞれ異なったパラメーターがあり、相性などもあるので、がんが得ながらセットしていきたい。

アドベンチャーパートでは、仲間との絆を深めることができるストーリーが展開される。無人となっている現代都市を探索しながら、仲間の意外な一面や、真実を知ることができる。リリース時点で、1キャラクターあたり20~30話あるとのことで、かなりのボリュームとなっている。

以下、リリースよりスクショを掲載するので、イメージを膨らませて、配信を楽しみに待とう!

【『ワールドチェイン』事前登録はこちら

アドベンチャーパートの画面

02chara01
03chara02
05main01
06main02
07retsuden

ホーム画面

11ad

バトル画面

 08battle01
09battle02

パーティー編成画面

10hensei

激レアキャラが手に入る事前登録も開始!

本作の配信に先駆けて、2016年8月8日、事前登録が開始された。事前登録者の人数に応じて、ガチャなどをプレイするのに必要な“Eキューブ”や、激レア SSRキャラ“立花 誾千代(たちばな ぎんちよ)”が配信開始後、全員にプレゼントされる。

gin
▲SSR 立花 誾千代

【報酬一覧】
3万人突破…Eキューブ40個(ガチャ1回分)
5万人突破…合計Eキューブ80個(ガチャ2回分)
10万人突破…合計Eキューブ120個(ガチャ3回分)
15万人突破…激レア SSRキャラ“立花 誾千代”+合計Eキューブ120個(ガチャ3回分)
20万人突破…激レア SSRキャラ“立花 誾千代”+合計Eキューブ200個(ガチャ5回分)

【『ワールドチェイン』事前登録はこちら

事前登録640

【事前登録一覧はこちら】

配信日は今秋とのことなので、今後の情報に期待したい!

ワールドチェイン

ジャンル
チェインシナリオRPG
メーカー
セガゲームス
公式サイト
http://worldchain.sega-net.com/
配信日
Android 2016年秋/iOS 2016年秋
価格
基本無料(アイテム課金)

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧