1. サイトTOP>
  2. 【個人開発ゲームを斬る】中毒者続出! タップが止まらぬドット絵RPG『ひまつぶフロンティア』

【個人開発ゲームを斬る】中毒者続出! タップが止まらぬドット絵RPG『ひまつぶフロンティア』

2016-02-02 14:29 投稿

◆2015年の“個人開発”を振り返る
※ベストアプリランキング(前編)
※ベストアプリランキング(後編)

人気シリーズ3作目

「なんとなく暇だったから、つい……」
「すぐやめられると思ったから……」

そんな人たちの時間をドンドン奪っていく、やり始めると止まらない、人気ドット絵RPG『ひまつぶ』シリーズの最新作がリリースされてしまいました。

▼シリーズ作品の紹介も
※『ひまつぶクエスト+』レベルアップがヤメられない止まらないドット絵RPG
※『ひまつぶダンジョン』ハマりすぎて暇つぶしにならないRPG

こんな中毒性の高いアプリを紹介して、ファミ通Appに苦情の声がたくさん届いたらどうしようかと悩んだんですが、少しでも多くの皆様に“名作シリーズ”を知ってほしいので、紹介させていただきます。

image1_1▲とにかく右へimage1_2▲操作は左か右へ進むだけ


軽いノリで魔王討伐へ

あなたは、暇を持て余した村人。王様からお手紙が届きました。

「装いも新たに魔王が復活したよ」
「暇つぶしに退治しませんか?」
「ずっと右へ進めばいずれ会えますよ^_^」

そんな軽いノリで、魔王討伐の旅へ。

画面の右側をタップすれば、一歩前進
画面の左側をタップすれば、一歩後退

というか来た道を戻る。覚える操作はこれだけ。

右へ右へと進んでいくと

image2_1▲モンスターとのバトルimage2_2▲連打すると素早く攻撃

右へ右へと進んでいくと、かわいいモンスターたちが、並んであなたを待っています。

そのまま気にせず、右へ右へ。

モンスターとぶつかると、オートバトル。殴ったり殴られたりしながら、モンスターを倒しレベルアップ。

レベルは、“キャラクターレベル”と、“ジョブレベル”の2種類。キャラクターレベルは、主人公の基本能力値。全体的に上がりますが、後述する“職業”によって、伸びる割合が変わります。

いろいろな職業へ転職

image3_1▲オススメは僧侶image3_2▲回復アビリティは必須!?

今作では、いろいろな職業へ気軽に転職することが可能。どこかの名作RPGのように、“レベル20以上必要”など、そんな縛りは一切なし。

開始3分ほどで、転職できちゃう神殿が出てきて、サクッとジョブチェンジ。

職業毎に“ジョブレベル”が設定されており、このレベルが上がると、その職業固有の“アビリティ”がパワーアップ。

たとえば、“僧侶”。こちらのジョブレベルを上げていくと、“自然回復能力”がアップ。プレイ中に自動で体力を回復してくれるこの能力は、ほぼ必須なような気がするので、とりあえず僧侶のジョブレベルを上げておいたほうが吉。

ちなみに初期職業“村人”が即覚える“休憩回復”で、アプリを閉じているあいだ、体力を回復させることも可能。

モンスターがペットに

image4_1▲なんかついてきたimage4_2▲ペットにも細かく能力値

好きな職業を選んで、右へ右へ進んでいくと、いつの間にやら、主人公の後ろからモンスターがついてきます。しかも、いっしょに戦ってくれます。

どうやら、主人公のことが気に入って“ペット”になったようです。

倒したモンスターがペットになるかは運次第。

壁が

image5_1▲最初の壁image5_2▲戦士でリベンジ

サクサクとレベルが上がるので、ドンドン右へ右へと進んでいくと、いずれ大きな壁がおとずれます。

私の場合は、この羽が生えた黄色いモンスター。

体力自然回復値より、大きめのダメージを受けてしまうので、そのままでは死んでしまいます。

そんな時には、ジョブチェンジ。“戦士”に転職し、ハンマー抱えて、やられるまえにボッコボコ。

ちなみに、武器毎にも“熟練レベル”が設定されており、モンスターを倒した時にランダムでゲットできるアイテムで、アップできる模様。基礎能力の“運”が高かったり、職業“盗賊”ならゲットしやすいかもしれません。

ボス登場

image6_1▲かわいらしいボスimage6_2▲やはり勝てん

さらに右へ右へ進むと、ボス登場。

さすがに硬くて強い。

ちまちまとダメージを与えて、ボスから離れ、体力を自然回復し、満タン回復したら、再びちまちま攻撃。なんてことをしてればいずれ倒せるんでしょうけど、面倒なんで、ここは左に戻って雑魚モンスターを倒しながら、基本能力をアップ。

image7_1▲職業“アイドル”image7_2▲職業“巫女”

レベルを上げてボスを倒し、さらに右へ。

どんどん敵が強くなっていくので、辛くなってきたら、“帰宅”ではじめのポイントまで戻るのも作戦のひとつ。一度倒したボスも復活するので、経験値稼ぎにはいいかもしれません。

気がつけば、まんまとハマっていたので、ここでプレイを中断し、開発された“moitititi”さんにいろいろ聞いてみました。

Q1.シリーズ3作品目。今作を作ろうと思ったきっかけは?

収益が落ちてきたので過去のヒット作にすがりました(`・ω・´)

Q2.わかりやすい理由ですね! シリーズを重ねるごとに、1つあたりの制作期間は短くなりますか? 長くなりますか?

だんだんとやれること、やりたいことが増えてきて制作期間は長くなってきています。
1作目『ひまつぶクエスト+』:1.5ヵ月
2作目『ひまつぶダンジョン』:2ヵ月
3作目『ひまつぶフロンティア』:2.5ヵ月

Q3.前作『ひまつぶダンジョン』と比べて、また原点に戻ったような印象を受けますが、何か狙いがありますか?

『ひまつぶダンジョン』は、“お手軽なんちゃってローグライク”として、結構自信があったんですがダメでした。
『ひまつぶクエスト+』を気に入って下さったユーザーさんにはあまりハマらなかったみたいで……
とくに多かった意見が「操作が面倒になった」ということだったので、今作はとにかく手軽さを重視しております。
“簡単操作のレベル上げ作業で暇を潰す”原点回帰ですね。

image8_1▲初代“+”image8_2▲2代目“ダンジョン”

Q4.なるほど、難しい! では、今作の反響はいかがでしょうか?

とてもいいです!
ステ振りの自由度が減ったことが受け入れられるか不安でしたが大丈夫なようでホッとしています。
ただ、『ひまつぶクエスト+』のようにダウンロード数が伸びず、「ひまつぶシリーズ飽きられてきてるな」と痛感しています(笑)

Q5.まだまだいけるはず! これまでと比べて「ここがパワーアップした!」「ここをみてほしい!」という点は?

・ジョブシステム(ジョブはver1.0.9では全39種)
道中の神殿に入るとジョブチェンジが可能で、ジョブ毎にレベルアップ時の成長率が異なります。
さらに各ジョブは一定レベルに上がった時、「物理攻撃力アップ」や「自然回復」といったアビリティを習得します。
前作のように手動でステ振りを行ったり、装備をガチャガチャ組み合わせて発動スキルを探す手間がなくなったので、ひたすらレベル上げに集中できます。

・7種の武器
操作方法の異なる武器を自由に切替ながら冒険することが可能で、ジョブ毎に武器の見た目も変化します。
また、魔物がドロップする武器パーツを取得することで各武器使用時の攻撃力がアップします。

 剣:連撃が可能な標準武器
 短剣:攻撃の出が速く連撃が可能だが、連撃の威力は剣に劣る
 槌:連打で力を溜めてから放つ一撃は強力で、クリティカル率も高い
 槍:溜めてから攻撃を行うためテンポは悪くなるが、攻撃力が高く、各上の魔物に有効
 弓:タップタイミングが威力に影響し、空中の魔物にはボーナスダメージが加わる
 杖:詠唱時間は長いが、属性付きの強力な魔法攻撃を行う
 ダイス:出目によってダメージが変化するギャンブル武器

・魔物増量
0.2km(2画面)進む毎に新しい魔物が出現するのでちょっとワクワクしながら遊んでいただけると思います。
さらに各魔物に適当なコメントを付けた魔物図鑑もありますので、これを読んでいるだけでも時間が潰れるのではないでしょうか。

Q6.このボリュームが愛される理由ですね! 開発者さんがこっそり教える攻略法や、こうすれば序盤楽というのがあれば!

最初から使用可能なジョブは以下の通りです。
序盤は偏った育成をせず、色々なジョブをちょっとずつ成長させるのがいいかもしれません。

 村人:ゲームを閉じている間のHP回復速度を上げたい人向け
 勇者:各ステを平均的に成長させたい人向け
 盗賊:早く全武器を使えるようになりたい人向け
 戦士:とにかく力でゴリ押ししたい人向け
 狩人:弓を使ってタイミングゲーがやりたい人向け
 忍者:鬼のように連打して無傷で勝利したい人向け
 :死なずにじわじわ進んで行きたい人向け
 魔導士:いきなりこのジョブはオススメできない
 僧侶:常にじわじわHPを回復したい人向け
 遊び人:たまにしかこのゲームで遊ばない人向け
 女子高生魔王:剣を装備してオートランさせたい人向け
 巫女:レベルアップ時にたくさんHPを回復したい人向け

Q7.ご丁寧にありがとうございます! さらに甘えて極秘資料なんていただけませんか!?

今後追加予定のジョブの絵です。
ボツになるものもあるかもしれません。

image9▲なんの職業かはお楽しみに!

Q8.最後に何かひと言、よろしくお願いします!

メニューからタイトルに戻るとゲーム画面の配色を変更することができます。
カッコイイ配色にして自慢のツイートをしてみてください。

シリーズ3作品目となると、やはりどこか“飽き”がくると思うのですが、今作もがっつりハマってしまいました。

シリーズ未体験の方もぜひ、この不思議な魅力の虜になってみてください!

▼シリーズ作品の紹介も
※『ひまつぶクエスト+』レベルアップがヤメられない止まらないドット絵RPG
※『ひまつぶダンジョン』ハマりすぎて暇つぶしにならないRPG

◆2015年の“個人開発”を振り返る
※ベストアプリランキング(前編)
※ベストアプリランキング(後編)

■あぷまがどっとねっと
(あぷまが)

「すべてのアプリにチャンスを!」との思いから、藤田武男氏が個人開発者が開発したアプリを中心に紹介している情報サイト。ほかでは見つからない“お宝アプリ”が“あぷまが”なら見つかるかも! ちなみにイラストは、あぷまがのマスコットキャラ、アイロニー。


※あぷまがへのアクセスはこちらから

ひまつぶフロンティア

メーカー
moitititi
配信日
配信中
価格
無料
対応機種
iPhone、iPod touch、iPad、iOS 6.0 以上 Android 2.3.3 以上

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧