1. サイトTOP>
  2. 【注目】RPGの歴史をたどり進化する『Evoland』の斬新すぎる発想に脱帽!

【注目】RPGの歴史をたどり進化する『Evoland』の斬新すぎる発想に脱帽!

2015-03-09 11:00 投稿

始まりはドット絵のモノクロ世界

Shiro Gamesが手がける『Evoland』とは、昔懐かしのモノクロの2Dドット絵から、ポリゴンを使った3Dグラフィックへ、物語を進めていくことで進化していく新感覚のアクションRPG。

例えるなら初代ゲームボーイから順に、時代を駆け抜けた各コンシューマ機のアクションRPGを、1個のタイトルに詰め込んだ風変わりな作品ってところだろうか。

えぇ、いまいち伝わってないと思うけど、まさに文字通りの意味なのだから悩ましい。

“百聞は一見にしかず”

もうね、これです。

細かい前フリはなしにして、まずはこの動画を見てほしい!

【Evoland:モノクロ2D編】
無言でプレイしてますが、「すげぇ!」とか、「ゼ◯ダっぽいけど大丈夫か!?」なんて大騒ぎ!!


[関連記事]
※【新作】モノクロから3Dへ!進化するRPG『Evoland(エボランド)』が斬新すぎる

evo-01
evo-02

右、左の順に一方通行のルートを進んで“左右のキー”を入手。
その後、モンスター、2Dアクションなど、先々に用意されている宝箱を開けることで、ゲーム自体が進化していくのが本作最大の特徴なのだ!

【進化の瞬間図鑑】
① 16色カラーの世界

evo-03

【進化の瞬間図鑑】
② 256色カラーの世界

evo-04

か弱いあいつも超進化

薄々気づいていた方も多いと思いますが、主人公の彼、ライフゲージがないのです。

つ・ま・り

evo-05

しかし、そんな時代もすぐに過去のものとなる。

【進化の瞬間図鑑】
③ 新たなバトル制の導入

evo-06
evo-07

運命の出会い、そして3Dへ

物語を進めていくと“カエリス”というヒロインと出会い、名前を聞かれることで主人公にも名前を与えることが可能となる。

その後、ダンジョンでボスを撃破、クリスタルのある最深部へ。

evo-08

【進化の瞬間図鑑】
④ 即死じゃない幸せ

evo-09

さぁ、ここからが本番だ。

ついに手に入れた3Dモデリングの世界。
カエリスとともに訪れたダンジョンには、それはもう、いろいろなギミックがプレイヤーを待ち受けていたのだ!

【Evoland:3Dダンジョン探索編】

evo-10

もちろん、最深部にはボスだっています。
ここからは、3Dダンジョンのボス戦と、そのさきで待っていた新たな展開までいっきにどうぞ!!

【Evoland:3Dダンジョンボス+α編】
【ボス攻略法】
壁際に立ってボスの突進攻撃を誘い、壁にぶつかって動けなくなっているところに攻撃。また、ライフが減ったときは、周囲のコウモリを倒してライフのカケラを集めよう!!

訳ありな街で新たな出会いも!

今回はゲーム冒頭から、3Dモデリングの世界を手に入れるまでをお届けしました。

静まり返った街に到着したふたりは、ここで新たな装備を手に入れ、“とある技師”と出会う。
物語が大きく動き出すのは、まさにここから!

プレイを進めるごとに変化するゲーム性と、懐かしさを感じる世界感だけでもプレイする価値は十分にある。
興味のあるかたはぜひ挑戦してもらいたい!!

【追記】
後日わかったことですが、タイトル画面のオプションで“日本語化”できました!

evo-11

P.N.深津庵

[関連記事]
※【新作】モノクロから3Dへ!進化するRPG『Evoland(エボランド)』が斬新すぎる

Evoland(エボランド)

ジャンル
RPG
メーカー
Shiro Games
配信日
配信中
価格
App Store: 500円[税込] / Google Play: 639円[税込]
対応機種
iOS 5.1.1 以降。iPhone、iPad および iPod touch 対応。 この App は iPhone 5、iPhone 6 および iPhone 6 Plus に最適化されています。Anroid 2.2 以上

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧